映画「ある町の高い煙突」は、富国強兵の時代社会の中で、住民と企業が理想の地域をつくるために、艱難辛苦を乗り越え世界一の煙突を建て煙害を克服する物語です。6月下旬より、全国ロードーショー公開が予定されています。この映画「ある町の高い煙突」は、国連が掲げる持続可能な開発目標・SDGsの精神に合致しています。
 SDGsとは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称。SDGsは2015年9月の国連サミットで採択されたもので、国連加盟193か国が2030年までに達成するために掲げた目標です。
 SDGsは17の大きな目標と、それらを達成するための具体的な169のターゲットで構成されています。映画「ある町の高い煙突」に描かれる取り組みは、目標12「つくる責任つかう責任」、目標11「住み続けられるまちづくりを」、目標8「働きがいも経済成長も」、目標15「陸の豊かさを守ろう」に通じます。さらに、その煙突建設に至る道筋は、目標17「パートナーシップで目標を達成しよう」に合致します。
 現在、日本では政府が旗振り役として、大企業、地方自治体、教育関係者、企業、団体などがこぞってSDGsの推進しています。映画「ある町の高い煙突」は、映画メディアとしてははじめてSDGsの普及促進に協力することを宣言し、作品のオープニング(またはエンドロール)にSDGsやその取り組みを掲載し、パンフレットなどの広告媒体でもSDGsを積極的に謳うことを提案しています。そのことによって、映画「ある町の高い煙突」は、過去の歴史物語から未来への強いメッセージとなることを確信しています。
 私もSDGsの普及促進を山形市当局に訴えている一人としてこの映画を是非見たいと思っています。