おりはら政信Blog

山形市議会議員「おりはら政信」が毎日更新しております!
公明党が推進した様々なマーク!

公明党が推進した各種マーク

(イラスト・平塚徳明さん)

 障がいのある人や妊婦などが安心して外出できるよう、理解や配慮を求めるマークが広がっています。公明党が普及を推進したマークを紹介します。
障がいのある人に優しい社会を――。義肢の装着者やペースメーカーなどをつけている内部障がいの人らは、外見からは分からないものです。そうした人が周囲に配慮を必要としていることを伝える「ヘルプマーク」を2012年に東京都が作成しました。公明党の地方議員が、各地で導入・普及をリードした結果、ヘルプマークは、東京以外の北海道や静岡、京都など33道府県(2018年11月末現在)に広がっています。

 山形市でも、公明党山形市議団の松田孝男議員の一般質問によりヘルプカードの導入が図られました。◎配布対象:配布対象者は、身体、知的、精神に障がいのある方、難病患者などの方で希望する方(障がい者手帳の有無は問いません)です。※身体障がい者手帳等をお持ちの方が、必ず持つ必要があるということではありません。◎配布窓口: ヘルプカードは、障がい者団体や障がい福祉サービス事業所などを通じて配布しました。また、市役所障がい福祉課と市民相談課の窓口、市内の行政機関の障がい者に関する相談窓口のほか、下記の市内6か所の相談支援センターの窓口にて配布しています。    
◎記入例などはこちら(ご存知ですか「ヘルプカード」)をご覧ください。

ヘルプマークとは・・・・義足や人工関節を使用している方、内部障がいや難病の方、妊娠初期の方など、外見から分からなくても援助や配慮を必要としている方々が、周囲の方に配慮を必要としていることを知らせることで、援助を得やすくなるよう、作成したマークです。ストラップとして、衣服やバッグに身に着けることができ、一見して配慮が必要なことを伝えることが出来るため、公共交通機関等における優先席の確保等、日常生活で幅広く役立つことが期待できます。ヘルプマークを身に着けた方を見かけた場合は、電車・バス内で席をゆずる、困っているようであれば声をかける等、思いやりのある行動をお願いします。

 このほか、耳が不自由な人のための「耳マーク」や、盲導犬などへ理解を促す「ほじょ犬マーク」、内部障がい者であることを示す「ハート・プラスマーク」の普及も公明党は後押ししています。
 妊婦や育児、介護で理解を求めるマークもあります。
 「マタニティマーク」は、妊娠初期の女性から「満員電車で押されて不安」との訴えを受け止めた公明党の提案で2006年、全国の統一デザインとして作成されたものです。「ベビーカーマーク」も、「ベビーカーを気兼ねなく使いたい」という母親たちの声を踏まえ、公明党が政府に働き掛け、14年に全国統一のデザインとして誕生し普及しています。
 介護中であることを周囲に理解してもらう「介護マーク」は、静岡県が2011年に考案しました。公明党の地方議員の取り組みで、他の自治体でも導入が進んでいます。

| おりはら日記 | 14:05 |
おりはら政信公式サイトへ
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
+ プロフィール
  • 昭和29年11月24日生まれ
  • 山形商業高校卒業
  • 専修大学Ⅱ部商学部4年中退
  • 東京都世田谷区役所・山形市役所
【現在】
  • 市議会議員(4期目)
  • 環境建設委員会委員
  • 議会運営委員会委員
  • 議会史編さん委員会委員
  • 公明党山形県本部副代表
+ 最近記事
+ カテゴリー別アーカイブ
+ アーカイブ
+ 携帯
qrcode
携帯からも閲覧できます。
このページの先頭へ