おりはら政信Blog

山形市議会議員「おりはら政信」が毎日更新しております!
総務大臣へ山形市の中核市指定を求める申出!

 8月7日佐藤孝弘山形市長は、野田総務大臣に「中核市指定を求める申出」を行いました。以下、山形市公式ホームページを別掲します。

 山形市が中核市へ移行するためには、地方自治法に基づき、総務大臣への申出を行い、政令で指定を受ける必要があります。その際、あらかじめ市議会の議決を経て、県知事の同意を得なければならず、その同意には県議会の議決を経なければならないとされています。

 山形市では、3月19日に市議会の「中核市指定の申出」に係る議決を得て、同月29日に県知事への「同意の申入れ」を行い、県議会の議決を経て、7月9日に県知事の同意をいただきました。

 これを受けて、8月7日に佐藤市長が総務省を訪問し、山形市と同じく平成31年4月1日の中核市移行を目指している甲府市長(山梨県)及び寝屋川市長(大阪府)とともに、野田聖子総務大臣に「中核市指定を求める申し出」を行いました。今後は、秋頃(10月から11月)の閣議決定を経て政令が交付され、山形市の中核市移行が正式に決定することとなります。 

 また、12月定例議会では中核市移行関連条例議案の提出が行われ議会の議決を求めることになりますが、余りにも新規設定する条例や一部改正の条例が多いため、各会派ごとに12月定例議会を前に勉強会が行われることになっています。

| おりはら日記 | 18:00 |
8月5日花笠まつりを振り返る!

 8月5日のブログは、花笠祭りで踊る前までの写真でしたが、山形市議会事務局より花笠祭りで踊っている写真を頂きましたので改めて掲載したいと思います。山形市議会の前の山車には、清野山形県花笠協議会会長兼山形商工会議所会頭、佐藤孝弘山形市長、渡辺元山形市議会議長、ミス花笠の皆さんが乗り込んでいます。山車提供社は山形パナソニックです。

 山形パナソニック山車の後に、私たち山形市議会が続きます。大変重いプラカードを持つのは斎藤武弘前副議長です。

 今回の私の位置取りは、議員最後尾の真ん中にさせて頂きました。

 昨年から採用された正調花笠踊りスピードアップバージョンについては、最初は揃いませんでしたが徐々に思いだし踊り切ることができました。

 平成15年に市議会議員に初当選させて頂いてから今年で16回目の花笠まつりでの踊り手となっていますが、年々歳を取っているのが分かります。

 滴る汗、汗。でも今年は何時もよりは蒸し暑くも無く踊り切りました。

 山形市役所前には、大太鼓が4台並んで、二人の呼吸もピッタリとそして威勢よく花笠音頭に合わせて太鼓が叩かれていました。

 このアーチを潜れば花笠まつりパレードの終了です。今年も昨年に引き続いて私の帯がずれ落ちてくると言うハプニングありましたが、議会事務局長から引き揚げてもらい何と踊り切ることができました。

| おりはら日記 | 14:30 |
働き方改革関連法を分かりやすく解説!

 

 公明党宣伝局長の岡本三成衆議院議員(北関東ブロック選出)と青年党員とで働き方改革関連法を分かりやすく解説しています。3つのポイントとして、同一労働・同一賃金、長時間労働の是正、高度プロフェッショナル制度の導入について説明しています。下記の部分をクリックしてご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?v=dCpAmkN6QZ4

| おりはら日記 | 10:30 |
【主張】原爆の日 <非核>人間が人間であるために!

 1945年8月6日、人類史上初の原子爆弾が広島に投下された。一瞬のうちに約14万人が亡くなり、街は焦土と化した。3日後には長崎でも7万人以上が犠牲となった。
 あれから73年。私たち人類は今も、この残虐で非人道的な兵器を手放せないでいる。世界を何度も滅ぼせる1万4900発の核弾頭に囲まれた「核の時代」を生きている。
 何と愚かなことか。時代小説の大家、故・山田風太郎氏がまだ東京の一医学生に過ぎなかった45年当時、日記に刻んだ一文が思い返される。
<地球も、人類の脳味噌も、滑稽で、恐ろしい>
 後年、『戦中派不戦日記』との題名で世に出るこの日記で、山田青年は「核の時代」の行く末についても言及している。<科学が人間の手を離れて暴れ出した。人類が自ら発明した科学を制御出来るのはいつまでであろう>と。この指摘を単なる杞憂と一笑するわけにはいかない。
 実際、米専門科学誌「ブレティン」は昨年、2年に1度発表する「終末時計」の針を前回の「3分前」から一気に30秒も進め、「2分半前」とした。米ソ両国が核開発にしのぎを削っていた54年以来の「危険水域」である。
 背景にあるのは、国際安全保障情勢の動揺だ。世界の核兵器の9割を占める米ロ両国関係の悪化、現実味増す核テロリズムの脅威、そして北朝鮮の核開発の進展……。要因を挙げれば切りがない。
 さらに厄介なのは、核の存在を必要悪として認める冷戦期生まれの核抑止論の呪縛だ。昨年、この考え方自体を否定する核兵器禁止条約が国連で採択されたが、米国など核保有国と日韓など「核の傘」依存国は参加しなかった。
 呪縛を解く道はただ一つ、人間を置き去りにする科学の暴走を阻む「人道性に基づく平和哲学」の確立しかあるまい。核廃絶の理想と核抑止の有効性を認めざるを得ない悩ましい現実とを埋める思想戦と言い換えてもいいだろう。
<あなたがたの人間性を心に止め、そしてその他のことを忘れよ>
 きょう、73回目の「広島原爆の日」。哲学者ラッセルと物理学者アインシュタインが63年前に発したこの宣言の重みを改めて噛みしめたい。 公明新聞 8月6日付け 別掲

| おりはら日記 | 23:45 |
花笠まつり!

 花笠まつりに出るために集合場所にきましたが、なんと暑さ対策なのか市民会館に通されました。このような配慮がされるようになったのは佐藤市長の思いからなのかなあと感激しました。そんな中、毎年、板橋区山形県人会で踊っていらっしゃる東京都議会議員(板橋区)の橘正剛議員(都議会公明党 政調会長)と一緒になりました。

 私たちの出番は、先頭集団(花笠舞踏団、山形新聞グループ、大王製紙、富士通株式会社)の後で、第一集団のトップグループとして26人で踊りました。

 出発地点に移動中に愛の武将隊の皆さんと記念撮影させて頂きました。

 約50分踊って終了しました。私たちの後で踊っている山形市役所の皆さんが、はながさベニちゃんを先頭に最後の踊りをしています。今日の花笠まつりパレードは59団体4847人が踊ることになっています。残り二日間素晴らしい花笠まつりになることを心からご祈念申し上げます。パレード中の踊りについては議会事務局から写真を頂いて貼り付けします。

| おりはら日記 | 23:30 |
4町内会の夏祭り!

 4町内会の交流会・夏祭り・盆踊りに出席させて頂きました。2枚づつの写真で振り返ってみたいと思います。

 5年振りに復活した南館西町内会の夏季交流会。フラダンス魅了させて頂きました。

 交流会はコミュニティセンターでの開催で、雨や暑さの心配がなくて本当に快適でした。

 沼木パークタウン夏祭りでは、子ども達が大黒舞を踊ってくれました。

 金澤県議、高橋県議とともに美味しく頂きました。

 3カ所目は沼木第二パークタウンにお邪魔しました。遠藤利明衆議院議員も駆け付けて頂きました。

 まだまだ暑い夜は続きます。ビンゴゲームで盛り上がりました。

 地元沼木新町町内会は、花笠踊りや盆踊りを子ども達の太鼓で踊ります。

 金澤県議、田中市議、そして私地元の折原から挨拶をさせて頂きました。暑い夏の一時、素晴らしい思い出を作らせて頂きました。どの会場も、町内会長をはじめ役員の皆様、朝早くから準備を進めていただき大変にありがとうございました。明日から3日間花笠祭りです。山形市議会も初日の明日、第一集団で踊らせて頂きます。どうぞ見かけましたらお声掛け宜しくお願いします。

| おりはら日記 | 23:23 |
会派視察報告をアップ!

 7月30日から8月1日の2泊3日で公明党山形市議団で行ってきた視察報告をアップしました。日にちを遡ってご覧頂ければ幸いです。これから4町内会で行われている夏祭りやビアパーティの案内があり行って来ます。

| おりはら日記 | 15:00 |
おりはら政信公式サイトへ
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
+ プロフィール
  • 昭和29年11月24日生まれ
  • 山形商業高校卒業
  • 専修大学Ⅱ部商学部4年中退
  • 東京都世田谷区役所・山形市役所
【現在】
  • 市議会議員(4期目)
  • 環境建設委員会委員
  • 議会運営委員会委員
  • 議会史編さん委員会委員
  • 公明党山形県本部副代表
+ 最近記事
+ カテゴリー別アーカイブ
+ アーカイブ
+ 携帯
qrcode
携帯からも閲覧できます。
このページの先頭へ