おりはら政信Blog

山形市議会議員「おりはら政信」が毎日更新しております!
新元号「令和」5月1日に施行!

「花」咲かせる願い込め 
国書で初、万葉集が由来 

政府は1日の臨時閣議で、新たな元号を「令和(れいわ)」と決定した。5月1日の皇太子さまの新天皇即位に合わせ、同日午前0時に元号が平成から改まる。現存する日本最古の歌集である「万葉集」が由来で、歌人の大伴旅人の漢文から引用した。確認できる限り、日本の元号の典拠が日本古典(国書)となるのは初めて。

菅義偉官房長官が記者会見で、墨書された新元号を発表。安倍晋三首相も会見して談話を読み上げた。首相は「日本の国柄をしっかりと次の時代へと引き継ぎ、日本人がそれぞれの花を大きく咲かせることができる日本でありたいとの願いを込めた」と説明した。

「万葉集」の「初春の令月にして、気淑く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫らす」が典拠。考案者は公表しない。政府は令和を含む六つの原案を提示したが、選に漏れた候補も明らかにしない。

過去の元号に「令」の字が使われたことはなく、政府関係者によると「令和」が候補となったこともないとみられる。新元号は645年の「大化」以来248番目。これまで日本の元号の由来は確認できる限り全て中国古典(漢籍)だった。

政府は3月14日、国文学、漢文学などを専門とする複数の学者に新元号の考案を正式に依頼。菅長官が六つの原案に絞り込み、有識者による「元号に関する懇談会」と衆参両院正副議長に提示し、意見を聴いた。全閣僚会議で協議し、臨時閣議で新元号を定める政令を決定した。令和への異論は出なかった。

発表直前に天皇陛下と皇太子さまに伝えられた。政令は直ちに陛下が署名して官報に掲載、公布された。5月1日に施行される。

改元は、憲政史上初めてとなる天皇退位に伴うもの。国民生活への影響を最小限に抑える観点から、改元1カ月前に発表した。1989年1月から始まった平成は、4月30日の陛下の退位とともに幕を閉じる。

漢字2文字 理想表す

元号、現在は日本のみ使用

特定の年代に漢字の名前を付ける元号(年号)は中国・前漢の武帝の時代から始まった。ベトナムや朝鮮にも広がったが、現在も使われているのは日本だけだ。発祥の地である中国では清の滅亡とともに廃止され、現在は西暦が用いられている。

日本で最初の元号である「大化」は645年に定められた。しかし、続く「白雉」「朱鳥」とも実際にはほとんど使われなかったとみられている。

4番目の「大宝」(701年)以降、公文書には全て元号を用いると定められたことで定着。「天平勝宝」のように漢字4文字が使われたり、南北朝時代に二つの元号が並立したりした時期もあるが、基本的には漢字2文字を使った元号が現在まで切れ目なく続いている。

江戸時代までは天皇の即位だけでなく吉兆や災害などでも改元していたため、一つの元号の平均期間は短く、十干十二支と併せて使われていたと考えられている。

明治への改元とともに天皇1代で元号一つとする「一世一元の制」が定められ、天皇と元号の結び付きが強まった。

戦後に皇室典範が改正され、元号は法的根拠のない単なる慣習となった。このため一時は廃止論も唱えられたが、1979年に元号法が成立。近年はグローバル化の進展もあり、日常生活では西暦使用が拡大しているが、公文書などでは今も原則として元号が使われている。

元号に詳しい所功・京都産業大名誉教授(日本法制史)は「年の名前を漢字で表すことで、そこに理想や希望を込めることができる。西暦と元号は矛盾するものではなく、うまく使い分けることで日常生活の役に立つ」と話している。

| おりはら日記 | 23:45 |
おりはら政信公式サイトへ
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
+ プロフィール
  • 昭和29年11月24日生まれ
  • 山形商業高校卒業
  • 専修大学Ⅱ部商学部4年中退
  • 東京都世田谷区役所・山形市役所
【現在】
  • 市議会議員(4期目)
  • 環境建設委員会委員
  • 議会運営委員会委員
  • 議会史編さん委員会委員
  • 公明党山形県本部副代表
+ 最近記事
+ カテゴリー別アーカイブ
+ アーカイブ
+ 携帯
qrcode
携帯からも閲覧できます。
このページの先頭へ