おりはら政信Blog

山形市議会議員「おりはら政信」が毎日更新しております!
2018年公明党政経セミナー!

 山形市パレスグランデールに石井啓一国土交通大臣をお迎えして、公明党山形県本部2018公明党政経セミナーを開催させて頂きました。

 石井国土交通大臣からは、高速道路について、観光振興について、中小河川の防災について、山形新幹線について、北朝鮮の漂流戦についての5項目で国交省の取り組み等について紹介をして頂きながら、山形新幹線については国としてどのような対応が可能なのか検討したいと語りました。

 この政経セミナーには、遠藤利明前オリンピック、パラリンピック担当大臣、鈴木憲和自民党県連会長、加藤鮎子衆議院議員、大沼みずほ厚労大臣政務官、県内の市町村の首長の皆様、志田英紀県議会議長を始めとする県議会議員の皆様他大勢のご来賓の方々がお祝いに駆けつけてくださいました。二部の懇談会の中で、佐藤孝弘山形市長からは、公明党山形市議団の提案を受け止め今年度予算に中小企業を支援する政策を取り入れることについて話をして頂きました。

 大変に多くの皆様方からご参加を頂き心から感謝と御礼を申し上げます。終了後、石井啓一国土交通大臣大臣と各議員が記念撮影をして頂きました。

| おりはら日記 | 23:30 |
社会教育委員会議!

 平成29年度第2回社会教育委員会議に出席させて頂きました。会議の中では、平成19年4月からの長きに亘って社会教育及び生涯学習の振興発展に寄与されたことにより平成29年度「東北地区社会教育委員連絡協議会表彰」を志鎌節郎氏、新関徳次郎氏の2名が受賞されたことが報告されました。

 その後、協議に移り(1)平成30年度の補助金交付団体について、(2)山形市少年自然の家運営協議会委員の推薦について、(3)平成30年度山形市社会教育の方針(案)について、当局からの説明を受けた後質疑応答が行われました。私からは、公民館における社会教育の充実と言う視点から、市民へのPRの一つとして山形市のホームページがあるが、探しにくいし複数に亘って行われる事業については各市街地公民館に任せておくばかりでなく全体的見られるようにする工夫と、広報課所管のコミュニティセンターとのリンクを貼り合うなど横の連携をもっと行うべきとの発言をさせて頂きました。

 また、報告事項にあった、成人の祝賀式の実施状況の報告が成されましたが、来賓として出席している人は殆どが大きなスピーカーと花が舞台横に据え付けられているため檀上の様子が見えない。スピーカーの設置場所の移動若しくは大型ビジョンに舞台で行われている様子が見られるようにしてはどうかとのお話しを担当者に伝えさせて頂きました。

 往々にして、出席委員は発言をしないまま会議が終わることが多い中で、参加した委員全員から意見が出され、大変に有効な会議となったように思います。

| おりはら日記 | 23:55 |
山形広域環境事務組合2月組合議会定例会と全員協議会!

 昨日は、山形広域環境事務組合2月組合議会定例会と全員協議会が山形グランドホテルで開催されました。管理者である佐藤孝弘山形市長から、議第1号議案の平成29年度山形広域環境事務組合補正予算案、議第2号議案の平成30年度の当初予算案についての概要説明がありました。

 平成29年度補正予算は、32億6646万円を増額し、総額を53億9655万円とするもので、前年度からの繰越金による構成市町負担金の精算や循環型社会形成推進交付金が国の補正予算が可決されたことにより交付されることになったため、平成30年度実施予定のエネルギー回収施設(川口)建設事業を前倒しし、増額補正するものです。なお、エネルギー回収施設(川口)の建設工事の現場では、処理棟建屋の躯体工事が進められており、1月末の事業進捗率は55.89%で、予定通りに進んでいる旨の報告もありました。
 平成30年度当初予算は平成29年度当初より4億708万円増の25億3717万円とするもので、これはエネルギー回収施設(立谷川)の年間運営事業費を半年分から1年分に増加したこと、旧立谷川清掃工場の解体工事の本格化、エネルギー回収施設(川口)の子ども触れ合い広場の整備、エネルギー回収施設建設に係る地方債の元金償還開始に伴う公債費の増等に伴うものとの説明がありました。

 さらに詳細に亘って事務局長から説明を受けた後、質疑応答を行い平成29年度補正予算と平成30年度当初予算を原案通り可決し、閉会しました。

 その後、全員協議会が開催され、(1)エネルギー回収施設(川口)建設工事の進捗状況について、(2)エネルギー回収施設(川口)に係る訴訟の概要(経過)について、(3)廃棄物処理手数料改定の考え方について、(4)ペットボトルのラベル剥離について、事務局から報告を受けました。廃棄物処理手数料改定については、焼却ごみ、小動物の死体の焼却の手数料がまちまちであることから、粗大ごみ・不燃性ごみも含め改定しようとするもので平成30年7月組合議会定例会に提案し、平成30年12月1日から改定するとのことでした。また、ペットボトルのラベル剥離については、「キャップとラベルをとり、軽くすすいで」出すように平成30年2月から6月まで周知期間を設け、平成30年7月から実施するとのことでした。

 予算審議及び全員協議会で、私から半郷清掃工場の解体について、ごみ収集の分別等について、廃棄物処理手数料改定について質問を行わせて頂きました。

 今日、元山形市議会議員で山形商業高等学校の先輩であり、緑政・公明クラブで大変にお世話になった、高橋信行先生の告別式に参列させて頂き、心からご冥福をお祈りさせて頂きました。合掌

| おりはら日記 | 17:30 |
高齢者福祉施設を視察!

 山形市高齢者福祉推進支援議員連盟による高齢者福祉施設の視察を行いました。

 今回お邪魔した施設は、あっぷるの里久保田と特別養護老人ホーム・養護(盲)老人ホーム山静寿です。

 施設を利用している方々が楽しみにしているのがお風呂の時間です。車イスのままお風呂に入ります。体重制限はと聞いたところお相撲さんのような方は無理ですが私は大丈夫とのことでした。

 昔は多床型でしたが、今は個室になっています。ベットも様々な機能がついています。高齢者福祉施設の課題も色々とお聞きすることができました。現場を見る、現場で働く方々の意見を伺う、大切なことです。

| おりはら日記 | 23:15 |
東北の樹氷を世界へ!

東北の樹氷を世界へ! 山形など3市サミット

 樹氷を観光資源として活用し、外国人観光客をさらに呼び込もうと青森市で10日、「国際樹氷サミット」が開かれ、秋田県北秋田市と山形市、青森市の3市が連携して海外向けPRを展開する必要性を確認した。

 国内外の旅行関係者ら約120人が参加。森吉山を抱える北秋田市の津山永光市長は「知名度が高くないので(3市の)横の連携を深め売り込む必要がある」と指摘、蔵王山のある山形市の佐藤孝弘市長は、官民一体となったPRの必要性を強調した。

 海外観光関係者の意見も紹介され、韓国から来た男性は「韓国は雪が少なく、樹氷の中を歩くだけでも観光客は満足する」と評価。台湾の男性は、悪天候で樹氷を見ることができない際の代替プランの充実を求めた。

 青森市の八甲田山系で1月に見つかった、外国人とみられる男女による落書きも話題に。樹氷の価値を上げるため、入山マナーを徹底させることが必要との認識を共有した。来年は北秋田市で開かれる。 山形新聞 2月11日付けを別掲

 今、世界でも類をみない“氷”と“雪”の自然の芸術品「樹氷」を、2017年12月23日(土・祝)から2018年3月4日(日) (限定53日間)ライトアップしています。時間は、17:00から21:00 (上りは最終19:50)で、会場は蔵王ロープウェイ山頂駅及び山頂線周辺 (蔵王ロープウェイ乗車)です。ロープウェイ往復乗車料は、おとな2,600円・こども1,300円 です。今回のサミットでも色々な課題が挙げられています。山形市としてもそれらの課題にどう対処していくのか、対応を求めて行きたいと思います。

| おりはら日記 | 11:30 |
平昌オリンピックでのメダルを期待!

 平昌オリンピックでの日本選手のメダル獲得の報道はまだされていません。今日は、10時からスノーボード女子スロープスタイル決勝が行われる他、フィギアスケート団体戦の決勝が行われます。そして、21時30分から金メダルが期待されるスピードスケート女子1500mに小平奈緒、高木美帆選手ら3選手が、21時50分からはスキージャンプ女子ノーマルヒル個人に高梨沙羅・伊藤有希選手ら4選手が出場します。

 日本時間と韓国時間との時間差は殆どないとのことで、なんでこの時間帯に競技を行わなければ理解できません。特に、スキージャンプなどは屋外の競技です。男子スキージャンプの時は強風のため何回も中断されました。テレビ解説者で番組に出ていた長野オリンピックで大活躍された船木選手は、こうした最悪のコンデションの中で実力を発揮できるのは何回も色々な大会や様々な環境を経験してきたものが勝つと言われています。そして、高梨選手はこの平昌のスキージャンプ台が合っているとも話されていました。3連休の最後の日、様々な競技の中で日本人選手の活躍を期待したいと思います。

 また、昨日は山形関係者としてスピードスケート 男子5000mで一戸 誠太郎選手(山形中央高)で自己タイムを更新する滑りで第9位になりました。ガンバレ日本!

| おりはら日記 | 06:30 |
ベニちゃんバス東くるりん・西くるりんの経路変更について!

 大雪により、ベニちゃんバス東くるりんの経路の一部が、対向車両とのすれ違いや歩行者を追い越す際の安全性の観点から、バスの運行上大変危険な状況となっています。そのため、1月26日から迂回運行を行っていましたが2月10日(土)から東部公民館前は通常運行に戻りました。

 また、確定申告による山形テルサ周辺の道路混雑が予想されるため、次の期間西くるりん(上町先回りコース)は、山形駅前から山形テルサ前にかけて、迂回運行を行うことになっています。期間は2月16日(金)から3月15日(木)で、経路を山形駅から山形テルサ前へ行くのを城南陸橋を通らずに山形駅南アンダーを経由することになります。ご理解とご協力を宜しくお願いします。

| おりはら日記 | 05:45 |
おりはら政信公式サイトへ
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
+ プロフィール
  • 昭和29年11月24日生まれ
  • 山形商業高校卒業
  • 専修大学Ⅱ部商学部4年中退
  • 東京都世田谷区役所・山形市役所
【現在】
  • 市議会議員(4期目)
  • 環境建設委員会委員
  • 議会運営委員会委員
  • 議会史編さん委員会委員
  • 公明党山形県本部副代表
+ 最近記事
+ カテゴリー別アーカイブ
+ アーカイブ
+ 携帯
qrcode
携帯からも閲覧できます。
このページの先頭へ