おりはら政信Blog

山形市議会議員「おりはら政信」が毎日更新しております!
東京研修二日目!

 東京研修二日目は、国土交通省 都市局 総務課の竹内重孝企画官と都市計画課田代悠真法制係長から平成31年度都市局関係予算概算要求概要、都市機能立地支援事業 都市再構築戦略事業について、コンパクト・プラス・ネットワークの本格的推進について、都市のスポンジ化対策等について、お話をお聞きしました。

 ここでは、立地適正化計画を作成した市町村が絶対自要件であるということです。現在、407都市が立地適正化計画についてて具体的な取り組みを行っていますが、このうち161都市が平成30年5月1日までに計画を作成・公表を行っています。山形県では、山形市・米沢市・鶴岡市・酒田市・寒河江市・村山市・長井市・中山町で立地適正化計画を行うとしていますが、作成・公表までに至っているのは鶴岡市だけでした。中心拠点誘導施設の対象施設は、^緡纏楡漾↓⊆匆駟〇禹楡漾↓6軌虔顕住楡漾↓せ勸蕕道抉膸楡澆箸覆辰討い泙垢、これに体育施設を追加したいとのことだ財務局と調整中であるとのことでした。建築物の整備に関する支援要件は、1)維持管理費を算出し国へ提出していること、2)以下の 銑い里い困譴に合致すること、々抒阿らまちなかへの移転、∋楡澆療廃合、B召了楡澆箸旅臙曄↓じ共施設等総合管理計画を策定済みであり、個別施設計画またはまちづくりのための公的不動産有効活用ガイドラインに基づく計画への当該施設整備の明確な位置づけがされていること。3)三位一体改革で税源移譲の対象となっていないこと。4)他省庁の補助制度がないこととされています。

 竹内企画官は山形県庁にも出向されていたとのことで、大変に山形に造詣か深く気軽に様々なことについて相談してくださいとのことでした。とにかくこうした縁を大切にしながら山形市のさらなる活性化を図られるよう頑張っていかなければと思います。取敢えずはは山形市として立地適正化計画を作成し公表することが一番大切なことであり、どんな状況になっているのか確認をしていきたいと思います。

| 視察報告 | 23:55 |
おりはら政信公式サイトへ
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
+ プロフィール
  • 昭和29年11月24日生まれ
  • 山形商業高校卒業
  • 専修大学Ⅱ部商学部4年中退
  • 東京都世田谷区役所・山形市役所
【現在】
  • 市議会議員(4期目)
  • 環境建設委員会委員
  • 議会運営委員会委員
  • 議会史編さん委員会委員
  • 公明党山形県本部副代表
+ 最近記事
+ カテゴリー別アーカイブ
+ アーカイブ
+ 携帯
qrcode
携帯からも閲覧できます。
このページの先頭へ