おりはら政信Blog

山形市議会議員「おりはら政信」が毎日更新しております!
9月市議会定例会が開会!

 本日、9月市議会定例会が10月2日までの日程で開会されました。定例会では、令和元年度山形市一般会計及び特別会計歳入歳出決算認定をはじめ、諸議案が佐藤市長から説明がありました。

 令和元年度一般会計の歳入合計は約1010億5000万円となり、前年度比で1.5%の増となり、歳出総額は約982億2400万円となり、前年度比で0.8%となりました。なお、令和2年度への純繰越額は約19億8300万円となっています。今後、決算委員会、決算分科会等で詳細に渡り部課長から報告を得た上で決算の認定と言う運びになります。

 その後、会計監査委員からの報告があり、午後1時15分から議会運営委員会が開催され、9月15日、16日の一般質問の順番をくじ引きで決定しました。私は、発言通告書を提出した順番が2番目でしたので7本中真ん中を取りましたが、取ったくじ棒に書かれていた番号は「7」でした。そうしたことから、9月16日の午後1時15分から約1時間の一般質問を行うこととなりました。今回は、コロナ禍の中の一般質問となりますので、傍聴については無理をなさらずに、インターネット中継や録画をご覧頂きたいと思います。

令和2年9月市議会定例会における一般質問者及び発言要旨 こちらをクリックしてご覧ください。

| 議会報告 | 17:00 |
厚生委員会!

 今日は臨時の厚生委員会が午後2時から開催されました。内容は、新型コロナウイルス感染症への市立病院済生館ボランティアの感染についてであります。

 済生館管理課長から、感染の状況、済生館の対応、感染対策の見直しについて報告があり、その後質疑応答を行いました。多くの議員から、病院玄関等における検温を何故やらなかったのか、水際対策への認識や危機管理への認識の甘さが追及されました。併せて、PCR検査の在り方も議論されました。

 私からは、非接触型体温計の設置について確認させて頂いたところ、この度実施するに当たって寄附で頂いた機器を利用したとのことでした。経営会議で、非接触型体温計の重要性と設置について話をして頂くようお願いしました。また、済生館ホームページと市のホームページのリンクをしっかりと行うよう改正を求めさせていただきました。

| 議会報告 | 23:55 |
山形広域環境事務組合7月組合議会定例会!

 山形広域環境事務組合7月組合議会定例会がホテルキャッスルで開催されました。今回の定例会では、まず最初に議長選挙及び副議長選挙が行われ、議長に丸子善弘氏(山形市議会選出)、副議長に佐藤光義氏(上山市議会選出)をそれぞれ再任しました。

 その後、[疣存鞠度山形広域環境事務組合歳入歳出決算認定について、工事請負契約の締結について(半郷清掃工場解体・撤去工事)、9事請負契約の締結について(立谷川リサイクルセンター破砕設備改修工事)、せ碍噌域環境事務組合監査委員の選任について、セ碍噌域環境事務組合情報公開・個人情報保護審査会委員の選任についての5議案が佐藤孝弘管理者(山形市長)から提案理由説明があり、更に事務局より詳細説明がありました。その後、それぞれ質疑応答の上、5議案を全員一致で可決了承しました。

 決算歳入総額は、29億463万594円で、歳出総額は27億1984万7767円で、歳入歳出差引残高の1億8478万2827円を2020年度に繰り越しました。また、監査委員の選任については、遠藤真由美氏(山辺町議会)を親任しました。

 定例会終了後に、全員協議会が開催され、.┘優襯ー回収施設(川口)に関する訴訟の概要について、▲┘優襯ー回収施設(立谷川)2期工事の進捗状況について、山形広域クリーンセンター改修工事施設整備基本計画について、報告がありました。

 私からは、し尿処理事業について、エネルギー回収施設の売電収入について、ごみの減量と水切りについて、山形広域クリーンセンター改修工事施設整備基本計画について、質問をさせて頂きました。特に、クリーンセンターの整備基本計画については議会に諮ることもなく委託業務により作成したものを管理者会だけで了承した件については議会と地域住民の存在を蔑ろにするものだとして、今後の取り組みについて佐藤管理者の答弁を求めました。佐藤管理者からは今後の取り組みの中で、様々な意見も集約していくとの答弁を頂きました。

| 議会報告 | 23:45 |
7月臨時議会!

 本日は、山形市議会7月臨時議会が開催されました。この度の臨時議会では、新型コロナウイルス感染予防・経済活動両立支援の第3弾として、山形市独自の施策と国の補正予算等に関する事業、約8億3822万円の補正予算を追加し、総額1253億3787万円にすることとし、各委員会に於いて詳細を審議し本会議で全員一致で可決了承しました。

 主な施策は次の通りです。◆健康げんき回復事業「山形市プレミアム観光券」の発行について、◆国際競争力の高いスノーリゾート形成促進事業について、◆新型コロナウイルス感染症対策宣言店のPR事業及び新生活対応支援事業について、◆市産材利用拡大促進事業補助について、◆介護サービス事業所等へのサービス継続支援事業について、◆新型コロナウイルス感染症に係る子育て支援施設等に対する支援についてであります。

 これらが、市民の皆様や各種団体等に周知徹底され、有効的に実施されることをしっかりと確認して行きたいと思います。

| 議会報告 | 23:50 |
山形広域環境事務組合議会議員協議会と施設見学!

 今日は山形広域環境事務組合議会議員協議会と、半郷清掃工場と山形広域クリーンセンターの施設見学が行われました。

 半郷清掃工場は昭和53年6月に竣工されましたが、エネルギー回収施設(川口)の完成に伴い、平成30年に稼働を停止しました。これから、半郷清掃工場の解体・撤去を令和4年3月11日までの工期で行われます。その後の施設跡地については、解体・撤去が済めば、山形広域環境事務組合から山形市に引き継がれ、山形市が地元の皆様のご意見を聞くとともに今後の活用を検討して行くことに成ります。

 次にお邪魔したのは、山形広域クリーンセンターです。ここは私の地元でもありますが、し尿処理施設の在り方を今後、下水道放流施設として処理設備を大改修するとしています。しっかりと今後の大規模改修の在り方について見届けていきたいと思います。

| 議会報告 | 21:00 |
議会運営委員会及び各派代表者など!

 今日は午前中に各派責任者会、午後からは議会運営委員会及び各派代表者などが開催されました。議会運営委員会では、7月22日に開催される臨時議会の運営について議会事務局から説明のあと、了承しました。

 写真は、公明党山形市議団の会派室に於いて撮ったものです。

| 議会報告 | 20:00 |
プレミアム商品券ほか!

 一般質問二日目。新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受けた地域経済への活性化支援の質問で、佐藤市長は「感染症対策を行っている飲食店をPRする事業を行っている。こうした取り組みの効果拡大を図る施策として、プレミアム商品券の発売を検討している」との答弁がありました。

 5月20日、市議会新型コロナウイルス感染症対策本部の役員会が開催され、提言書を纏め、午後3時から佐藤孝弘山形市長に対して斎藤武弘本部長(議会議長)から提言書を手渡しさせて頂きました。その中に、公明党山形市議団として役員会に提出した項目の中に地域経済の活性化支援としてプレミアム商品券の発行を要望させて頂いていました。

 また、観光面でも大きな減客となっている中で、蔵王温泉地域、山寺地域、街中の観光関連施設で使用できるプレミアムクーポン券の発行について、今年秋ごろから開始される絆キャンペーンや来年度実施される東北デスティネーションキャンペーンと連動できるよう準備を進めているとの回答がありました。

 また、SDGs達成に向けたモデル事業等への参加について、須貝議員から質問がありました。これまで、私は市当局にSDGsについてどう認識してもらうかと言うことで3回一般質問で取り上げました。この度、発展計画2025にSDGsが掲載されるとともに漸くそれらに基づいて事業が展開して行くことに成ります。そうした意味では大変に嬉しい内容の質問でした。

 ただ、佐藤市長はじめ執行部の方々はSDGsのバッジをしていません。こうした実践も市民への周知となり大切なことだと思います。これらについても推進して頂くよう話を進めて行きたいと思います。

| 議会報告 | 23:45 |
おりはら政信公式サイトへ
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
+ プロフィール
  • 昭和29年11月24日生まれ
  • 山形商業高校卒業
  • 専修大学Ⅱ部商学部4年中退
  • 東京都世田谷区役所・山形市役所
【現在】
  • 市議会議員(4期目)
  • 環境建設委員会委員
  • 議会運営委員会委員
  • 議会史編さん委員会委員
  • 公明党山形県本部副代表
+ 最近記事
+ カテゴリー別アーカイブ
+ アーカイブ
+ 携帯
qrcode
携帯からも閲覧できます。
このページの先頭へ