おりはら政信Blog

山形市議会議員「おりはら政信」が毎日更新しております!
平昌オリンピックでのメダルを期待!

 平昌オリンピックでの日本選手のメダル獲得の報道はまだされていません。今日は、10時からスノーボード女子スロープスタイル決勝が行われる他、フィギアスケート団体戦の決勝が行われます。そして、21時30分から金メダルが期待されるスピードスケート女子1500mに小平奈緒、高木美帆選手ら3選手が、21時50分からはスキージャンプ女子ノーマルヒル個人に高梨沙羅・伊藤有希選手ら4選手が出場します。

 日本時間と韓国時間との時間差は殆どないとのことで、なんでこの時間帯に競技を行わなければ理解できません。特に、スキージャンプなどは屋外の競技です。男子スキージャンプの時は強風のため何回も中断されました。テレビ解説者で番組に出ていた長野オリンピックで大活躍された船木選手は、こうした最悪のコンデションの中で実力を発揮できるのは何回も色々な大会や様々な環境を経験してきたものが勝つと言われています。そして、高梨選手はこの平昌のスキージャンプ台が合っているとも話されていました。3連休の最後の日、様々な競技の中で日本人選手の活躍を期待したいと思います。

 また、昨日は山形関係者としてスピードスケート 男子5000mで一戸 誠太郎選手(山形中央高)で自己タイムを更新する滑りで第9位になりました。ガンバレ日本!

| おりはら日記 | 06:30 |
ベニちゃんバス東くるりん・西くるりんの経路変更について!

 大雪により、ベニちゃんバス東くるりんの経路の一部が、対向車両とのすれ違いや歩行者を追い越す際の安全性の観点から、バスの運行上大変危険な状況となっています。そのため、1月26日から迂回運行を行っていましたが2月10日(土)から東部公民館前は通常運行に戻りました。

 また、確定申告による山形テルサ周辺の道路混雑が予想されるため、次の期間西くるりん(上町先回りコース)は、山形駅前から山形テルサ前にかけて、迂回運行を行うことになっています。期間は2月16日(金)から3月15日(木)で、経路を山形駅から山形テルサ前へ行くのを城南陸橋を通らずに山形駅南アンダーを経由することになります。ご理解とご協力を宜しくお願いします。

| おりはら日記 | 05:45 |
平昌五輪が開幕!

 昨日、第23回冬季五輪が、韓国北部のリゾート地・平昌で開幕しました。図らずも、朝鮮半島の緊張が高まる中での「平和の祭典」となりましたが、主役はあくまでも選手であり、その健闘と大会の成功を祈りたいと思います。
 17日間にわたり7競技102種目が行われ、冬季五輪としては史上最多となる92カ国・地域から2925選手が出場します。開会式でも各国堂々の入場行進でした。日本選手団も葛西選手を旗手としながら開会式を楽しむ姿を目にしました。また、国際オリンピック委員会(IOC)から特例で参加を認められた北朝鮮は韓国との合同入場も見られました。
 世界のトップアスリートが真剣に競い合う姿は、国籍や人種の違いを超えて多くの人に感動をもたらすと同時に、平和の尊さを改めて実感させるに違いありません。まして世界は今、「差別」や「分断」をどう乗り越えるかが共通の課題になっています。五輪憲章に明記された「人類の調和のとれた発展にスポーツを役立てる」との一節をかみしめ素晴らしい祭典となることを願っています。
 日本選手団は選手124人、役員145人の269人で構成され、いずれも冬季五輪としては過去最多の陣容であるとのこと。日本オリンピック委員会(JOC)は、複数の金メダルを含め9個以上のメダル獲得を目標に掲げています。スピードスケートやフィギュアスケートなど有望種目は多く、選手の活躍が待ち遠しく思います。また、選手の皆さんには鍛錬の成果を、存分に発揮して欲しいと思います。

 今日は、スピードスケート女子3000mやスキージャンプ 男子ノーマルヒル個人・決勝が行われます。日本人選手の活躍とメダル獲得を期待したいと思います。ガンバレ日本!

| おりはら日記 | 18:30 |
オールタイム・ベストアルバム「Finally」

 

 安室奈美恵さんのオールタイム・ベストアルバム「Finally」を漸く買い求めました。ミュージックビデオ付きです。

 当然、これまでお世話になっていた山口百恵ちゃんのCDは別の場所に移動していただきました。

 これから長距離などの時は、安室奈美恵ちゃんのCDを聞きながら移動します。最初の頃は聞き慣れている曲ですが、20年以上たったころの曲はわかりません。じっくりと聞いて行きたいと思います。

 いいね。車に乗る楽しみが増えました。全曲に映像が入っていると高額になるかもしれませんが好きな人は買い求めると思います。ミュージックビデオ付き良いです。

| おりはら日記 | 16:00 |
蔵王山の呼称を「さん」「ざん」併記で合意!

 

 これまで山形市議会でも議論されてきた蔵王山の呼び方について、蔵王連峰を取り巻く山形県・宮城県の6市町の首長が8日(木)山形グランドホテルに一堂に会して「蔵王サミット」を開催しました。

 そして、各首長が蔵王山の呼称を「ざおうさん」と「ざおうざん」で併記することで合意し確認書にサインを行いました。参加した各首長は、佐藤孝弘山形市長、横戸長兵衛上山市長、山田裕一白石市長、村上英人蔵王町町長、小山修作川崎町町長、小関幸一七ケ宿町町長の6首長です。

 今後、6市町は「ざおうざん」として登録されている呼称を「ざおうさん」も含めて併記するよう各自治体が2月28日までに国土地理院に申請することになります。そして地理院は、確認後「地名集日本」や「デジタル地図」で順次、修正を図っていくとしています。

 なお、全国にある蔵王山では、新潟県村上市が「ざおうやま」、愛知県田原市は「ざおうさん」、広島県福山市は「ざおうざん」となっているとのことです。

 今回の蔵王山の呼称を「ざおうさん」と「ざおうざん」と併記することになったのは、佐藤孝弘市長の執念の賜物であったと思います。今後は、6市町がさらに連携を密にしながら世界に「ざおうさん」と「ざおうざん」を発信して行って欲しいと思います。

| おりはら日記 | 08:30 |
小中学校の業務を補助する外部人材を導入することについて!

 山形市は長時間勤務が深刻な教員の負担軽減策として、来年度から小中学校の業務を補助する外部人材を導入する方針を固めた。大会への引率が可能な「部活動指導員」と、校内事務作業を補助する「スクールサポートスタッフ」を配置。2019年度以降、段階的に人数を増やすなどし支援体制の充実を図る。
 市が7日、市役所で開かれた市総合教育会議(座長・佐藤孝弘市長)で明らかにした。市学校教育課によると、部活動指導員は技術的な指導に加え、教員に代わり大会への引率も可能となる。1日2時間、週3日の勤務を想定し年間上限を210時間に設定。国と県、市が事業費を3分の1ずつ負担する。スクールサポートスタッフは教職員に代わり、授業の合間や放課後に配布物の印刷や仕分けなどの業務を行う。19学級以上の小中計10校に1人ずつ配置する計画で、国と県の補助で事業費を賄う。
 委員からは「課題となるのは人材確保。部活動に現役世代の外部人材を入れるには企業などへの働き掛けも必要ではないか」「子どもにより多くの人手を掛けることができ、人間力向上にもつながる」といった意見が出された。
 市は他に、地域に開かれ、支えられる学校の実現を目指す「コミュニティ・スクール」を、来年度からモデル校を指定し試験導入する方針を示した。  山形新聞 2月8日付けを別掲

   大変に良い制度だと思いますが、部活動指導員については、委員から意見が出されたように人材確保の問題、そして勤務形態として1日2時間、週3日の勤務を想定し年間上限を210時間と言うものにするとのことだが、それ以上の指導がなされた場合にはどうなるのか。また、教員に代わって大会に引率するとのことだが、大会となれば半日は拘束されることになります。これらは結局、指導員のボランティアに頼ってしまうことになってしまうのか、また、保護者に負担がかかることにはなりはしないのか。もっと細部まで詰めていかなければと思います。

| おりはら日記 | 05:10 |
中核市移行実施方針を策定!

 2019年4月に中核市への移行を目指す山形市は、制度や効果、組織体制などを整理した「中核市移行実施方針」を策定しました。準備は最終段階に入り、方針を基にした「中核市指定の申出」に関する議案を3月議会に提出し、議決を求めることになります。
 方針などによると、市保健センターと健康課に、保健所機能を新たに加えた「市保健所(仮称)」を霞城セントラル内に構えるのが最大の特徴で、健康医療先進都市を推進することを支柱とします。関連業務の一元化を図るほか、住民サービスの向上、動物愛護や景観形成など各種政策も探究します。
 組織は「健康医療部(仮称)」を新設し、保健所(総務、健康増進、母子保健、生活衛生の各課)と食肉衛生検査所を所管します。廃棄物指導課など今後必要とされる組織再編は今後も検討していきます。現在、円滑な移行のため、県への研修派遣で人材育成を進めています。特に全国的な課題となっている獣医師不足については、新規採用などを含めて現時点で6人を確保しました。今後も県などと連携、調整しながら増員に努めるとこととしています。
 移行に伴う19年度の財政支出は約10億円を見込み、国の交付税措置などの増額で賄われます。1月31日に国のヒアリングを終え、5日付けで実施方針を策定し、6日に市議会・中核市移行検討特別委員会に報告しました。3月議会での議決後、県の同意、国への申し出を行うことになります。そして、10月の閣議決定を経た後、関連条例を制定し、平成31年4月1日からの移行を迎えることになります。

| おりはら日記 | 11:00 |
おりはら政信公式サイトへ
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
+ プロフィール
  • 昭和29年11月24日生まれ
  • 山形商業高校卒業
  • 専修大学Ⅱ部商学部4年中退
  • 東京都世田谷区役所・山形市役所
【現在】
  • 市議会議員(4期目)
  • 環境建設委員会委員
  • 議会運営委員会委員
  • 議会史編さん委員会委員
  • 公明党山形県本部副代表
+ 最近記事
+ カテゴリー別アーカイブ
+ アーカイブ
+ 携帯
qrcode
携帯からも閲覧できます。
このページの先頭へ