おりはら政信Blog

山形市議会議員「おりはら政信」が毎日更新しております!
公明党こそ日本安定の要!

 毎月1回1日発行の公明KOMEI7月号の山口なつお・公明党代表に聞くからの抜粋です。どうぞ最後までご一読下さい。

山口:参院選は令和時代の最初の国政選挙であり、公明党にとっては統一選に続き、国政レベルでもネットワークの基盤を強化して、全国的なものに仕上げていく重要な戦いだ。他党を見れば、国政で与党の経験がなく責任感に乏しい政党もあれば、国会議員がいても地方議員が極めて少ない政党もある。これでは地域の声を受け止めることも、国政で決めたことを全国の自治体に浸透させることもやりきれない。

 公明党は市区町村の議員数では第一党であり、ここが国民の声を聴く大きな役割を担っている。どんな小さな声も受け止めてネットワークの力で実現することにより、国民が政治の大切さや、自分の声が届くことを実感し、それが政治の安定につながっている。公明党の存在こそが日本の安定の要であることを、強く訴えていきたい。

 今、世界を見ると、対立や分断をあおる風潮があったり、混乱をなかなか収められない現象も起きている。第二次世界大戦後の国際協調の枠組みが挑戦にさらされ、新たな時代にふさわしい国際秩序がつくられようとしている中で、日本の政党にも確固たる政治の理念を持つことが求められている。

 公明党は『(生命・生活・生存)を最大に尊重する人間主義』を綱領に掲げ、理念の中核にしてきた。そして、分断に終わらせず合意形成に導く中道の政治を貫いてきた。公明党の議員は『大衆とともに』の立党精神を日々、実践し、老若男女あらゆる人々の生の声を聴くことにより、大衆から遊離しない最適解を導き出す。それが合意形成を生み出す力のもとになっている。

 公明党が、こうした戦いを続けられるかどうかの試金石が参院選だ。目標に掲げる7選挙区完勝と比例区6議席以上の獲得を達成すれば、参院では現行の選挙制度となって過去最多の議席数となる。過去の歴史を見ても、日本の政治を動かす原動力は参議院の存在だった。公明党の勝利によって、国際社会が評価する政治の安定を維持し、国内外に山積する課題解決の突破口を開いていきたい。

| おりはら日記 | 07:07 |
おりはら政信公式サイトへ
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
+ プロフィール
  • 昭和29年11月24日生まれ
  • 山形商業高校卒業
  • 専修大学Ⅱ部商学部4年中退
  • 東京都世田谷区役所・山形市役所
【現在】
  • 市議会議員(4期目)
  • 環境建設委員会委員
  • 議会運営委員会委員
  • 議会史編さん委員会委員
  • 公明党山形県本部副代表
+ 最近記事
+ カテゴリー別アーカイブ
+ アーカイブ
+ 携帯
qrcode
携帯からも閲覧できます。
このページの先頭へ