おりはら政信Blog

山形市議会議員「おりはら政信」が毎日更新しております!
特定非営利活動法人 山形の公益活動を応援する会・アミル

 本日の山形新聞に、山形市民活動支援センターを運営する、「特定非営利活動法人 山形の公益活動を応援する会・アミル」の60代男性代表理事が施設職員を大声で怒鳴りつけるなどしているとの情報を受け、指定管理を委託している山形市は、適正な対応を求めているとの報道がなされました。

 改めて、特定非営利活動法人 山形の公益活動を応援する会・アミルについて調べて見ました。山形市市民活動支援センターの指定期間は、平成30年4月1日から平成40年3月31日までの10年間となっています。指定管理者候補者等審査委員会は、平成29年10月12日に開催され、審査員(構成:市職員2名、大学教授、弁護士、公認会計士)の5名で、審査基準に基づき、事業計画書、収支予算書等の申請書類及び当日のプレゼンテーションにより審査項目ごとに点数を付与し審査を行ったとのことです。

 審査基準は大きな4項目と15の審査項目からなり、750点満点中524点で基準点を上回ったため、指定管理者候補者として適当であると言う結果になりましたとのことでした。基準点は、市が求めるものと同水準を「普通」10点中6点として、各審査項目の全てが「普通」である場合の合計点450点(満点の60%)に設定しているとのことでした。

 私は、市民の安全・安心という視点やより良い環境と言うことに立てば、普通よりもより高い質を求めるべきであり、満点の70%

や75%を求めるべきではないのかなあと思います。山形の公益活動を応援する会・アミルは、試算する69.8%という普通よりも高い水準ではありましたが、満点の70%に基準を置いていれば若干満たない部分があることになります。なお、施設管理を安定的に行う能力の人的能力は64%になっています。

 アミルのホームページを見せて頂き、緊急理事会が開催され.僖錙璽魯薀好瓮鵐箸了実確認について、⊃Πのメンタルヘルスケアについて、A反ゥバナンス強化について、と言うことで今回の報道による対応について記述されていました。詳しくは下記の部分をクリックしてご覧頂きたいと思います。指定管理者の問題は総務委員会で審議を行っており、今後様々な対応が取られるものと思います。

https://www.amill.org/

| おりはら日記 | 11:11 |
おりはら政信公式サイトへ
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
+ プロフィール
  • 昭和29年11月24日生まれ
  • 山形商業高校卒業
  • 専修大学Ⅱ部商学部4年中退
  • 東京都世田谷区役所・山形市役所
【現在】
  • 市議会議員(4期目)
  • 環境建設委員会委員
  • 議会運営委員会委員
  • 議会史編さん委員会委員
  • 公明党山形県本部副代表
+ 最近記事
+ カテゴリー別アーカイブ
+ アーカイブ
+ 携帯
qrcode
携帯からも閲覧できます。
このページの先頭へ