おりはら政信Blog

山形市議会議員「おりはら政信」が毎日更新しております!
全国市議会議長会研究フォーラム(第2日目)

 全国市議会議長会研究フォーラム2日目は、昨日に引き続き江藤俊昭氏をコーディネーターにして、課題討議を行いました。事例報告者は、桑田鉄男氏(久慈市議会副議長)、伊藤健太郎氏(新潟市議会議員 新潟市議会主権者教育推進プロジェクトチームリーダー)、ビアンキ アンソニー氏(犬山市議会議長)、道法知江氏(竹原市議会議長)の4名です。

 各議会とも地域の特性や条件等により内容等はマチマチです。そうした中にあって、市民の代表である全国の市議会議員や区議会議員が一堂に集まり、事例を発表しあい質疑応答や情報交換を行うことは大変に良いことだと思います。この中から様々な発想が生まれ、新たな取り組みが出来たら最高だと思います。今、議員の成りて不足や低投票率の問題も深刻化しています。いよいよ明年4月には統一地方選挙も実施されます。山形市議会議員選挙では成りて不足はないと思いますが、投票率のアップについてはどのような形で市民にアピールしていくか、選挙管理委員会の取り組みだけを避難するのではなく、訴える側(候補者)もしっかりと考え検証していく必要があると思います。

 閉会式の後、これまで何回か申し込んでも外れていた視察に同行しました。Aコース、Bコース、Cコース、Eコース、Gコースとありますが、私たちが申し込んだCコースは、那須烏山市 ユネスコ無形文化遺産・近代化遺産活用事例視察です。二日目はこちらの視察内容を写真でお届けしたいと思います。

 ユネスコ無形文化遺産 国指定重要無形民俗文化財 山あげ祭、那須烏山市最大のお祭り「山あげ祭」をここ山あげ会館で体感することが出来ました。

 実際の舞台と町並みを5分の1に縮尺した山あげ祭のミニチュア劇の始まり始まりです。

 名物ロボット「勘助じいさん」が栃木訛りで面白おかしくお祭りを説明してくれました。

 屋台展示場です。大きなスクリーンで山あげ祭の準備から当日までのドキュメント映像は迫力と祭りにかける意気込み・伝統・儀式を垣間見ることが出来ました。山あげ祭は、450年以上の歴史を誇る、絢爛豪華な野外劇で道路上100mにも及ぶ舞台が設置されます。烏山和紙を使った背景の「はりか山」(大山:高さ約10m、中山:高さ約7m、前山:高さ約5m)や館、橋、波などが配置され、舞台の進行に伴い様々に変化していきます。毎年7月の第4土曜日を含む金、土、日に開催されるとのことです。

 烏山和紙会館にお邪魔しました。病院を買い取ってクラフト館も併設されています。

 最後にお邪魔したのが土木学会選奨土木遺産・那須烏山市近代化遺産のどうくつ酒蔵です。この洞窟は、第二次世界大戦末期に戦車を製造するために建造された地下工場跡です。昭和19年11月に東京動力機械製造蠅料続が決まり、山裾に半地下式工場が建造され、隣接してこの地下場も作られたとのこと。半地下式工場では終戦までに約20台の戦車が製造されたとのことですが、地下工場では戦車を製造することなく終戦を迎えたとのことでした。たて抗100m3本、横抗60m5本、延べ600mの中に瓶囲熟成酒を保管しています。

 ^貳姪なタンク貯蔵は瓶詰までに2回の熱処理を行いますが、どうくつ貯蔵酒は直接瓶詰の1回の熱処理のため、酒質の変化を最小限に抑えると共に、熟成したそのままを届けることが出来ます。太陽光線がまったく入らないので、日光による変化がありません。G間を通じ、どうくつ内温度は平均10℃、季節によりプラスマイナス5℃で、清酒の熟成には最適温度であると共に、その四季を通じた温度差により、瓶内で対流が生じ常に品質が均一化された状況で熟成されるとのこと。昭和45年から大吟醸酒の熟成酒造りの取り組みを開始し、現在でも1年もかけることなく各年最高品質の大吟醸酒を保有。今はオーナー制度も行っているとのことでした。

| 視察報告 | 23:55 |
全国市議会議長会研究フォーラム(第1日目)

 今日から二日間に亘って開催される、第13回全国市議会議長会研究フォーラムin宇都宮に参加のため宇都宮市に来ています。

 午後1時から開会式があり、その後第1部の基調講演「共生社会と地方自治体」と題して宮本太郎中央大学法学部教授より講演がありました。宮本教授は人口減少社会の中で、就労や定年後の地域デビューといった住民が活躍する場の必要性を話され、「ずっと出番のあるまち、多様な『縁』を作ることが大切だ」と訴えられました。

 第2部は、「議会と住民の関係について」と題して、江藤俊昭氏(山梨学院大学大学院研究科長・法学部教授)をコーディネーターにして、今井照氏(公益財団法人地方自治総合研究所主任研究員)、本田節氏(有限会社ひまわり亭代表取締役 食・農・人総合研究所リュウキンカの郷主宰)、神田誠司氏(朝日新聞大阪本社地域報道部記者)、小林紀夫氏(宇都宮市議会議長)の4人がパネリストになり話し合いが進められました。

 本田氏は、住民から信頼される議員の要素として、議会人としての使命感や誇りとともに「住民参加型の活動に積極的に参加し、問題を把握することが大切だ」と話されました。また、小林議長は「議会と住民の関係を近づけるためには、大選挙区の解消も方法の一つと考えられる」と問題提起をされました。神田氏は若年世代や女性が少ない地方議会の現状を取り上げられました。前日、議会報告会を開催し、地域の方々からの多様な意見を聞きましたが、改めて議員は住民の声を聞く技量を高める必要があると実感しました。

| 視察報告 | 23:55 |
議会報告会(高瀬コミュニティセンター)

 今年2回目となる議会報告会を高瀬コミュニティセンターで開催しました。前回も沢山の方々からご出席いただきましたが、今回も40数名の方々からご出席いただき有意義な意見交換をすることが出来ました。この位集まって頂くと地域の皆様の関心の高さを実感します。

 会議室に貼られていた紅花の里高瀬の前で自撮りさせて頂きました。報告会では鳥獣対策について、高瀬地区の紅花への助成について、仙山連携について、日本遺産認定“山寺・紅花文化”について等に活発な意見や要望が出されました。

 長谷川幸司議員も環境建設委員ですが、この度は私から9月議会での決算や補正予算について説明をさせて頂きました。

| 議会報告 | 23:45 |
えんどう利明 政経セミナー2018in山形ほか!

 山形グランドホテルで開催された、衆議院議員 遠藤利明 政経セミナー2018in山形に出席させて頂きました。一部では、田嶋幸三日本サッカー協会会長からご講演をいただきました。

 遠藤代議士は、山形新幹線の東京から山形間の1時間台を目指す考えを改めて示し、「ミニ新幹線の高速化か、フル規格化で行くか。どういう選択肢になるか分からないが、皆さんと話しをしながら成し遂げたい」と話がありました。来賓あいさつでは、佐藤孝弘山形市長や友党として菊池文昭県議会議員(公明党山形県本部代表)等から挨拶がありました。

 午前中は政務活動費の整理を行い、午後からは公明新聞の取材並びに会派打ち合わせ等を行なわせていただきました。

| おりはら日記 | 23:55 |
公明党庄内総支部大会!

 鶴岡市藤島(出羽商工会館大ホール)で開催された公明党庄内総支部大会に出席し、県副代表として挨拶をさせて頂きました。

 秋葉雄県幹事長(庄内総支部長)から蠑姥鬟魁璽櫂譟璽轡腑鸞緝充萃役 國井英夫氏の講師紹介があり、「地域公共交通の未来像」と題して講演をしていただきました。何時も庄内総支部の会合に参加させていただくと触発されます。黒井浩之鶴岡市議会議員、富樫正毅鶴岡市議会議員、秋葉雄鶴岡市議会議員、佐藤猛酒田市議会議員がそれぞれ役割分担して素晴らしい総支部大会となったと思います。

 山形総支部も11月17日(土)午後7時から山形ビッグウィングで横山信一参議院議員をお迎えして、公明党山形総支部大会を開催します。明日、大成功に向けて打ち合わせを行うことになっています。

| おりはら日記 | 21:30 |
統一地方選法案を閣議決定!

 政府は9日の閣議で、2019年の統一地方選の投票日を、道府県と政令市の首長・議員選挙は4月第1日曜日の4月7日、その他の東京特別区と一般市、町村の首長・議員選挙は4月第3日曜日の4月21日とする臨時特例法案を決定しました。

 公職選挙法では、地方自治体の首長や議員の選挙は任期満了日前の30日以内に行うと定められています。ただ、国民の選挙への関心を高めるため、4年に一度、特例法を制定し日程を統一しています。2019年の統一選は、原則として3月1日から5月31日までに任期が満了する首長と議員が対象となります。政府は今国会中に特例法案の成立を図ることになります。

 これにより、山形県議会議員選挙は3月29日告示・4月7日投開票、山形市議会議員選挙は4月14日告示・4月21日投開票という日程が決定されたことになります。本来ならば、第2日曜日と第4日曜日が投票日となるはずでしたが、明年4月30日は天皇陛下の退位、5月1日は新天皇即位を控え、通常より1週間ずつ早めたものと思います。

 なお、山形県議会議員唯一の公明党議員である菊池文昭県議会議員(県代表)は、11月1日の中央幹事会で第16次公認候補として決定され、11月2日付の公明新聞に、山形県【山形市=定数9】菊池文昭 55 現として掲載されています。

| おりはら日記 | 05:00 |
Y-biz山形市売上増進支援センター 相談予約受付開始!

 山形市公式ホームページ なんたっすやまがたのトップページに、公明党山形市議団で提案・推進(平成28年10月21日に公明党山形市議団で富士市のf-bizを視察、その後一般質問や政策提言で山形版のf-bizの設置を提案)してきた、Y-bizワイビズ(山形市売上増進支援センター)の相談予約受付開始のお知らせが掲載されていました。このY-bizは、まだまだ中小企業経営者の方々には知れ渡っていません。無料で中小企業等のビジネスコンサルティングを行うもので、相談業務は2019年1月4日(金)の官公庁の仕事始めの日から開始されますが、相談予約受付は2018年11月15日(木)から開始されます。詳しくは、下記部分をご覧ください。

山形市売上増進支援センターY-biz開設準備中! 

 山形市では、富士市産業支援センターf-Bizをモデルとし、公的機関によるビジネスコンサルティングを行う山形市売上増進支援センターY-biz(以下「Y-biz」)の開設準備を進めています。運営は、市と関係機関で構成する山形市ビジネスサポート協議会に委託して行います。

Y-bizの概要

(1)設置趣旨

 地域経済の活性化には、地元企業が利益を増やし、新たな雇用を創出することが必要不可欠です。経営上の課題を抱える中小企業等のあらゆる問題の解決と売上アップに向けて、関係機関が一体となって伴走型支援を行い、地域経済の活性化に全力でチャレンジしていきます。

(2)主な事業

 相談業務等を中心とした「人による支援」を展開します。 対話を通じて相談者の持つ価値を見出し、強みを生かした具体的な課題解決策や売上増加策を提案します。

(3)支援の対象者

 原則として山形市内の中小企業等(小規模事業者や個人事業者、NPOを含み、産業分野を問わない)

(4)利用料金

 無料(1回60分を目安とし、何度でも利用可)

(5)開設場所

 山形市旅篭町三丁目5番1号 須藤ビル1階

(6)相談員

 全国公募を行い、国内外164名の中から選ばれた次の2人が相談業務を担当します(平成30年10月1日就任)。なお、2人は12月21日まで富士市産業支援センターf-Bizで実地研修を行います。
・センター長  富松 希
・プロジェクトマネージャー 尾上 雄亮

(7)公式ウェブサイト

http://y-biz.info/

(8)公式facebookページ

https://www.facebook.com/ybiz.yamagata/

(9)チラシ(ダウンロード)

/kakuka/shoko/koyososyutsu/sogo/y-biz/

pictures_files/kickoff_chirashi.pdf
 

今後のスケジュール

事前相談予約受付開始

 平成30年11月15日(木) ※チラシ掲載のFAX申込書、電話、またはメールによりお申込ください。

Y-biz開所式、オープニングイベント

 平成30年12月13日(木)

相談業務開始

 平成31年1月4日(金)
 

山形市ビジネスサポート協議会の概要

(1)目的

 中小企業者の売上増進や販路拡大を支援し、地域経済の活性化と雇用の創出を図る。

(2)組織

 々柔員
  山形市、山形商工会議所、山形県中小企業団体中央会、株式会社山形銀行、株式会社荘内銀行、株式会社きらやか銀行
 ▲ブザーバー
  公益財団法人山形県企業振興公社、山形県信用保証協会

(3)設立日

  平成30年4月1日


| おりはら日記 | 13:30 |
おりはら政信公式サイトへ
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
+ プロフィール
  • 昭和29年11月24日生まれ
  • 山形商業高校卒業
  • 専修大学Ⅱ部商学部4年中退
  • 東京都世田谷区役所・山形市役所
【現在】
  • 市議会議員(4期目)
  • 環境建設委員会委員
  • 議会運営委員会委員
  • 議会史編さん委員会委員
  • 公明党山形県本部副代表
+ 最近記事
+ カテゴリー別アーカイブ
+ アーカイブ
+ 携帯
qrcode
携帯からも閲覧できます。
このページの先頭へ