おりはら政信Blog

山形市議会議員「おりはら政信」が毎日更新しております!
山形市議会基本条例の検証結果について全員協議会から!

 予算委員会と全員協議会が開催されました。全員協議会では、〇碍岨堙效漏発公社に対する債務保証の状況等について、∧神29年度最上川中部水道企業団事業報告について、J神30年度教育委員会事務の点検及び評価について、せ碍岨垉腸餞靄楙鯲磴慮‐攘覯未砲弔い董各担当部長等から報告がありました。

 い了碍岨垉腸餞靄楙鯲磴慮‐攘覯未砲弔い討蓮議会運営委員会委員長である長谷川幸司委員長から、報告がなされました。基本条例の検証については、昨年11月に渡辺議長から提案があり、議会運営委員会において12回におよぶ協議を行い取りまとめたものです。

 議会運営委員会のメンバーは、翔政会(長谷川幸司委員長、遠藤和典委員、伊藤香織委員、浅野弥史委員)、市民連合山形市議団(川口充律副委員長、佐藤秀明委員、高橋公夫委員)、緑政会(小野仁委員)、日本共産党山形市議団(佐藤亜希子委員)、公明党山形市議団(折原政信委員)の10名から成ります。

 平成25年4月の山形市議会基本条例施行後の新たな取り組みと、それ以前からの取り組みについて、「市民への積極的な情報公開」、「多様な市民意見の把握と市民参加の促進」、「市民に分かりやすい議会」、「審議等の活性化」、「活動基盤の整備」、「危機管理体制の整備」などの視点から評価を行いました。

 各会派からは、様々な提案がなされましたが、協議の結果、基本条例の改正の必要ないもの、9つの取組方針が確認されました。そのうち3つについては直ぐに対応していくこととしました。一つ目は、「議会報告会の開催方法の見直し」です。議会報告会は通常11月に開催しておりますが、更なる市民参加の促進と多様な市民意見の把握に努めるため開催時期を11月と限定せず柔軟に対応できるようにしました。二つ目は、「議会開会中の保育室の設置」です。市民参加の推進と議員の活動しやすい環境づくりに向けて、会期中、議会棟4階の和室を保育室または授乳室として開放することにしました。三つめは「山形市議会災害時対応マニュアルの一部の見直し」です。災害時対応マニュアルの実効性を確保するため、訓練の実施に関する項目を追加し、適宜災害時訓練を実施することにしました。

 具体的な取り組みの確認まで至らなかった6項目(〇劼匹盖腸颪粒催、∋毀吋▲鵐院璽箸亮損棔↓9報委員会の設置、さ聴間討議の方法、サ腸饂務局の体制強化、Ε織屮譽奪斑舎及びWi-Fiの導入)については、明年の4月に行われる地方統一選挙での改選後においても継続した協議・検討を行うこととしました。なお、検証結果報告書については、11月21日に議会運営委員会委員全員がいる中、長谷川委員長から渡辺議長へ提出させて頂きました。なお、これらのことについては議会ホームページや議会報に掲載するなど、広く市民への周知を図っていくことになっています。

| 議会報告 | 23:45 |
おりはら政信公式サイトへ
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
+ プロフィール
  • 昭和29年11月24日生まれ
  • 山形商業高校卒業
  • 専修大学Ⅱ部商学部4年中退
  • 東京都世田谷区役所・山形市役所
【現在】
  • 市議会議員(4期目)
  • 環境建設委員会委員
  • 議会運営委員会委員
  • 議会史編さん委員会委員
  • 公明党山形県本部副代表
+ 最近記事
+ カテゴリー別アーカイブ
+ アーカイブ
+ 携帯
qrcode
携帯からも閲覧できます。
このページの先頭へ