おりはら政信Blog

山形市議会議員「おりはら政信」が毎日更新しております!
山形市がHPに個人情報を誤掲載!

 山形市は6日、市の公式ホームページ(HP)内に、ふるさと納税の2017年度寄付者1万14人分の個人情報を誤掲載したことを明らかにした。確認作業が不十分で、市は寄付の受け付けを同日から停止した。情報漏れによる被害は確認されていない。
 市によると、17年度の寄付者10万6696人(寄付額17億6189万11円)のうち、任意のアンケートにメッセージを送った1万14人が対象。クレジットカード番号はなかったが、記載は住所、氏名、生年月日、電話番号など37項目に及んだ。閲覧できる状態となったのは11月28日〜12月5日の約1週間で、アクセス数19件、ダウンロード数5件を確認した。
 先月28日、担当の山形ブランド推進課職員がHP内にあるふるさと納税のページで、寄付者によるメッセージを更新する際、過って素材となる37項目を記した一覧表・エクセルデータをそのまま載せてしまった。担当者と上司を含めて確認作業を怠り、個人情報の取り扱いにも不備があったという。
 5日午後6時ごろ、県外の寄付者から「自分の名前を検索すると住所などのファイルが表示された」との電話連絡を受けて発覚した。市は対象者にわび状を送り、寄付は再発防止策を講じた上で、再開時期を決める。
 6日、市役所で緊急記者会見を開いた佐藤孝弘市長は「決してあってはならないことで誠に申し訳ない」と対象者や市民、関係機関などに謝罪し、「早急に再発防止策を講じ、関係者の処分を行う」と述べた。 山形新聞12月7日付け別掲

 今日山形市議会は、各常任委員会の予算分科会が開催されました。ふるさと納税を担当するのは、商工観光部山形ブランド推進課で、産業文教委員会が所管します。公明党山形市議団からは松田孝男議員が委員会に入っています。やはりこの問題が取り上げられたとのことでしたが、こうしたことは決してあってはならないことであり、一覧表・エクセルデータをなぜそのまま載せてしまったのか不思議でなりません。今後このようなことが無い様にしっかりと再発防止策と全庁的に注意を喚起していくべきと思います。

| おりはら日記 | 23:55 |
おりはら政信公式サイトへ
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
+ プロフィール
  • 昭和29年11月24日生まれ
  • 山形商業高校卒業
  • 専修大学Ⅱ部商学部4年中退
  • 東京都世田谷区役所・山形市役所
【現在】
  • 市議会議員(4期目)
  • 環境建設委員会委員
  • 議会運営委員会委員
  • 議会史編さん委員会委員
  • 公明党山形県本部副代表
+ 最近記事
+ カテゴリー別アーカイブ
+ アーカイブ
+ 携帯
qrcode
携帯からも閲覧できます。
このページの先頭へ