おりはら政信Blog

山形市議会議員「おりはら政信」が毎日更新しております!
環境建設委員会で水源涵養林を視察!

 環境建設委員会で水源涵養林を視察を行いました。4年前に森林産業活性化推進山形市議員連盟で水源涵養林の視察を行いましたが、ここ不動沢取水場は当然の如く素通りでした。

 不動沢川から水を取り入れます。

 この装置は落ち葉を除去する装置だそうです。

 そして、ここで新そばの実を真冬の冷たい清流にさらして風味を引き出す「寒ざらしそば」の水浸しが作業が行われるのがこの場所ですとの説明にびっくりしてしまいました。新そばは水温0.2度という冷たい沢水に約2週間浸されアクを出した後、西蔵王高原で1ケ月ほど寒風にさらされます。これにより甘みが増して上品な味に仕上がり、4月以降市内各そば店で味わうことが出来ます。

 平成11年建設費1260万円をかけて管理小屋が建築されました。この中で涵養林の大切さや管理状況について話をお聞きしました。

 この管理小屋で、きのこ汁を頂きながらおにぎりタイムです。

 「緑のダム」とも呼ばれる水源涵養林は、樹木に降った雨を水分として蓄え、土砂崩れや雪崩などを防ぎ、自然の自浄作用による水質浄化などの機能を持っていることから、良質な水源として将来に渡り確保していく必要があります。現在、馬見ケ崎上流の蔵王連峰の一部を源とする不動沢の流域部に72825haの水源涵養林を所有しています。その内訳は、スギ20186ha(約20000本)、カラマツ19280ha(約19000本)、その他2640ha(約2600本)の人工林と30719haの天然林から成っています。これらの場所は、昭和32年と昭和59年の2回に渡って40660000円で取得したとのことでした。

 平成17年度、平成23年度の2回に渡って山形北ロータリークラブから、ブナ、ミズナラ、イタヤカエデなど530本の記念植樹が行われ生育しているところ見させていただきました。平成8年2月に山形市水源涵養林経営計画書を策定し、植栽した苗木を雑草木からむ守るための下刈り、育成の支障となる樹木の除伐、成長を促すための間引きを行う間伐など管理方針を決めながら管理しているとのことでした。

| 視察報告 | 23:45 |
東京研修二日目!

 東京研修二日目は、国土交通省 都市局 総務課の竹内重孝企画官と都市計画課田代悠真法制係長から平成31年度都市局関係予算概算要求概要、都市機能立地支援事業 都市再構築戦略事業について、コンパクト・プラス・ネットワークの本格的推進について、都市のスポンジ化対策等について、お話をお聞きしました。

 ここでは、立地適正化計画を作成した市町村が絶対自要件であるということです。現在、407都市が立地適正化計画についてて具体的な取り組みを行っていますが、このうち161都市が平成30年5月1日までに計画を作成・公表を行っています。山形県では、山形市・米沢市・鶴岡市・酒田市・寒河江市・村山市・長井市・中山町で立地適正化計画を行うとしていますが、作成・公表までに至っているのは鶴岡市だけでした。中心拠点誘導施設の対象施設は、^緡纏楡漾↓⊆匆駟〇禹楡漾↓6軌虔顕住楡漾↓せ勸蕕道抉膸楡澆箸覆辰討い泙垢、これに体育施設を追加したいとのことだ財務局と調整中であるとのことでした。建築物の整備に関する支援要件は、1)維持管理費を算出し国へ提出していること、2)以下の 銑い里い困譴に合致すること、々抒阿らまちなかへの移転、∋楡澆療廃合、B召了楡澆箸旅臙曄↓じ共施設等総合管理計画を策定済みであり、個別施設計画またはまちづくりのための公的不動産有効活用ガイドラインに基づく計画への当該施設整備の明確な位置づけがされていること。3)三位一体改革で税源移譲の対象となっていないこと。4)他省庁の補助制度がないこととされています。

 竹内企画官は山形県庁にも出向されていたとのことで、大変に山形に造詣か深く気軽に様々なことについて相談してくださいとのことでした。とにかくこうした縁を大切にしながら山形市のさらなる活性化を図られるよう頑張っていかなければと思います。取敢えずはは山形市として立地適正化計画を作成し公表することが一番大切なことであり、どんな状況になっているのか確認をしていきたいと思います。

| 視察報告 | 23:55 |
東京研修一日目!

 

 今日は翔政会の皆さん12名と公明党山形市議団3名とで衆議院第一議員会館の会議室において遠藤利明代議士を通して小中学校エアコン設置の状況について、部活動指導員の配置について、担当職員からお出で頂いて研修をさせて頂きました。

 文部科学省 大臣官房 文教施設企画・防災部 施設助成課の小林美保課長補佐からは、「公立学校施設整備予算(平成30年度補正予算案)」、「公立学校施設の安全対策・防災機能の強化等の推進」、「ブロック塀・冷房設備対応臨時特例交付金」について説明をしていただきました。ブロック塀の安全対策として168億円、熱中症対策としての空調整備として817億円、合計985億円が今年度限りとして、交付金算定割合1/3、交付金算定対象の範囲下限額400万円以上の事業、上限額2億円(1校あたり)、地方負担分について、元利償還金の交付税算入率を引き上げる等の話がありました。また、小中学校の改築については今の50年から80年改修とするために長寿命化の整備手法へ転換を図ることで膨大な更新需要の縮小・平準化を可能としていく方針についても話されました。

 文部科学省初等中等教育局財務課の八木下理香子定数企画係長からは、教員勤務実態調査(平成28年度)の結果について、多彩な人材の参画による学校の教育力向上〜補習等のための指導員等派遣事業〜について説明をしていただきました。この度、「教育政策に関する実証研究」の一環として、教員の勤務実態の実証分析を平成28年〜29年度の2か年で実施(平成28年10月〜11月のうちの1週間、対象は小学校400校、中学校400校(確率比例抽出により抽出)に勤務する教員)したところ、前回調査(平成18年度)と比較して、平日・土日ともに、いずれの職種でも勤務時間が増加しているとのことでした。平日については、小学校で授業(27分)、学年・学級経営(9分)が、中学校では授業(15分)、授業準備(15分)、成績処理(13分)、学年・学級経営(10分)が増加しており、土日については、中学校で部活動(1時間3分)、成績処理(10分)が増加しているとのことでした。これらの結果を鑑み、学校における働き方改革に関する緊急対策、平成29年12月26日付で発表、新学習指導要領の円滑な実施と学校における働き方改革のための環境整備のための概算要求を行ったとの話がありました。中学校における部活動指導員の配置が検討され予算で5億円から13億円、人数も4500人から12000人に増員されましたが、使いかってが良くないとの意見も出されました。

| 視察報告 | 23:55 |
議会運営委員会行政視察3日目(寝屋川市)

 議会運営委員会行政視察3日目は大阪府寝屋川市にお邪魔しました。  寝屋川市は、大阪府の東北部、淀川左岸に位置し、大阪市域の中心から約15辧京都市域の中心から約35劼竜離にあり、面積24.70(山形市:381.58)に人口は234851人(山形市:251026人)、世帯数109354世帯(山形市:102560世帯)、当初予算836億9000万円(山形市:942億2200万円)で、山形市と同じく明年4月に中核市移行します。
 調査事項は、ゝ腸餘娠弔砲弔い董↓⊃臆粟郢垉腸饅課題等研究会について、寝屋川市議会専門的事項に係る調査会議について、お話をお聞きしました。廣岡芳樹副議長から挨拶を頂き、最後までお付き合いをしていただきました。研究会では、市議会の課題のうち、優先して取り組むべき事項として8項目(\務活動費収支報告書等の公開、議員定数、5聴報酬、ぞ鑁ぐ儖会の在り方、グ貳娘遡笋砲ける一問一答方式、賛否の公表、Ь霾鹵舎機器の活用、┛儖会の会議へのペットボトル飲料の持ち込み)について集中して議論を行ったとのこと。  この中で、議員数、法上限数(地自法改正前)38人を平成11年度以前の36人をピークに、平成11年5月34人、平成15年5月32人、平成23年5月28人、平成27年5月に1名を減じて27人としていましたが、平成29年9月議会で次の一般選挙から27人を24人に3人削減する改正条例を可決しています。ただ、条例改正案が全会派の一致を見ることなく本会議最終日に提案され僅差の賛成多数で可決されたとのことでした。寝屋川市議会では現在4常任委員会が設置されていますが、議長も常任委員会の一員となるとのことで、24名という議員数でしっかりとした審査が出来るのかと思いました。なお、山形市議会においては、議員定数(35議席から33議席に2議席減)の削減及び政務活動費(12万円から10万円に2万円減)の減額を平成26年3月に議決し、翌年の改選期から適用しています。その後、議員定数削減について議会運営委員会の中での議論はありません。今回視察したことを受け、議員定数及び議員報酬はもとより議会改革はどうあるべきかを常に問いながら活動してまいりたいと思います。  私からは、寝屋川市議会議員名簿にホームページや各議員へのメールもリンクして貼り付けてあったので、これらに関する話し合い等の経過をお聞きしましたが、何も問題なく自己申告によりリンク出来るようにしているとのことでした。山形市議会でも議員名簿にホームページやブログ、フェイスブック等がリンク出来るようにしたらと提案していますが、課題は多いようですが開かれた議会を目指して頑張っていきたいと思います。
| 視察報告 | 23:30 |
議会運営委員会行政視察2日目(大阪府堺市)
議会運営委員会行政視察2日目は大阪府堺市にお邪魔して議会運営及び議会改革についてお話を伺いました。堺市は大阪府の中央部の西寄り、大和川を隔てて大阪市の南に位置し、世界最大級の墳墓である仁徳陵の造営地として古くから開けた都市である。面積は149.82K屐∪ぢ喊遙械毅毅隠坑契ぢ咫⊃邑831858人で、一般会計当初予算は4184億円と山形市から比べれば面積以外すべてに堺市が上回っている大きな都市になります。 議会運営や議会改革についてお話をお伺いしました。現在、山形市は議会基本条例の見直し評価手続きを行っています。公明党山形市議団としては、議会事務局の強化体制を訴えているところです。大概の議会事務局は総務課と議事課の二課制が取られているのか普通でずか、堺市は調査法制課が平成24年から設けられたとのことで大変羨ましく思いました。また、地方分権時代にふさわしい議会の在り方について協議し、議会機能の強化や議会の活性化を図るため議会力向上会議(平成26年9月法制化)を設置しているとのことでした。 山形市も11月に議会報告会を開催しますが、堺市は高校生みらい議会TALK☆CAFEを11月に開催するということで出来上がったばかりのチラシ(写真)を頂きました。 仁徳天皇陵古墳は全長486mの日本最大の前方後円墳で、一周1時間程度の周遊道路も整備されているそうです。堺市役所の超高層庁舎の展望台からなら、仁徳天皇陵古墳が見られるかと思いましたが、もっと高くからでないと全景は見られないとのことでした。また、VRツアーも残念ながら体験することが出来ませんでした。 堺市博物館にも足を延ばさせていただき土佐光吉の作品や堺市に纏わる展示物見せていただきました。
| 視察報告 | 23:55 |
議会運営委員会行政視察1日目(大阪府八尾市)
議会運営委員会行政視察の1日目は大阪府八尾市にお邪魔し、議会運営や議会改革等についてお話を伺いました。また、公務多忙の中わざわざ田中久夫議長から歓迎のご挨拶を頂きました。心から感謝申し上げます。ありがとうございました。 八尾市は、大阪府の中央部の東寄りに位置します。本年4月に中核市に移行しました。地域面積41.72K屐∪ぢ喊遙隠横械毅坑鏡ぢ咫⊃邑267080人、一般会計当初予算1035億9730万円と、山形市より若干規模が大きい街となっています。議員定数は28人で現員数は27人でした。当選回数では13回当選という人もいますが、平均年齢は58.5歳となっていました。 一般質問の中で、山形市ではまだ取り組んでいない各会派の代表者が「一般質問」及び「議案の質疑」を一括して行う代表質問が当初予算会議の3月定例会で実施されていました。公明党山形市議団でも、この代表質問を取り入れるべきとこの度の見直し等に提案しているところですが中々全会派一致というわけには行きません。引き続き粘り強く訴えていきたいと思います。 この他にも、防災河内音頭まつり議会、18歳の選択「やお未来議会」、八尾っ子おしごと体験、市議会×高校プロジェクト、議会開会ポスターなど魅力ある企画をお聞きし、更なる山形市議会の見える化に取り組んでいかなければと心を新たにしました。写真は、八尾市は河内音頭発祥の地記念像の前でのものです。
| 視察報告 | 23:55 |
森・林・産業活性化推進山形市議会議員連盟視察研修!

 森・林・産業活性化推進山形市議会議員連盟視察研修で、4か所の現場を視察させて頂きました。最初は日本の木材活用リレー〜みんなで作る選手村ビレッジプラザ〜に参加し、市産材を提供することになったため、市有林板橋山で皆伐しているところを視察させて頂きました。ここの樹齢は杉 88年物で、伐採本数は245本 400㎥で、うちオリンピック用として使用されるのは120本 115㎥とのことで、梁、梁(土台)用として6m材20本、5m材20本、4m材80本が提供されるとのことでした。

 ビレッジプラザとは、選手団の入村式の舞台としてメディアを通して多くの人の目に触れる選手村の代表的な施設です。因みに事業協力者は山形市を含む63自治体で、県内では山形市、山形県、金山町の3自治体となっています。全国の自治体から借り受けた木材を使用してビレッジプラザが建築され、大会後には解体し各自治体に木材は返却されます。各自治体はその木材を活用し、大会のレガシーとして公共施設などに後利用を行います。提供木材には納入時表示イメージとして山形県 山形市の刻印が、提供木材の返却時表示イメージとしては、used in village plazaなどの刻印が押されるのではないかとの説明がありました。

 次にお邪魔したところは、コンテナ苗の実用化に向けて取り組んでいる、蟾喟 コンテナ苗生産基盤施設を視察させて頂きました。上記の伐採現場は、その後植栽が行われますが、人工林の造成・保育には、植栽から50年生までに平均で約233万円/haの費用を要するとされています。そして、この約6割に当たる約150万円/ha余りが植栽後10年間に費やされており、さらにその7割が労賃となっています。そのため、林業の採算性の向上には、造林・保育に要する費用を縮減することが重要となっています。

 コンテナ苗は、容器育苗した根鉢付き苗で容器から取り外しても、根鉢の形状が維持され、軽量・小型で植栽時に乾燥等にさらされにくく根が傷みません。また、植穴が小さく、植付け作業が容易で活着率や初期成長が優れ、植栽可能時期が長いというメリットがあります。

 バイオマスガス化発電事業を展開する山形バイオマスエネルギー株式会社(上山市)を視察させて頂きました。廃材をチップにしてそれを燃焼させて発電するという仕組みで11月末までの完成目指して工事が進められていました。

 もう一か所は、千歳山の森林保全整備についてお話を伺いました。マツ枯れという言葉を知っていますね。この松枯れは、俗にいう『松くい虫』が引き起こしていると思っている方が大部分なのではないでしょうか。私もその一人でした。マツ枯れ発生のメカニズムという項目で、俗に言う『松くい虫』という虫はいません。マツ枯れの発生の主な原因は、「マツノマダラカミキリ」がマツの枝を食べた際に、カミキリの体内にいる「マツノザイセンチュウ」がマツに侵入し、侵入したマツノザイセンチュウがマツの樹体内で増殖することにより、マツが衰弱し枯死に至るとされているとのことでした。千歳山では昭和57年からマツ枯れ被害の防除対策にむ取り組んでおり、これまでの駆除材積は6145㎥、樹幹注入本数は923本となっているとのことでした。高校時代はこの千歳山までランニングして階段上りをしたことが思い出されました。

| 視察報告 | 23:45 |
おりはら政信公式サイトへ
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
+ プロフィール
  • 昭和29年11月24日生まれ
  • 山形商業高校卒業
  • 専修大学Ⅱ部商学部4年中退
  • 東京都世田谷区役所・山形市役所
【現在】
  • 市議会議員(4期目)
  • 環境建設委員会委員
  • 議会運営委員会委員
  • 議会史編さん委員会委員
  • 公明党山形県本部副代表
+ 最近記事
+ カテゴリー別アーカイブ
+ アーカイブ
+ 携帯
qrcode
携帯からも閲覧できます。
このページの先頭へ