おりはら政信Blog

山形市議会議員「おりはら政信」が毎日更新しております!
新スタジアム整備基本構想!

 サッカーJ2・モンテディオ山形の本拠地を想定した新スタジアムについて、建設、運営などの主体となる「新スタジアム推進事業株式会社」は27日、整備基本計画の概要を公表しました。スタジアムの規格や建設場所を選択する公募の内容を明示し、建設費は三つのパターンで概算し、72億5千万〜113億円としました。
 施設は複合施設ではなく、サッカー専用スタジアムが望ましいとしました。収容規模は1万5千〜2万人で、全観客席を覆う「可動式」か「固定式」の屋根を設置することとされています。ピッチは縦125メートル、横85メートルを目安とした規模で、災害時の避難場所としての役割を担い、計5千台分の駐車場が必要としました。建設費用の概算は1万5千人収容(屋根固定式)が72億5千万円、2万人収容は固定式が86億円、可動式が113億円と算出しました。
 整備と運営の事業手法は、公設民営方式を柱とすることとし、建設場所を選ぶ公募は2019年度内に始める方針で、対象は市町村のほか、複数の自治体での共同提案や民間企業などと幅を持たせました。第三者委員会による選定で公平性を保ち、予定地の環境などを評価します。フェーズ1〜4で明示した今後のスケジュールは表の通り。当初は昨年9月に予定した県への計画提出は、関係機関との調整で遅れましたが、目標とする2025年の運用開始に変更はありません。
 県庁で同日開かれた記者会見には同社代表取締役の寒河江浩二、清野伸昭、鈴木隆一の3氏、取締役の相田健太郎氏らが出席しました。寒河江氏はクラブ側から建設要望があった経緯を改めて説明し、「県も協力的にやってくれる期待はある。事業化に乗り出してもらうことが、次への大きなステップになる」と強調しました。
実現へ、県の決断が必要
【解説】新スタジアムの指針となる整備基本計画が提出されました。モンテディオ山形の本拠地とともに、交流人口拡大の拠点としても期待されるスタジアム建設は、県側に全てが委ねられました。多額の資金や土地が必要となるため、公設民営を軸にした新スタジアム推進事業株式会社の計画。事業化には県側の前向きな姿勢が欠かせません。
 ホームスタジアムとする天童市のNDソフトスタジアム山形は、1992年に開かれた「べにばな国体」の主会場として建設されました。今回の計画では施設の老朽化を指摘。サッカー競技場としては、クラブライセンス基準に満たない屋根などの設備、陸上トラックがあるために臨場感が不足するといった悩みがあります。
 建設で前述の課題は克服できます。さらにJリーグを中心にした交流人口の増加など、地方創生の要となり得る新スタジアムへの期待度は高いものがあります。計画を受けた吉村美栄子知事は現時点で明言を避けましたが、「将来的には必要なものと認識している」としました。
 これまで出資者として県がクラブ運営をサポートしてきました。株式会社に移行した2014年以降も、外郭団体とともに株主として関わり、県民一体の支援体制を築いてきました。今回はクラブの思いを受けた経済団体が中心になって構想を練り、計画を策定しました。一定の道筋は示されました。実現に向けた県側の決断が求められています。

 以上が、山形新聞に載った記事ですが、私は、この中で計5000台分の駐車場を必要要件としているところが問題だと思います。これだけの広範囲の駐車場敷地を求めることは、現在の天童市ありきだと言われても仕方ありません。また、市街地ではなく郊外に建設場所を求めるしかなく、山形市としても手を挙げるにも二の足を踏む大きな課題であることは間違いありません。

| おりはら日記 | 12:20 |
おりはら政信公式サイトへ
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
+ プロフィール
  • 昭和29年11月24日生まれ
  • 山形商業高校卒業
  • 専修大学Ⅱ部商学部4年中退
  • 東京都世田谷区役所・山形市役所
【現在】
  • 市議会議員(4期目)
  • 環境建設委員会委員
  • 議会運営委員会委員
  • 議会史編さん委員会委員
  • 公明党山形県本部副代表
+ 最近記事
+ カテゴリー別アーカイブ
+ アーカイブ
+ 携帯
qrcode
携帯からも閲覧できます。
このページの先頭へ