おりはら政信Blog

山形市議会議員「おりはら政信」が毎日更新しております!
道府県・政令市議選 あす告示。公明こそ新時代の担い手!

 統一地方選挙の道府県・政令市議選が、あす29日に告示され、4月7日の投票日に向け舌戦がスタートします。
 公明党は、41道府県議選に167人(推薦1人含む)、17政令市議選に173人、計340人を擁立します。断じて「全員当選」を勝ち取って参りたいと思います。
 選挙戦のさなかに新しい元号が発表され、5月には改元が行われます。今回の統一選には、新たな時代の地方政治を誰に託すのかを決める歴史的な意義があると言えましょう。
 わが国は今、人口減少と少子高齢化が急速に進み、これが国民の将来不安につながっています。この難局をどう乗り越えていくかが、国、地方を問わず政治に突き付けられた課題にほかなりません。とりわけ地方議員には、地域の将来像を明確に示し、実際に実現できるだけの力量が求められます。
 この点、公明党の予定候補は、他のどの政党よりも地域に根差し、多くの住民の声に耳を傾け、日々の暮らしの悩みや不安を、しっかりと受け止めています。また、その声を政策として練り上げ、着実に実現することで住民の期待に応えてきたのが公明党の地方議員であります。
 山口那津男代表が「国民の政治に対する信頼のもとは、小さな声が実際に届くという実感を持つことだ」と強調している通り、今の政治に求められているのは、こうした「小さな声を聴く力」ではないでしょうか。加えて公明党には、全国3000人に上る国会議員と地方議員のネットワークがあり、これが政策実現力の基盤となっています。地方政治の担い手として、公明党の予定候補が最もふさわしいことは言うまでもありません。
 しかし、情勢は予断を許さない状況であります。今回の統一選について各党は、夏に行われる参院選の前哨戦と位置付け、早くから総力戦を展開しています。このため、既に選挙戦終盤のような様相となっている地域も少なくありません。こうした中で公明党は各地で劣勢に立たされ、多くの予定候補が当落線上で「1票」にしのぎを削る緊迫した局面にあります。あすからの9日間、いかなる劣勢をもハネ返す大攻勢で、新たな勝利の歴史を開いて参りたいと思います。

| おりはら日記 | 13:30 |
おりはら政信公式サイトへ
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
+ プロフィール
  • 昭和29年11月24日生まれ
  • 山形商業高校卒業
  • 専修大学Ⅱ部商学部4年中退
  • 東京都世田谷区役所・山形市役所
【現在】
  • 市議会議員(4期目)
  • 環境建設委員会委員
  • 議会運営委員会委員
  • 議会史編さん委員会委員
  • 公明党山形県本部副代表
+ 最近記事
+ カテゴリー別アーカイブ
+ アーカイブ
+ 携帯
qrcode
携帯からも閲覧できます。
このページの先頭へ