おりはら政信Blog

山形市議会議員「おりはら政信」が毎日更新しております!
新しい生活様式!

 5月14日緊急事態宣言が39県に亘って解除されました。そして、5月21日に残っていた8都道府県の内、近畿3府県も解除されました。5都道県は引き続き緊急事態宣言は継続となりました。今後は新しい生活様式でコロナ禍を防ぎコロナ感染症の第二波が起きないようお互いに気をつけて生活して行きましょう。

 本日の山形市分のPCR検査結果では、2件で全て陰性でした。これで山形市は24日連続して陽性が確認されていないことに成ります。引き続き、お互いに感染防止に取り組み一日も早い収束に向けて頑張って参りましょう。

| おりはら日記 | 15:48 |
山形市議政務活動費を巡る住民監査請求を棄却!

 山形市議の2018年どの政務活動費に不適切な支出があったとして、佐藤孝弘山形市長に返還請求するよう求めた市民オンブズマン県会議会員らの住民監査請求で、市監査委員は21日、監査結果を通知した。指摘のあった136件(計約402万円)について、いずれも却下または棄却とし、うち18件(約48万円)については監査期間中に収支報告書が訂正されたとした。

 オンブズマン側は3月24日に監査請求し、同27日に一部を補正した。当時の市議33人のうち28人に関し、▽民間団体との懇親会費、▽市政報告の発送費、▽視察旅費、▽コピー機リース料金、▽ガソリン代などを挙げ、違法・不当な支出の可能性があると指摘していた。

 129件(約354万円)については「違法または不当な支出があったとは認められない」などとして棄却。このうち11件(約30万円)については、後援会活動との案分などで、収支報告書で返還や減額の訂正が行われ、その部分の請求理由が消滅したとした。他の7件(約18万円)については、返還や減額で請求理由が全て消滅したとした。

 オンブズマン側は「市議会が自ら定めた政活費の使途基準を理解していれば、監査期間中に返還するなどあり得ない」と強調。一方、棄却された分について返還を求める住民訴訟を起こすかどうか検討するとしている。   山形新聞5月22日付24面から別掲

 上記の新聞報道の通り、市議会議員33人のうち28人に対しての住民監査請求でありました。5人に対してオンブズマン側は適切と判断したわけですが、その一人は私でありました。指摘の無い人5人に対しては議会事務局側から個別に連絡するとのことで、その他の4名の方は不明です。

 過日、2019年度分の政務活動費の清算を終えましたが、これからも使途基準に準じて使用させて頂きたいと思います。なお、2020年度はコロナ禍の中、政務活動費、月額10万円・年額120万円のところですが、半額の60万円とすることとし6月定例会で条例の一部を訂正することを決定しています。

| 政務活動費 | 08:30 |
霞城公園を散策!

 今日は、霞城公園内を散策させて頂きました。

 最上義光公の馬上からの雄姿ですが、背景に山形城二の丸大手門を入れて見ました。

 本丸一文字門です。

 本丸御殿広場から城壁の内側を撮ってみました。

 県民会館跡地に移設する方向性で進められている国指定重要文化財の旧済生館本館です。

| おりはら日記 | 23:55 |
山形市議会新型コロナウイルス感染症対策本部から提言書!

 本日、市議会新型コロナウイルス感染症対策本部の役員会が開催され、提言書を纏め、午後3時から佐藤孝弘山形市長に対して斎藤武弘本部長(議会議長)から提言書を手渡しさせて頂きました。

 写真は、中央右側から佐藤孝弘山形市長、その右側が、新翔会:菊地健太郎会長、次が市民連合山形市議団:佐藤秀明会長、次が公明党山形市議団:折原政信会長、次が令政会:高橋公夫会長です。中央左側から斎藤武弘本部長:議会議長で、その左側は長谷川幸司副本部長:議会副議長、次が緑政会:武田聡会長、次が共産党山形市議団:今野誠一団長です。

 斎藤武弘本部長から提言書の概要説明があり、各派会長からの発言の時間も取って頂きました。私からはこれまでの取り組みについて謝意を述べるとともに、山形市の優れているところ(特別定額給付金に支給不要のチェックを除外など)をもっとアピールして欲しい、そして議会と執行部が両輪の如くコロナ禍の収束に向けて頑張って行きましょうと述べさせていただきました。

 また、山形市議会として政務活動費の半額60万円の返還と常任委員会及び議会運営委員会の視察を返上し、約総額2700万円をコロナ禍対策に活用して頂くように6月定例会で条例の改正を行うことを斎藤武弘本部長からお話をさせて頂きました。

| 議会報告 | 16:30 |
南沼原小学校校舎等改築促進協議会!

 本日、南沼原小学校音楽室で南沼原小学校改築推進協議会が開催されました。本来は、協議役員が一堂に会して行われる会議ですが、新型コロナウイルス感染症対策として役員を3分割して行われました。

 山形市教委から出席して頂き、新校舎の概要や今後の予定計画について施設整備室長からご説明を受けた後、質疑応答をさせて頂きました。上の写真は、南東上空から見る長かん図になります。スケジュールとしては、令和2年10月から新校舎建設工事が始まり、令和4年11月に引き渡し、11月から新校舎での学習が始まる予定とのことでした。事故なく、予定通り建設が進むことを心から願います。

| おりはら日記 | 22:30 |
特別定額給付金に関するお願い!

 我が家にもようやく特別定額給付金の申請書が届きました。この中で、「特別定額給付金に関するお願い」が入っていました。改めて、別掲させて頂きます。

 特別定額給付金は、大切な生活支援であり、かつ、地域経済にも大きな波及効果を生み出すものです。市民の皆様には、給付金の申請を辞退せず、全員に受け取っていただき、山形市内で有効に使っていただくことや、市内でひつようとされるところへ寄附をいただくなど地域のために生かすことをお願いいたします。

 山形市へ寄附する時は、【山形市の新型コロナウイルス感染症対策に使ってほしい】・・・山形市総務部防災対策課(内線380)、【コンサートが開催ができない山形交響楽団を応援したい】・・・山形市企画調整部文化振興課(内線638)、【山形市民に関する福祉全般に使ってほしい】・・・山形市福祉推進部生活福祉課(内線588)

 給付金の詐欺に注意してください。市町村や総務省などが、仝酋蘯動預払機(ATM)の操作をお願いすることはありません。⊆給に当たり手数料の振込を求めることはありません。メールを送り、URLをクリックして申請手続きを求めることはありません。絶対に、★暗証番号★通帳★口座番号★キャッシュカード★マイナンバー、教えないでください。渡さないでください。

| おりはら日記 | 22:00 |
特別定額給付金について!

特別定額給付金について、佐藤孝弘山形市長からのメッセージを別掲させて頂きます。

 山形市の特別定額給付金の状況です。一刻も早く必要とされる皆様への申請の特例を活用の方への振り込みがすでに始まっています。12日と15日あわせて1851世帯、5億1320万円が既に入金されました。

 通常の申請手続きについては、既にお知らせしていた通り、14日より順次申請書を郵送しております。山形市は人口が多い分膨大な量になりますので、14日に届いた方もいれば、15日、16日と、順次届いているところです。まだの方もいらっしゃると思いますが、概ね明後日までには市内全域に申請書が届く予定です。

 通常申請分につきまして、第一回目の振り込みが22日。その後、順次入金してまいります。なお、申請に際しては、記載ミスや添付書類漏れにお気をつけてください。

 特別定額給付金室の職員や応援の職員も、なるべく早く正確に市民の皆様にお届けすべく土日返上で全力で取り組んでおります。ご理解のほど何卒よろしくお願いいたします。

 市民の皆様から、特別定額給付金についてお問い合わせを頂きます。佐藤市長が話されている通り、申請書が届かない場合はもう少しお待ちください。来ましたら、必要事項を記入、添付書類の漏れのように返送用封筒に入れて提出して下さい。と申し上げています。実は私の所にも、まだ、申請書は届いていません。遅くとも20日までには行き亘ると言うことなので楽しみにして待ちたいと思います。

| おりはら日記 | 23:45 |
おりはら政信公式サイトへ
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
+ プロフィール
  • 昭和29年11月24日生まれ
  • 山形商業高校卒業
  • 専修大学Ⅱ部商学部4年中退
  • 東京都世田谷区役所・山形市役所
【現在】
  • 市議会議員(4期目)
  • 環境建設委員会委員
  • 議会運営委員会委員
  • 議会史編さん委員会委員
  • 公明党山形県本部副代表
+ 最近記事
+ カテゴリー別アーカイブ
+ アーカイブ
+ 携帯
qrcode
携帯からも閲覧できます。
このページの先頭へ