おりはら政信Blog

山形市議会議員「おりはら政信」が毎日更新しております!
議会報告会(滝山コミュニティセンター)

 今年の議会報告会が4か所に分かれて開催されました。私は3班に所属し滝山コミュニティセンターで会場を準備して地区住民の方々を待ちました。私たちの班は伊藤美代子産文委員長を委員長にして、副委員長には渋江朋博議員(厚生副委員長)、鈴木善太郎議員(総務)、遠藤吉久副議長(総務)、阿曽隆議員(厚生)、丸子善弘(産文)、長谷川幸司議員(環境建設)、折原政信議員(環境建設)の8名からの構成になります。

 今回の私の役割は受付ということで、長谷川議員と一緒に受付をさせて頂きました。環境建設関係の報告については、今日が長谷川議員、13日の高瀬コミュニティセンターで私が説明することに役割分担させて頂きました。

 議会報告会は、開会の挨拶、代表挨拶、参加議員自己紹介、座長指名、議会報告・質疑応答の順で進められ、最後に意見交換を行いました。質疑では市債の減額について、滝山コミュニティセンターの改築及びトイレの洋式化、暖房装置の補修、エレベーターの設置、机やイスの軽量化などがあげられました。また、学童保育で働いている方の労働条件が厳しい。集会所の耐震化への補助、空き家対策について、鳥獣対策について意見要望が出されました。11名という参加者の皆さんでしたが内容の濃い議会報告会になったと思います。

| 議会報告 | 21:00 |
全小学校にエアコンを設置!

 市議会9月定例会最終日の本日、市内の全小学校にエアコンを設置するための実施設計委託料9417万円を新たに一般会計補正予算に追加提案され、佐藤市長より提案理由の説明があり予算委員会、総務、産業文教分科会に付託されました。
 山形市の本年度当初のエアコンの設置率は小中学校の普通教室、特別教室を合わせて13・4%で、山形新聞の集計による県全体の平均37・3%を下回っています。小学校36校に限ると5・2%にとどまります。これは山形市が中学校からエアコン設置を進めていたことも大きな遅れの要因ともなっています。
 今夏の記録的な猛暑を受け、文部科学省は来年夏までに未整備の公立小中学校へのエアコン設置拡大を目指すとしています。山形市は、改築に合わせて整備する千歳小、中学校併設2校を除く33校を対象に、10月中旬から来年2月上旬に実施設計を行う考えを示しています。そして来年7月には全小学校へのエアコン設置を完了したいとしています。

 本会議は本来午後5時までに終了することになっていますが、議長より本日中に審議を終える旨の発言があり、それを了承し午後5時45分頃までかかり、2017年度各会計決算の認定など9議案と補正予算を原案通り可決しました。また、請願3件はいずれも継続審査としました。

| 議会報告 | 23:55 |
エネルギー回収施設(川口)本稼働に係る変更点等について!

 環境建設常任委員会が開催され、上山市川口に建設中のエネルギー回収施設の本稼働に係る変更点について、ごみ減量推進課長から説明がありました。

1.本稼働に係る変更

ごみの種類 11月18日までの搬入先 11月19日からの搬入先    備   考
もやせるごみ 半郷清掃工場 エネルギー回収施設(川口)

・山形市の委託収集分の約半量、上山市の委託収集分の全量

・直接搬入分

プラスチック 立谷川リサイクルセンター エネルギー回収施設(川口)

・山形市の委託収集分の約半量、上山市の委託収集分の全量

 

2.本稼働後の変更点

(1)搬入施設の変更(施設に直接ごみを搬入する場合)

区分 11月30日までの搬入先 12月1日からの搬入先
プラスチック 立谷川リサイクルセンター

エネルギー回収施設(立谷川)

エネルギー回収施設

(川口)

可燃性粗大ごみ
犬、猫、その他小動物の死体 エネルギー回収施設(立谷川)

(2)廃棄物処理手数料(施設に直接ごみを搬入する場合)

   区   分 11月30日までの手数利用 12月1日からの手数料
焼却ごみ、不燃ごみ、粗大ごみ 20圓泙任瓦硲横娃葦 10圓泙任瓦硲隠苅葦
犬、猫、その他小動物の死体の焼却処理 1体につき2000円 1体につき3000円

3.ごみの受入時間

  施  設 12月1日からの受入時間
エネルギー回収施設(川口) 

月〜金曜日/9:00〜16:00

土曜日  /9:00〜12:00

*エネルギー回収施設(立谷川)、

立谷川リサイクルセンターも同じ

なお、上記の通り12月1日からは昼時間も搬入の受入を実施しますが、現在の半郷清掃工場は、月〜金曜日の12:00〜13:00は受入をしていませんのでご注意下さい。

詳細については、ごみ減量推進課 641-1212 内線694〜696 山形広域環境事務組合 641-1212 内線919までお問い合わせください。

| 議会報告 | 23:55 |
予算分科会等!

 本日は予算分科会が開催され、道路維持課における補正予算が審議されました。9月定例議会には毎年必ず1億5千万円ほどの道路修繕予算が上程されますが、今年はそれよりも多く道路維持補修費1億7000万円、道路ストック修繕事業(舗装修繕)7683万円の計2億4683万円が計上されました。道路側溝整備も含め多くの予算が振り分けられることは大変良いことですが、今、道路維持課に要望があるものを全て補修修繕するとしたらどの位かかるのかとの質問に要望は650件で約29億円かかるとの答弁がありました。

 教育委員会管理課長並びに施設整備室長の二人から、南沼原小学校の新校舎等建築にあたってのスケジュール等について、地元議員の三人(折原政信、川口充律、田中英子)に対して状況説明がありました。私たちからも地域からの要望や心配事についてお話をさせていただきました。

 個人相談の件で、障がい福祉課及びこども保育課にお邪魔し、状況をお話しし適切なアドバイスを伺ってきました。これらのことについて、相談者にしっかりと伝えていきたいと思います。

 夜は地区座談会に出席し、本日あった自由民主党の総裁選挙に触れながら、公明党は9月30日に全国党大会が開催され、ここで公明党代表選について各県から代表して代議員として参加されている皆さんに諮られ、山口那津男代表の6選の承認を得るような形となり、その後明年の活動方針や地方統一選挙、7月の参議院選挙等の戦いについて決定し、今度は公明党山形県本部大会が開催されることになることを話させていただきました。

| 議会報告 | 23:45 |
環境・建設決算分科会!

 今日は環境・建設決算分科会が開催されました。環境・建設委員会は、上下水道部・環境部・まちづくり推進部の3つの部を所管しており、平成29年度の主な施策や予算の執行状況を各担当課長から説明があったのち質疑応答を行いました。

 上下水道部関係では、一般質問で災害時の対応として2系列の電源確保について質疑があり、非常用発電で対応しているとの発言があったが、復旧までの期間に重油等の備蓄や容量が間に合うのか質問させていただきました。これに対して、移動式や固定式があるが、見崎などの重要施設等は軽油及び重油が備蓄され稼働時間は12時間ということでした。備蓄が無くなればロータリーでの補給を待つしかないとの話もありました。また、最上川から取り入れる時の水質検査について質問をさせていただきました。これに対して、原水は月1回の割合で検査をして、水質年間でホームページでも発表しているとのことでした。また、国道13号線から国道112号線の中で、国の拡幅工事までこの地帯の下水道工事がなされないとの報告を受けていたが、拡幅工事も終わったが下水道普及についての実態をお聞きしました。回答では地域別は分かるものの地域帯での掌握はしていないとのことでした。

 環境部関係では、町内会における不法投棄の処理の現状について質問させていただきました。また、半郷清掃工場が閉鎖され川口のエネルギー回収施設への搬入となる中で、毎年集積所は増えてきており且つ川口までの搬入には時間がかかる。ごみ収集車両の増大等を検討すべきと思うがどうかと質問させていただきました。当局からは5台の増大とともに休憩施設を設けたいとの話がありました。休憩施設については、同施設の許可の有無や地区の皆さん方からの同意について再度詳細をお伺いしました。

 まちづくり推進部関係については、関係課長より主な施策や予算の執行状況について報告がありましたが、質疑応答については18日に繰り越しました。

| 議会報告 | 23:55 |
決算・予算委員会!

 今日は決算委員会・予算委員会が開催されました。平成29年度一般会計の決算状況では収入全体で前年度より2.8%増の約981億5500万円で、歳出総額は前年度より2.6%増の約959億1900万円で、平成30年度への純繰越額は約17億1300万円となりました。また、企業会計においては水道事業会計で約9億300万円、公共下水道事業会計で約2億8900万円の純利益、市立病院済生館事業会計で約2759万円の純損失となりました。

 一般会計補正予算については、国・県の補助内示に基づく事業のほか、29年度決算の確定に伴う財政措置や、事業の進捗状況に基づき速やかな対応が必要なものなどに対して補正が組まれ、補正額は11億7453万2千円となっています。また、特別会計の補正では国民健康保険事業会計入学比率おいて高額療養費制度の変更に対応するための電算システムの改修に係る経費について予算措置を講ずるなどして、全会計での補正総額は11億9747万2千円となりました。なお、これらの決算・予算については各分科会に付託され審議されることになりました。

| 議会報告 | 22:30 |
一般質問二日目!

 今日一般質問二日目は、公明党山形市議団を代表して武田新世議員(幹事長)がラスト8番目で登壇し、機中核市移行に併せ子どもたちの安全・安心を拡充せよ。供∨漂辧Ω査丗从を拡充し市民の安全・安心を確保せよ。掘高齢者肺炎球菌ワクチン接種費用の助成について。検道路の安全性確保について、一問一答式により執行部との質疑応答を行いました。

 この中で、「スクールロイヤー」を導入・活用した教員研修の実施について、荒沢教育長にその導入と教員研修の実施について問いました。荒沢教育長は、いじめ問題やトラブルなどを法的に解決するために弁護士を学校に派遣する「スクールロイヤー」の導入についいて、「法律に委ねなければならない問題、トラブルは増加傾向にあると感じており、導入の必要性について検討を進める。また、来年4月の中核市移行に伴い、教育研修の全体計画策定の中で弁護士を講師にした内容も考えたい。」と前向きな答弁をしました。その他に、高齢者肺炎球菌ワクチン接種費用の助成や、道路の老朽化に伴うアプリ対応等においても佐藤市長から前向きな回答をいただきました。

| 議会報告 | 23:45 |
おりはら政信公式サイトへ
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
+ プロフィール
  • 昭和29年11月24日生まれ
  • 山形商業高校卒業
  • 専修大学Ⅱ部商学部4年中退
  • 東京都世田谷区役所・山形市役所
【現在】
  • 市議会議員(4期目)
  • 環境建設委員会委員
  • 議会運営委員会委員
  • 議会史編さん委員会委員
  • 公明党山形県本部副代表
+ 最近記事
+ カテゴリー別アーカイブ
+ アーカイブ
+ 携帯
qrcode
携帯からも閲覧できます。
このページの先頭へ