おりはら政信Blog

山形市議会議員「おりはら政信」が毎日更新しております!
2商店街、歩道の一部をテラスに活用!

 山形市の大手門通りすずらん商店街振興組合と協同組合旭銀座のれん会などは10日、歩道の一部をテラスとして活用する実証実験を15日から行うと発表しました。国土交通省が新型コロナウイルス感染症対策の緊急措置として道路占用の許可基準を緩和したことを受け、県内で初めて取り組むことになります。暫定的に飲食店がテラス席で飲食物を提供できるようになり、感染を予防する「新しい生活様式」に対応した営業の方策を探ることになります。
 許可基準の緩和は、新型コロナの影響を受ける飲食店などを支援するための措置として、地方公共団体と地域住民・団体などが一体となって取り組む路上利用に対して、先月から適用されています。山形市の2組合は山形エリアマネジメント協議会の支援を得て道路の占用と使用の申請手続きを行い、許可されました。占用料は付近の清掃に協力することで全額免除されることになります。
 両組合は「商店街テラス化プロジェクト」と銘打って取り組み、計画では、交通に支障を来さないよう店舗に面した歩道のうち店側の幅0・8メートル分をテラスとして使い、密閉、密集、密接の「3密」を回避する形で1店当たり間口にテーブル1〜3卓、椅子2〜6脚を設置することにしています。
 すずらん商店街は、香澄町1、2丁目の県道下原山形停車場線約350メートル区間で、8月30日までの毎日午後5〜10時、居酒屋を中心に10店舗が参加して行います。旭銀座のれん会は七日町2丁目の市道旭座前通線(シネマ通り)約130メートル区間で、11月30日までの毎日午前11時〜午後6時まで、カフェなどの4店舗が取り組みます。
 参加店舗は今後、増える可能性があると見込んでいます。同協議会は「開放感のあるテラス席で飲食を楽しんでもらえれば。実験を踏まえ、今後の中心市街地のまちづくりにもつなげたい」としています。

 道路の占用と使用はその道路を管理する山形市が許可することに成り、こうした動きに理解を示し路上利用を許可したことに高く評価したいと思います。新しい生活様式を厳守しながら街の活性化と経済の回復に向けて頑張って欲しいと思います。 山形新聞7月11日付けを別掲するとともに私の思いも含ませて頂きました。

| おりはら日記 | 21:00 |
おりはら政信公式サイトへ
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
+ プロフィール
  • 昭和29年11月24日生まれ
  • 山形商業高校卒業
  • 専修大学Ⅱ部商学部4年中退
  • 東京都世田谷区役所・山形市役所
【現在】
  • 市議会議員(4期目)
  • 環境建設委員会委員
  • 議会運営委員会委員
  • 議会史編さん委員会委員
  • 公明党山形県本部副代表
+ 最近記事
+ カテゴリー別アーカイブ
+ アーカイブ
+ 携帯
qrcode
携帯からも閲覧できます。
このページの先頭へ