おりはら政信Blog

山形市議会議員「おりはら政信」が毎日更新しております!
胃がん検診の方法に内視鏡検査導入 県内で初!

 米沢市で胃がん検診の方法に内視鏡検査導入するとの新聞記事が本日掲載されていました。平成29年9月12日の一般質問で、胃がん検診に導入されているバリウム造影検査は、体への負担が大きく、特に高齢者にとっては苦痛になっている。高齢者の胃がん検診に、胃がんリスク層別化検査と胃内視鏡検査を併用する形の山形市独自の検診制度を設けてはどうかと提案していました。これに対して、佐藤市長は、胃の内視鏡検査を含む山形市独自の検診制度については、健診機関における設備や検診の受入れ体制、検査結果の精度管理などを整えていく必要があるため、医師会などとも協議しながら、検討していくとの答弁を頂いていました。米沢市から、先を越されてしまった感は否めませんが、これからもしっかりと訴えていきたいと思います。下記に山形新聞の記事を別掲させていただきます。

 米沢市は新年度から、胃がん検診の方法に新たに内視鏡検査を導入し、従来の胃部レントゲン検査と選択できるようにする。体制を充実させ、早期発見につなげる。健診での内視鏡検査導入は県内で初めて。
 胃がん検診の対象は40歳以上。内視鏡検査は個別健診のみで市内7カ所ほどの医療機関で対応する。個人が負担する料金は3千円とする予定で、それ以上の費用を市が負担する。新年度予算案に事業費754万円を計上した。受診者は内視鏡と、レントゲンの集団(千円)個別(2千円)から選択できる。
 健康増進法に基づく胃がん検診の国の指針が2016年に改正され、検診方法に内視鏡検査が追加された。これを受けて、早期導入に向けて準備を進めていた。同市は「健康長寿日本一」に向けた取り組みを推進しており、同市健康課は「受けやすい方法を選べることで、受診率を上げ、早期発見・治療につなげたい」としている。

| おりはら日記 | 23:30 |
おりはら政信公式サイトへ
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
+ プロフィール
  • 昭和29年11月24日生まれ
  • 山形商業高校卒業
  • 専修大学Ⅱ部商学部4年中退
  • 東京都世田谷区役所・山形市役所
【現在】
  • 市議会議員(4期目)
  • 環境建設委員会委員
  • 議会運営委員会委員
  • 議会史編さん委員会委員
  • 公明党山形県本部副代表
+ 最近記事
+ カテゴリー別アーカイブ
+ アーカイブ
+ 携帯
qrcode
携帯からも閲覧できます。
このページの先頭へ