おりはら政信Blog

山形市議会議員「おりはら政信」が毎日更新しております!
ハンセン病家族訴訟、控訴せず/安倍首相が表明!

 7月9日、ハンセン病の患者に対する隔離政策をめぐる集団訴訟で、安倍総理大臣は「筆舌に尽くしがたい経験をされたご家族の皆様のご苦労をこれ以上長引かせるわけにはいかない」として、控訴しないことを表明しました。
 ハンセン病の患者に対する誤った隔離政策で家族も差別され被害を受けたとして、元患者の家族500人余りは国を訴えた集団訴訟を提起。6月28日、熊本地方裁判所は、元患者だけでなく、家族が受けた損害についても国の責任を認める初めての判断を示し、国に3億7000万円余りの賠償を命じる判決を言い渡しました。
 これを受けて、7月12日の控訴期限を前に、安倍総理大臣は9日朝、総理大臣官邸で根本厚生労働大臣、山下法務大臣らと対応を協議しました。安倍総理大臣は記者団に「今回の判決の内容については一部には受け入れがたい点があることも事実だ。しかし、筆舌に尽くしがたい経験をされたご家族の皆様のご苦労を、これ以上長引かせるわけにはいかない」と述べました。そのうえで「その思いのもと、異例のことだが控訴をしないこととし、この方針に沿って検討を進めるよう関係大臣に指示した」と述べ、控訴しないことを表明しました。

 ハンセン病をめぐっては、元患者が起こした裁判で、平成13年に熊本地方裁判所が、国の賠償責任を認めたうえで国会の責任も指摘した判決を言い渡し、当時の小泉内閣が「極めて異例の判断ではあるものの、早期に解決を図る必要がある」などとして控訴を断念しています。その背景には、当時厚生労働大臣であった公明党の坂口力氏の決断があったことは周知の事実です。今回の家族への賠償に関する裁判でも、この坂口氏の決断の延長にあることは論を待ちません。

ハンセン病問題の全面解決!

「最後は報われた」の思いを
「辞表」胸に首相官邸へ「控訴せず」貫いた厚労相


 菊池恵楓園を訪れ、隔離政策の象徴「望郷の窓」などを視察した坂口副代表ら=2005年6月20日 熊本県合志町

それまで赤ペンでメモを取っていた厚労相の坂口力の手が突然、止まった。坂口は泣いていた。――2001年5月14日、ハンセン病国家賠償訴訟の原告団との面談で、元患者の老女が自らの半生を語った時の出来事だった。

9歳で発病。その日、離島の療養所へ。何年も「母に会いたい」と泣き暮らしたが、会えずじまい。亡くなったことさえ知らされなかった。

ハンセン病問題の全面解決への流れ 2001年5月11日:熊本地裁で国の敗訴判決 2001年5月14日:坂口厚労相が原告団と面会し謝罪表明 2001年5月17日:神崎代表ら、控訴断念を政府に申し入れ 2001年5月23日:毎日新聞朝刊「坂口厚労相が辞意」と報道。夕刻、小泉首相が原告団と面会。直後に政府として控訴しないと発表 2001年6月1日:坂口厚労相、省内で原告団代表に正式に謝罪 2001年6月7、8日:衆参両院の本会議で、ハンセン病問題に関する国会決議を全会一致で採択 2001年6月15日:ハンセン病補償法が成立 2001年7月23日:原告と国側が和解に関する基本合意書に調印 2002年1月30日:非入所者・遺族との和解が成立、ハンセン病問題の司法上の全面解決

 その後、同じ入所者と結婚。やがて子を宿すが、妊娠8カ月で強制的に早産させられ“殺された”。「小さいけど、元気な産声でした。自分の胸に抱きたかった。その時の泣き声が最初で最後。あの泣き声がいまだに耳から離れません」。想像を絶する話だった。

坂口は元患者らに深々と頭を下げ、謝罪の意を表した。「誠に申し訳ない思いです」。そして心に誓った。「絶対に控訴すべきではない」と。

 熊本地裁の「国が全面敗訴」の判決に対し、役所の意見は「控訴すべし」が大勢だった。自民党幹部からも「控訴後に和解」といった声が流されていた。だが、坂口の「この裁判は終わらせるべきだ。元患者の皆さんに『大変だったが、生きていて良かった。最後は報われた』と思ってもらえる最後のチャンスではないか!」との思いは微動だにしなかった。

 そして、運命の5月23日。その朝の毎日新聞1面には「坂口厚労相が辞意」という見出しが躍っていた。それには坂口自身が驚かされたが、官邸に向かう車中の坂口の胸ポケットには、この朝認めたばかりの「辞表」が用意されていた。

朝9時、官邸で官房長官の福田康夫が言った。「改めて、お考えを聞きたい」。坂口が答えた。「控訴には絶対に反対です」。福田「それは、厚労省の考えですか?」。「官僚たちの考えは別です」と坂口。福田が重ねて聞いた。「大臣の考えと、官僚の考えと、どちらが厚労省の意見ですか?」。坂口は毅然として言い放った。「私が厚生労働大臣です。私の考えが厚労省の意見です」

首相の小泉が原告団に面談したのは夕刻。その直後、政府は見解を発表した。「控訴せず」と。

後日、財務相の塩川正十郎は、坂口に語った。「あの朝刊の1面記事は、首相には、ものすごいパンチだったよ」

「控訴せず」の政府決定を受けて6月1日、坂口は改めて原告団代表に会い、正式謝罪した。その後、坂口と厚労副大臣の桝屋敬悟(公明党)らは手分けして全療養所施設を訪問し謝罪した。

後に、坂口は語った。

「政治家は、自分を犠牲にする覚悟があって初めてできる職業。好きでやっている人がいるとすれば、それは政治屋である。そして、私は政治家である前に、一人の人間であり、医師である」

文中敬称略、肩書は当時 2007年2月9日付 公明新聞

| おりはら日記 | 03:57 |
5段階の警戒レベルと防災気象情報!

5段階の警戒レベル

 7月に入り、日本列島は九州南部を中心に記録的な大雨に見舞われ、河川の堤防決壊や土砂崩れなどが相次ぎ、死者も出ています。被災された方々に心からお見舞い申し上げます。
 鹿児島、宮崎、熊本の3県では一時、180万人以上に避難指示や避難勧告が出された。今後も土砂災害や浸水被害の恐れがあるほか、東日本でも大雨に見舞われました。
 国や自治体は、被災地域の速やかな復旧を進めるとともに、気象の変化や避難の必要性に関する情報の提供に努める必要があります。
 梅雨の時期、日本列島は毎年のように豪雨災害が起きています。土砂崩れが起きやすい山地と丘陵地が国土の7割を占めており、平地には浸水の危険性が高い地域が少なくありません。温暖化の影響とみられる豪雨の激甚化・頻発化も被害を拡大させています。
 こうした中で、いかに自分の命を守るかが重要です。
 行政による「公助」、地域住民らで助け合う「共助」、そして一人一人の「自助」の三つが基本となります。いざという時に避難するかどうかは自分で判断するほかありません。
 昨年7月の西日本豪雨では、最大で860万人に避難勧告などが出されました。しかし、実際に避難所に移動したことが確認された人は1%にも満ちませんでした。
 こうした教訓を踏まえ、気象庁は今年5月から、大雨による洪水や土砂災害の切迫度を5段階で示す「警戒レベル」の運用を始めました。このうち「レベル3」は高齢者や体の不自由な人が避難を開始し、「レベル4」は全員が避難すべき段階を意味しています。
 自分の命を守るためには早めの避難が何より大切であり、気象庁発表の警戒レベルを重視すべきです。加えて避難場所や避難経路の確認、持ち出し品の準備も含めて備えに万全を期したいと思います。
 「防災・減災・復興を社会の主流に」と訴える公明党は、堤防の強化や中小河川の水位計の整備などの豪雨対策を推進すると同時に、個人の避難行動を決めておくマイ・タイムラインやハザードマップ(災害予測地図)の普及に取り組んでいます。一人一人が自らの命を守る防災意識を高めることが、何より重要です。
防災気象情報と5段階の警戒レベルについて
 「避難勧告等に関するガイドライン」が平成31年3月に改定され、住民は「自らの命は自らが守る」意識を持ち、自らの判断で避難行動をとるとの方針が示されました。この方針に沿って自治体や気象庁等から発表される防災情報を用いて住民がとるべき行動を直感的に理解しやすくなるよう、5段階の警戒レベルを明記して防災情報が提供されることとなりました。
 自治体から避難勧告(警戒レベル4)や避難準備・高齢者等避難開始(警戒レベル3)等が発令された際には速やかに避難行動をとってください。一方で、多くの場合、防災気象情報は自治体が発令する避難勧告等よりも先に発表されます。このため、避難が必要とされる警戒レベル4や高齢者等の避難が必要とされる警戒レベル3に相当する防災気象情報が発表された際には、避難勧告等が発令されていなくても危険度分布や河川の水位情報等を用いて自ら避難の判断をしてください。
| おりはら日記 | 23:55 |
参院選の最大の争点は!

 毎日、各企業にお邪魔して朝礼の中でご挨拶をさせて頂いています。この中で一番最初に話すことはこの度の参院選の最大の争点はと言うことで、引き続き自公による安定的政権基盤をつくれるかどうかだと訴えています。旧民主党政権から交代して6年半が経ちますが、自民党は経済、財政、外交、安全保障など政策が強く、一方、公明党は身近な生活者の目線で小さい声を取り上げて課題を解決しています。自公それぞれの良さがかみ合っているからこそ、安定した政権運営ができていると思っています。
 そのためには、32ある1人区でしっかりと自民党の候補者が勝利を収めることが大切であり、公明党は自民党候補を全員推薦して候補者名を訴えています。山形選挙区では、大沼みずほ参議院議員の2期目の当選が大切であり、国政と太いパイプを持つことが山形市政の発展に繋がると確信しています。

 一方、自公政権の一翼を担う私たち公明党は、7選挙区(埼玉・東京・神奈川・兵庫・大阪・愛知・福岡)での完勝と比例区で6人以上の当選を目指しており、中でも北海道・東北の重点候補者である『若松かねしげ』参議院議員の2期目の当選を訴えさせて頂いています。

 『若松かねしげ』候補は、福島県石川町の出身で幼少期に家業が倒産して働きながら夜学に通い、4年生の時に公認会計士の資格を取った人であり、誰よりも苦労が分かる人であります。そして、公認会計士で初の国会議員となり3兆円の歳出削減を行いました。また、東日本大震災では1000回以上の被災地訪問、台風等の被害が発生した時はいち早く現地に赴き被災地に寄り添った提案をして実現しています。また、公認会計士や税理士等の経験を生かしながら3000件に及ぶ企業・団体を財政再建した経済のプロであります。

 『若松かねしげ』候補は、東日本大震災から10年経つと復興庁がなくなることから、自然災害を含め様々な災害に対応できる防災庁の創設を目指しています。また、東北を「再生可能エネルギー(太陽光・風力・水力)」、「新エネルギー(水素)」の日本最大の供給地域にして、経済の活性化を図っていくとして、既に福島県浪江町に再生可能エネルギーを利用して新エネルギーの水素を製造・貯蓄する施設の建設促進を図っています。

 どうぞ、比例区は若松かねしげ、選挙区は大沼瑞穂とお決め頂き、安定した政権のもと、世界に誇れる日本、未来の子ども達に負担を強いるのではなく希望と夢を与えられる日本となるよう、皆様方からの大きなご支援を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

| おりはら日記 | 23:45 |
参院選重点政策 5つの柱!

 公明党が打ち出した参院選向けの重点政策のポイントは、【1】「子育て安心」社会に。【2】着実な賃上げの実現。【3】希望ある❝幸齢社会❞に。【4】一人の生命を守り抜く。【5】誰もが輝く社会の実現。です。

【1】「子育て安心」社会に。ゞ軌蕕量欺化の実施/待機児童ゼロの推進/児童虐待の根絶へ。

【2】着実な賃上げの実現。 崟験莠塒ダ茵廚了訶世巴綣造閉他紊欧亮存宗伸⊂暖饑念き上げに備えた万全の対応/C羮企業、観光、農林水産業等の活性化支援/せ憶…蠖増による経費増大分を歳費削減し、国民負担を増やさない。

【3】希望ある❝幸齢社会❞に。’知症施策の推進/介護サービスの充実/がん対策の強化/だ験莉慣病対策の強化/ソ擦澆茲い泙舛鼎り、地域公共交通の確保/高齢者の移動手段の確保と安全運転支援。

【4】一人の生命を守り抜く。)漂辧Ω査丗从、災害対応力の強化/∨漂勸媼閏匆颪旅獣曄伸B腟模災害からの復興。

【5】誰もが輝く社会の実現。\験荳さ膽圓悗亮立支援/⊇⊃ι慌牢世代の無業者・非正規労働者へのきめ細かい支援/困難を抱える女性の支援/ぞ磴い福祉サービスの充実/ダ的マイノリティーへの支援/Ε僖錺魯蕁Ε札ハラなどハラスメントを許さない社会の実現/С姐饋佑安心して暮らせる多文化共生社会の構築。

 なお、下記の参院選2019公明党 特設サイトから【2019参院選 重点政策】をクリックしていただくと、公明党が発表している正式なマニフェストがご覧いただけます。

https://www.komei.or.jp/campaign/sanin2019/

| おりはら日記 | 07:30 |
公明党こそ日本安定の要!

 毎月1回1日発行の公明KOMEI7月号の山口なつお・公明党代表に聞くからの抜粋です。どうぞ最後までご一読下さい。

山口:参院選は令和時代の最初の国政選挙であり、公明党にとっては統一選に続き、国政レベルでもネットワークの基盤を強化して、全国的なものに仕上げていく重要な戦いだ。他党を見れば、国政で与党の経験がなく責任感に乏しい政党もあれば、国会議員がいても地方議員が極めて少ない政党もある。これでは地域の声を受け止めることも、国政で決めたことを全国の自治体に浸透させることもやりきれない。

 公明党は市区町村の議員数では第一党であり、ここが国民の声を聴く大きな役割を担っている。どんな小さな声も受け止めてネットワークの力で実現することにより、国民が政治の大切さや、自分の声が届くことを実感し、それが政治の安定につながっている。公明党の存在こそが日本の安定の要であることを、強く訴えていきたい。

 今、世界を見ると、対立や分断をあおる風潮があったり、混乱をなかなか収められない現象も起きている。第二次世界大戦後の国際協調の枠組みが挑戦にさらされ、新たな時代にふさわしい国際秩序がつくられようとしている中で、日本の政党にも確固たる政治の理念を持つことが求められている。

 公明党は『(生命・生活・生存)を最大に尊重する人間主義』を綱領に掲げ、理念の中核にしてきた。そして、分断に終わらせず合意形成に導く中道の政治を貫いてきた。公明党の議員は『大衆とともに』の立党精神を日々、実践し、老若男女あらゆる人々の生の声を聴くことにより、大衆から遊離しない最適解を導き出す。それが合意形成を生み出す力のもとになっている。

 公明党が、こうした戦いを続けられるかどうかの試金石が参院選だ。目標に掲げる7選挙区完勝と比例区6議席以上の獲得を達成すれば、参院では現行の選挙制度となって過去最多の議席数となる。過去の歴史を見ても、日本の政治を動かす原動力は参議院の存在だった。公明党の勝利によって、国際社会が評価する政治の安定を維持し、国内外に山積する課題解決の突破口を開いていきたい。

| おりはら日記 | 07:07 |
21日の投票日に投票できない方は期日前投票を!

 21日の投票日に投票所に行って投票できない方のために、昨日から期日前投票が開始されました。投票所によって投票期間・時間が異なりますのでご注意ください。山形市役所1階エントランスホールは、午前8時30分から午後8時まで、霞城セントラル1階山形市観光案内センター会議室は 午前9時30分から午後8時までです。なお、投票期間は7月20日(土)までとなります。その他に、山形大学小白川キャンパス内基盤教育3(A5)交流スペース、11日(木)・12日(金)の二日間のみですが、午前10時から午後5時まで投票ができます。また、今回から新たに山形国際交流プラザ(ビッグウイング)で19日(金)・20日(土)の二日間開設され、午前10時から午後5時まで投票できるようになりました。

 なお、期日前投票も二票制となり、最初に山形選挙区、二回目に比例区の投票になります。是非、投票所に足を運んでいただき、選挙区は自民党の「大沼みずほ」、比例区は「公明党」または「若松かねしげ」とお決め頂き、真心からの一票を宜しくお願い申し上げます。

| おりはら日記 | 05:30 |
白内障の手術を受けました!

 参院選の中、気が引けましたが1回手術を延期しており、してもらうことにきめて昨日の午後、白内障の手術を受けました。白内障の保険適用を促進したのは公明党の大きな実績ですが、本来片目で15万円位係ると言われていましたが、私の請求額はお陰様で40800円で手術を受けることが出来ました。私は国保の3割負担ですが本当に有難いことです。

 固定の眼帯があまりにも大きくて眼鏡も掛けることが出来ず、担当の先生にも無理をしないようにと言われ、手術後の議員総会や個人演説会への出席は全てキャンセルさせて頂き静養させて頂きました。お陰様で術後の痛みもなく朝を迎えました。

 眼帯を外してもらい、眼圧やその他の検査の結果、異状なしとのことで安心しました。今日からは目のための保護グラスを掛けることに成ります。しかし、これには度が入っておらず車の運転や激しい運動、洗顔などはまだまだ制限や規制つきです。ちょっと暫くの間おとなしくしていなければならない期間もありますが月曜日からは普通に復帰できそうです。

| おりはら日記 | 15:00 |
おりはら政信公式サイトへ
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
+ プロフィール
  • 昭和29年11月24日生まれ
  • 山形商業高校卒業
  • 専修大学Ⅱ部商学部4年中退
  • 東京都世田谷区役所・山形市役所
【現在】
  • 市議会議員(4期目)
  • 環境建設委員会委員
  • 議会運営委員会委員
  • 議会史編さん委員会委員
  • 公明党山形県本部副代表
+ 最近記事
+ カテゴリー別アーカイブ
+ アーカイブ
+ 携帯
qrcode
携帯からも閲覧できます。
このページの先頭へ