おりはら政信Blog

山形市議会議員「おりはら政信」が毎日更新しております!
参議院選挙の山形選挙区を巡り新しい展開!

 7月に行われる参議院選挙の山形選挙区に新しい展開が起こりました。これまで自民党の大沼瑞穂参議院議員が2期目に向けて準備を進めてきました。公明党山形県本部も早々に推薦決定をさせて頂いています。野党側としては舟山康江参議院議員に統一候補について一任していましたが、ここにきて山形放送社員の芳賀道也氏に白羽の矢を立てて立候補依頼をしていて、ここ数日中に結論が出るだろうとしていました。本日の山形新聞に下記の記事が掲載され、大沼参議院議員と新人の芳賀氏との一騎打ちの様相となってきました。以下、本日の山形新聞を別掲します。 

 今夏の参院選県選挙区を巡り、非自民系統一候補として出馬要請を受けている山形放送社員の芳賀道也氏(60)=山形市=が立候補の意思を固めたことが28日、分かった。山形新聞の取材に芳賀氏は「野党の方々の思いに応えなければならないと考え、要請受諾を決断した。分かりやすい政治を実現するため、県民に選択肢を示したい」と述べた。1日にも記者会見し、正式に出馬表明する。
 候補者の人選を進めていた舟山康江参院議員(無所属)をはじめ、立憲民主、国民民主、社民の各党県連と連合山形は2月21日に会合を開き、芳賀氏に出馬要請することで正式に合意。1月末から水面下で立候補を打診していたとみられ、舟山氏は「勝てる候補として芳賀氏に白羽の矢を立てた。立候補を決断できるよう最大限努力する」と述べていた。
 出馬を決断した理由について芳賀氏は取材に、森友・加計(かけ)学園問題をはじめとする昨今の政治状況を挙げ、「このままでいいのかという思いがある。分かりやすく、皆が幸せになれる政治を取り戻すため、県民一人一人に問い掛けたいと考えた」と語った。
 芳賀氏は山形放送のアナウンサーとして長く勤務し、テレビやラジオのニュース、情報番組を担当。報道制作局制作部専任部長なども務めた。2月28日付で会社を退職した。
 県選挙区では、自民現職の大沼瑞穂氏(40)が立候補を予定。共産党県委員会は新人で前県労連議長の浜田藤兵衛氏(65)の擁立を決めているが、野党候補一本化に向けた協議に応じる考えを示している。

| おりはら日記 | 16:30 |
おりはら政信公式サイトへ
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
+ プロフィール
  • 昭和29年11月24日生まれ
  • 山形商業高校卒業
  • 専修大学Ⅱ部商学部4年中退
  • 東京都世田谷区役所・山形市役所
【現在】
  • 市議会議員(4期目)
  • 環境建設委員会委員
  • 議会運営委員会委員
  • 議会史編さん委員会委員
  • 公明党山形県本部副代表
+ 最近記事
+ カテゴリー別アーカイブ
+ アーカイブ
+ 携帯
qrcode
携帯からも閲覧できます。
このページの先頭へ