おりはら政信Blog

山形市議会議員「おりはら政信」が毎日更新しております!
参院選の最大の争点は!

 毎日、各企業にお邪魔して朝礼の中でご挨拶をさせて頂いています。この中で一番最初に話すことはこの度の参院選の最大の争点はと言うことで、引き続き自公による安定的政権基盤をつくれるかどうかだと訴えています。旧民主党政権から交代して6年半が経ちますが、自民党は経済、財政、外交、安全保障など政策が強く、一方、公明党は身近な生活者の目線で小さい声を取り上げて課題を解決しています。自公それぞれの良さがかみ合っているからこそ、安定した政権運営ができていると思っています。
 そのためには、32ある1人区でしっかりと自民党の候補者が勝利を収めることが大切であり、公明党は自民党候補を全員推薦して候補者名を訴えています。山形選挙区では、大沼みずほ参議院議員の2期目の当選が大切であり、国政と太いパイプを持つことが山形市政の発展に繋がると確信しています。

 一方、自公政権の一翼を担う私たち公明党は、7選挙区(埼玉・東京・神奈川・兵庫・大阪・愛知・福岡)での完勝と比例区で6人以上の当選を目指しており、中でも北海道・東北の重点候補者である『若松かねしげ』参議院議員の2期目の当選を訴えさせて頂いています。

 『若松かねしげ』候補は、福島県石川町の出身で幼少期に家業が倒産して働きながら夜学に通い、4年生の時に公認会計士の資格を取った人であり、誰よりも苦労が分かる人であります。そして、公認会計士で初の国会議員となり3兆円の歳出削減を行いました。また、東日本大震災では1000回以上の被災地訪問、台風等の被害が発生した時はいち早く現地に赴き被災地に寄り添った提案をして実現しています。また、公認会計士や税理士等の経験を生かしながら3000件に及ぶ企業・団体を財政再建した経済のプロであります。

 『若松かねしげ』候補は、東日本大震災から10年経つと復興庁がなくなることから、自然災害を含め様々な災害に対応できる防災庁の創設を目指しています。また、東北を「再生可能エネルギー(太陽光・風力・水力)」、「新エネルギー(水素)」の日本最大の供給地域にして、経済の活性化を図っていくとして、既に福島県浪江町に再生可能エネルギーを利用して新エネルギーの水素を製造・貯蓄する施設の建設促進を図っています。

 どうぞ、比例区は若松かねしげ、選挙区は大沼瑞穂とお決め頂き、安定した政権のもと、世界に誇れる日本、未来の子ども達に負担を強いるのではなく希望と夢を与えられる日本となるよう、皆様方からの大きなご支援を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

| おりはら日記 | 23:45 |
おりはら政信公式サイトへ
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
+ プロフィール
  • 昭和29年11月24日生まれ
  • 山形商業高校卒業
  • 専修大学Ⅱ部商学部4年中退
  • 東京都世田谷区役所・山形市役所
【現在】
  • 市議会議員(4期目)
  • 環境建設委員会委員
  • 議会運営委員会委員
  • 議会史編さん委員会委員
  • 公明党山形県本部副代表
+ 最近記事
+ カテゴリー別アーカイブ
+ アーカイブ
+ 携帯
qrcode
携帯からも閲覧できます。
このページの先頭へ