おりはら政信Blog

山形市議会議員「おりはら政信」が毎日更新しております!
【主張】幼児教育無償化 全ての子どもの可能性開くため!

公明新聞 2019年2月15日付を別掲

 幼稚園や保育所などに通う子どもを抱える家庭はもちろん、これから子どもを持ちたいと思っている人にとっても朗報に違いない。政府は、幼児教育を無償化する子ども・子育て支援法改正案を閣議決定した。安倍晋三首相自ら「小学校、中学校9年間の普通教育無償化以来、70年ぶりの大改革」と位置付けるように、歴史的にも重要な施策である。その推進役は公明党にほかならない。2006年に発表した「少子社会トータルプラン」で幼児教育の無償化を掲げ、実現に取り組んできた。法案の今国会での成立を期したい。
 幼児教育無償化は、3〜5歳児(就学前3年間)は原則全世帯、0〜2歳児は住民税非課税世帯が対象。10月1日より、認可保育所や幼稚園(一部を除く)、認定こども園の利用料が無料になる。国や自治体は制度の周知に努めてほしい。
 焦点だった認可外施設の扱いについては、公明党の主張により、補助額に上限を設けて無償化される。給食費は無償化後も引き続き自己負担になるが、おかずなどの副食費の免除対象が、現在の生活保護世帯などから年収360万円未満の世帯まで広げられた。これも公明党の訴えを反映したものである。
 公明党は、教育の目的を「子どもの幸福」にあると訴えている。それは、一人の子どもをどこまでも大切にし、子どもたちの無限の可能性を開くことだ。その意味で、経済的な理由により教育を受ける機会に格差があってはならない。幼児教育無償化は、機会の均等を図る施策として大きな意味を持つ。また、少子化対策としても注目したい。20〜30代の男女を対象にした内閣府の調査によると、「どのようなことがあれば、もっと子どもがほしいと思うか」との問いに対し、「将来の教育費に対する補助」と「幼稚園・保育所などの費用の補助」が1、2位だった。幼児教育無償化の必要性は明らかだ。幼児教育については、保育所の増設や保育人材の確保などの課題もある。これらについても公明党は、統一地方選の重点政策に掲げ、全力で取り組む方針だ。

| おりはら日記 | 17:00 |
危険個所にガードレールを設置!

 沼木七町内会長との「沼木の将来を語る会」の中で、危険個所として挙げられたのが山形県所有地の中にある水路でした。地元県議会議員と一緒に山形県工業技術センターに赴き話をし、山形市が施工するのであればガードレールの設置については了承するとの話を頂きました。

 設置までに県と市の中で若干の意思疎通が掛けたところがあり、再度地元県議と同センターにお邪魔し、ボタンの掛け違いを修正したりとチョット時間が掛かりましたが、漸く道路維持課から工事完了の連絡を頂きました。

 昨年の新緑の時にこの話がありましたが。

 現在ポールが並んでいますが、コンクリートが固まればポールも除去されます。市民の安全・安心が確保されて本当に良かったと思っています。色々とお骨折り頂いた道路維持課の皆さんにも心から感謝申し上げます。

| 実績 | 15:00 |
全員協議会で平成31年度予算内示!

 全員協議会で平成31年度当初予算が内示されました。一般会計の予算規模は944億1400万円となり、前年度当初予算に比較して1億9200万円、率にして0.2%の増となりました。なお、平成30年度補正予算において国の補正予算に対応し、前倒しした小・中学校空調設備改修事業費23億2807万9千円を加えると、予算規模は967億4207万9千円となり、前年度当初予算に比較して25億2007万9千円、率にして2.7%の増となりました。また、9つの特別会計及び3つの企業会計を含めた全会計の予算総額は1868億6921万5千円で、前年度比0.9%となりました。

 この度の当初予算で、私の一般質問で取り上げた沼木緑地へのグラウンド・ゴルフ場の整備について、年齢を重ねても健康で入れるよう、身近なスポーツを通した健康づくりの推進を図るため、沼木緑地については土を入れ替えて、その一部をグラウンド・ゴルフ場として整備することになり450万円が付きました。

 また、広域環境事務組合において、し尿等の処理を長期的、安定的に行うため、山形広域クリーンセンターの改修に向けた基本計画を策定するための設備改良事業として新規で13,945千円が計上されました。

 教育環境の整備に向けては、南沼原小学校校舎等の改築については民間事業者のノウハウを活用し、良好な教育環境の施設作りを行うためPFI手法による整備を行うとして、平成31年度はアドバイザーやモニタリングの業務委託に加え、PFI事業者を決定し基本設計及び実施設計に着手し、平成34年度中の供用開始を目指すとして、南沼原小学校校舎等改築事業として18,932千円が計上されました。今後、3月定例議会で審議されることになります。

| 議会報告 | 19:00 |
幼児教育、大学など 無償化 閣議決定!

公明新聞 2019年2月13日付を別掲

公明がリード 幼保10月、大学は来春から

幼児教育・保育無償化のイメージ

 政府は12日午前の閣議で、幼児教育・保育を無償化する子ども・子育て支援法改正案と、所得が低い世帯の学生を対象に大学や専門学校など高等教育を無償化する大学等修学支援法案を決定した。いずれも公明党の長年の主張を具体化するもの。今年10月の消費税率10%への引き上げによる増収分を財源に充てる。

 幼保無償化は「小学校、中学校9年間の普通教育無償化以来、70年ぶりの大改革」(12日の衆院予算委員会で安倍晋三首相)とされ、3〜5歳児(就学前3年間)は原則全世帯、0〜2歳児は住民税非課税世帯が対象。10月1日から認可保育所などの利用料が無料になる。公明党のリードで、認可外施設も補助額に上限を設けて無償化される。

 認可保育所や幼稚園(一部を除く)、認定こども園に通う3〜5歳児は世帯の年収にかかわらず全額無料。認可外施設は、共働き世帯など保育の必要性があると認定された3〜5歳児は月3万7000円、0〜2歳児は月4万2000円を、それぞれ上限に補助する。

 給食費は無償化後も引き続き自己負担になるが、公明党の主張で、おかずなどの副食費の免除対象は現在の生活保護世帯などから、年収360万円未満の世帯にまで広げる。

高等教育無償化の支援内容

 一方、高等教育の無償化は2020年4月から実施。公明党の強力なリードで17年度に創設された「給付型奨学金」と、公明党が粘り強く進めてきた「授業料減免」を、対象者・金額ともに大幅拡充する形で行われる。公明党の訴えで、20年4月の入学生に加え在学生も対象となる。

 支援の崖や谷間が生じないよう、給付型奨学金や授業料減免の額は、世帯収入によって段階的に差がつけられる。例えば、両親と本人、中学生の4人家族の場合、年収約270万〜約300万円未満の世帯は住民税非課税世帯の3分の2、年収約300万〜約380万円未満の世帯は同3分の1の額になる。

| おりはら日記 | 17:30 |
風疹の拡大防止へ!

公明新聞 2019年2月11日付を別掲

39〜56歳男性 今春からワクチン無料! 
公明主張し政令改正!

風疹の予防接種を受けるには

 風疹の感染拡大防止に向けた取り組みとして、39〜56歳(1962年4月2日〜1979年4月1日生まれ)の男性の抗体検査と予防接種が、今春から2021年度末までの3年間、原則無料化される。妊婦が風疹に感染すると、赤ちゃんが難聴や白内障などになって生まれる可能性があることを踏まえ、公明党が強く主張してきた。抗体検査などの経費を盛り込んだ18年度第2次補正予算が7日に成立。厚生労働省は1日、予防接種法に基づく定期接種の対象に、この内容を加える政令改正を行った。

39〜56歳男性は、これまで接種の機会がなく、抗体保有率が79.6%と他の世代に比べ10ポイント以上低かった。このため、集中的に予防接種を実施することで、抗体保有率を90%台に引き上げることをめざす。

ワクチンの効率的な活用へ、対象者はまず抗体検査を受け、抗体保有が基準を満たさない場合、予防接種を受ける。いずれも無料。

今後、対象者に市区町村から受診券が届く。短期間に受検希望者が集中すると抗体検査キットが不足する恐れがあることから、19年度はまず、患者数の多い39〜46歳(1972年4月2日〜1979年4月1日生まれ)の男性に受診券を送り、検査を促す。47〜56歳でも、市区町村に連絡すれば受診券が発行される。

抗体検査や予防接種 職場健診、休日・夜間も!

ただ、39〜56歳の男性は“働き盛り”の世代でもある。平日の日中に検査を受けることが難しい人も多いとの公明党の指摘を受け、厚労省は休日・夜間の医療機関や職場の健診などの活用をめざす。1日には、医師会や経営者団体などに協力を要請。居住する市区町村以外での検査も可能となるよう体制整備を急ぐ。

風疹は、妊娠20週ぐらいまでの妊婦が感染した場合、生まれてきた赤ちゃんが難聴や白内障、心臓病などの先天性風疹症候群にかかり、深刻な障がいが残って、死亡するケースもある。風疹患者が1万7000人近くに上った2012〜13年には、45人が同症候群と診断され、そのうち11人が1歳半までに亡くなった。

公明党は、国会・地方議員が連携して、いち早く風疹対策の強化を訴えてきた。昨年11月には、山口那津男代表が18年度第2次補正予算に盛り込むよう主張し、自治体での検査体制強化などの費用として17億円が計上されたほか、19年度予算案にも、前年度比の5倍に当たる12億円が計上されている。なお、第2次補正予算には、立憲民主、国民民主、共産の各党などが反対した。

| おりはら日記 | 09:00 |
投票日まで69日!

 建国記念日、3連休の最終日、そんな中「公明党山形支部語る会」を開催しました。県議会議員選挙投票日まで55日、市議会議員選挙投票日まで69日となりました。

 語る会終了後、自宅にて今後の戦い方について話し合いを行いました。3月には各町内会総会の案内が入ってきます。また、幼保園や小中学校の卒園式や卒業式、4月に入ると入園式や入学式もあります。

 スケジュールを再確認しながら、効果的に「おりはら政信」を訴え、前回の選挙で獲得した折原政信2492票、松田孝男2404票、武田新世2244票、3人合計得票7140票、にそれぞれどれだけ上乗せできるか。

 山形県議会議員選挙山形市区については、定数9に対して、現職7名、新人3名の10名により争われることがほぼ確定しましたが、山形市議会議員選挙(定数33)に立候補する候補者の構図はまだハッキリとは見えてきません。ただ、街角には新しい候補者であろうと思われる後援会看板があちこちに見られるようになりました。また、現在の市議会議員の中で3名はそれぞれの道に、それ以外の議員は現職として次の選挙戦に臨むのではないかとされています。新人の方がどれだけ、どの地域を地盤として立候補するのか、様々な情報をキャッチしながら戦いを進めて行きたいと思います。

| おりはら日記 | 23:23 |
いつの間にか右折信号が?

 ここは、私が毎週火曜日の朝、午前7時30分から午前8時30分の1時間、朝の挨拶と街頭演説を行わせていただいている交差点です。大変に申し訳ありませんが、ここ数回朝の挨拶と街頭演説を休ませていただいていました。

 過日の火曜日に、久々に交差点角に立たせて頂き、恒例の朝の挨拶をさせて頂きました。この時、この交差点の信号機に右折信号が新たに設置されたことに気が付きました。大変にありがたいことだなあと実感しています。今後も、山形市民、地区住民の安全・安心確保のため頑張っていきたいと思います。

| おりはら日記 | 21:00 |
おりはら政信公式サイトへ
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>
+ プロフィール
  • 昭和29年11月24日生まれ
  • 山形商業高校卒業
  • 専修大学Ⅱ部商学部4年中退
  • 東京都世田谷区役所・山形市役所
【現在】
  • 市議会議員(4期目)
  • 環境建設委員会委員
  • 議会運営委員会委員
  • 議会史編さん委員会委員
  • 公明党山形県本部副代表
+ 最近記事
+ カテゴリー別アーカイブ
+ アーカイブ
+ 携帯
qrcode
携帯からも閲覧できます。
このページの先頭へ