おりはら政信Blog

山形市議会議員「おりはら政信」が毎日更新しております!
森林産業活性化推進議員連盟の研修会ほか!

 

 森林産業活性化推進山形市議会議員連盟の研修会で、村木沢地内キワダ山の林業専用道路や上野の民有林間伐事業、蔵王・同志平民有林、山形木造住宅プレカットシステムを見て回りました。

 キワダ山線は、蛇ノ峯市有林及び私有林を対象森林として開設延長2082m、幅員3.5mで、第1期が平成24年〜26年で2880mを森林整備促進・林業等再生事業で整備し、現在は平成27年〜令和元年までを第2期を2082mを民有林林道整備事業として総事業費1億1674万円(約56000円/m)で整備しているもので今年が最終年度と言うことでした。

 林道をバスで登って行く際に所々に設置されていて気になったのが、今私が触っている止水エースと言うものです。雨が降った時に其のままにしておくと林道を雨水が滝のように流れてしまうので、このゴム製の止水エースで脇に雨水を流す仕組みとなっているとのことでした。また、林道の斜度が8%以上の場合は砂利からコンクリート舗装をしなければならないとのことでした。

 蔵王上野の民有林では伐採する手順やプロセッサーで間伐や枝打ち等や間隔で切って行くところを見学させて頂きました。プロセッサーは一台2500万円するとのことでした。荒廃した森林が増える中、森林組合と連携しながら計画的に民有林の施業集約化と市独自の嵩上補助を実施しながら森林を守り荒廃しないように事業展開をしていることが良く分かりました。しかし、これらを行う上で、国からの補助及び材木を売り上げたとしても森林所有者の収入は微々たるものでした。午後からは、木材の加工システムを見学する予定でしたが、別な会合に出席するために退座させて頂きました。

 そして、脳脊髄液減少症で大変にお世話を頂いている山形大学医学部参与の嘉山孝正先生に、患者代表の中井宏さんと菊池県代表、公明党山形市議団3名でお邪魔し、患者会からの要望と公明党脳脊髄液減少症PTから預かってきた書状を手渡しさせて頂きました。嘉山先生と直接名刺交換をさせて頂き、お話を聞く機会を得て、大変有意義な時間を過ごさせて頂きました。脳脊髄液減少症の原因も突き止められたが、医師としての患者に対してどう伝えていくのか、脳外科や整形外科学会への周知、書籍執筆等など大変貴重なお話をお伺いでき勉強になりました。

| おりはら日記 | 22:15 |
おりはら政信公式サイトへ
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
+ プロフィール
  • 昭和29年11月24日生まれ
  • 山形商業高校卒業
  • 専修大学Ⅱ部商学部4年中退
  • 東京都世田谷区役所・山形市役所
【現在】
  • 市議会議員(4期目)
  • 環境建設委員会委員
  • 議会運営委員会委員
  • 議会史編さん委員会委員
  • 公明党山形県本部副代表
+ 最近記事
+ カテゴリー別アーカイブ
+ アーカイブ
+ 携帯
qrcode
携帯からも閲覧できます。
このページの先頭へ