おりはら政信Blog

山形市議会議員「おりはら政信」が毎日更新しております!
プロ野球開幕!

 プロ野球がコロナ禍の中、開幕しました。巨人対阪神戦をTVで観戦しました。最後まで見ることが出来ませんでしたが、3対2で巨人が開幕戦に勝利し、プロ野球史上初の球団通算6000勝を達成しました。

 歴史を紐解いてみると、球団初勝利は、昭和36年7月3日大東京戦で10−1で快勝したのを皮切りに、昭和のV9・平成の2度のリーグ3連覇などリーグ37度の優勝を誇り、常勝軍団と位置付けられ常に勝利を求められる球団です。

 勝利監督の通算では、1位が川上哲治監督の1066勝、2位が長嶋茂雄監督の1034勝、3位が原辰徳監督の1025勝となっており、このまま行けば今年で1位に躍り出ることとなります。また、原監督は、5000勝・5500勝・6000勝での3回目の監督勝利となりました。これで、3000勝・4000勝・4500勝の勝利監督である長嶋監督と並びました。因みに3500勝は王貞治監督でした。

【巨人・長嶋茂雄終身名誉監督のメッセージと6000勝へのコメント】 「これまで人類が経験し得なかった先を見通すことができないという、困難な状況にあったにもかかわらずこうして日本のプロ野球が開幕できたことは、まさに万感の思いです。日本野球機構、球団関係者、選手の皆さま、ならびに今まで心待ちにしてくださったファンの皆さまには本当に感謝の気持ちでいっぱいです。 私には、これまでの尽力が見えない敵には屈しない、という野球人としての意思表示であったように思えてなりません。またこの国から野球という灯を消してたまるか、という決意であったようにも思えます。本日の開幕は、私の野球人としての矜持(きょうじ)を思い起こしてくれました。試合前、チームにはメッセージを送りました。『俺たちは野球ができるんだ!という喜びをかみしめてプレーしてほしい。GIANTSのユニホームに誇りを持ってプレーしてほしい。あとは原監督を信じて一丸となれば、おのずと結果はついてくる』と。3カ月遅れの球音が、再びこの国を元気にしてくれることを願ってやみません」

 「6000勝の中には、歓喜の1勝も、苦しみ抜いて勝ち取った1勝もありました。巨人軍の長い歴史には常にファンの方々の大声援があり、苦しい時も背中を押していただき、勇気をもらいました。新型コロナウイルスの影響で無観客での開幕になりましたが、ファンの方あってのプロ野球であり、6000勝はまだまだ通過点です。今年はリーグ連覇、そして昨年果たせなかった日本一奪回という目標に向かって邁進してください。」

| おりはら日記 | 08:30 |
おりはら政信公式サイトへ
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
+ プロフィール
  • 昭和29年11月24日生まれ
  • 山形商業高校卒業
  • 専修大学Ⅱ部商学部4年中退
  • 東京都世田谷区役所・山形市役所
【現在】
  • 市議会議員(4期目)
  • 環境建設委員会委員
  • 議会運営委員会委員
  • 議会史編さん委員会委員
  • 公明党山形県本部副代表
+ 最近記事
+ カテゴリー別アーカイブ
+ アーカイブ
+ 携帯
qrcode
携帯からも閲覧できます。
このページの先頭へ