おりはら政信Blog

山形市議会議員「おりはら政信」が毎日更新しております!
おりはら政信の4期目の主な実績!

おりはら政信の4期目(平成27年4月〜平成30年10月)の主な実績

〆脳綫鄰翩水道企業団と山形市上下水道部の間における「他都市連絡管」接続が実現!(平成27年10月)

∨鳴の天狗橋アンダーの西側に自動点灯器付の30ワットLEDの照明灯を設置!(平成27年10月)

C楼菠餝膸抉腑札鵐拭爾料設を提案し、南沼原地区包括支援センターが新設!(平成28年4月〜)

こ特楼茲悗寮験荵抉腑魁璽妊ネーターの配置を提案し実現!(平成28年4月〜)

セ團曄璽爛據璽犬法屬海海蹐梁硫昂廖廚鯑各することを提案し実現!(平成28年4月〜)

λ漂劵薀献の導入を提案し、蔵王山融雪型火山泥流避難区域対象世帯ほか土砂災害警戒区域や浸水・洪水が想定される区域に3年間で配布が実現!(平成28年9月〜)

АB型肝炎ワクチン定期接種」における0歳児への全額助成並びに1歳〜4歳児への一部助成を提案し実現!(平成28年10月〜)

双葉町公園前の拡幅工事と交差点整備(右折レーン)を提案し実現!(平成28年12月)

胃がんリスク層別化検査(ABC分類)の導入を提案し実現!(平成29年4月〜)

クリーンセンター前の分離帯を改善!(平成29年6月)

瀬波1丁目の変形交差点2か所にカーブミラーを設置!(平成29年7月)

パソコンや携帯電話から簡単にチェックできる認知症ケアサイト「これって認知症」を提案し実現!(平成29年9月〜)!

高齢者肺炎球菌予防接種の個別通知を提案し実現!(平成30年10月)

落合総合スポーツセンターに新しい駐車場の設置を提案し実現!(平成30年6月)

公道の安全確保のため路面下の空洞調査を提案し、スケルカーでの空洞調査開始(平成30年10月)!

 なお、1期から3期の実績については、右側にある+カテゴリー別アーカイブの一番下段にある市政報告会資料PDFをご覧ください。

| 実績 | 11:00 |
公道の安全確保へ路面下の空洞調査開始!

 公明党山形市議団(会長:折原政信、幹事長:武田新世、会計:松田孝男)は、道路などの調査診断を手掛ける「ジオ・サーチ株式会社」の空洞探査技術を視察し、調査に使われるレーダー探査車(スケルカー)の説明や道路の陥没を未然に防ぐ取り組みなどについて担当者から話をお伺いしました。

 探査車のスケルカーは全国で30台あり東北には6台配置されているとのことでした。前後左右にカメラが設置されていてGPSと連動して場所を特定していくとのことで、探査車には路面下空洞調査用と橋梁床版劣化調査用の2種類があるとのことでした。時速60キロ台で走行しながら、地下1.5メートルの状態をマイクロ波を照射して連続的に測定していきます。

 公明党山形市議団では、世界や日本で道路の陥没被害が報道される中、山形市内を走る市道は大丈夫なのか市が管理する公道の路面下の空洞調査を実施するべきだとして政策提言や一般質問等で訴えてきました。今年度、予算も確保され本日より1週間かけて調査をするとのことでした。発見された空洞については原因を特定し復旧工事を行います。公明党山形市議団は、これからも市民の皆様の安全・安心のため全力で活動してまいります。

| 実績 | 21:30 |
側溝蓋の掛け替えと路面舗装修繕工事等が完了!

 4月26日にカーブの所の側溝蓋を掛け替えしてガタガタしない様にして頂きましたとブログに掲載させて頂きましたが、この度、路面舗装修繕工事と外側線の引き直しをして頂きました。

 併せて、そのほかで側溝蓋が古くなっている所についても掛け替えを行って頂きました。

 反対側の側溝についても古くなって痛んでいる部分について側溝蓋の掛け替えを行って頂きました。3月の沼木上の定期総会にお邪魔した際に、カーブ部分の側溝がガタガタして煩いので何とかして欲しいとの要望が出され、直ぐに町内会長と連携して要望書を作成し提出しました。そして4月26日に緊急を要するカーブ部分の側溝について側溝蓋の掛け替えをしてもらいました。その後、外側線の引き直しと路面舗装修繕工事が何時になるのかと首を長くして待っていました。

 この度漸くと言う感じはありますが、路面舗装修繕工事と外側線の引き直し、そしてその他の部分の側溝蓋の掛け替えを行って頂きました。掛け替えを行った側溝蓋の枚数を道路維持課に確認したところ約150枚とのことでした。道路維持課の皆さんを初めとして関係各位の皆さん心から感謝申し上げます。大変にありがとうございました。

| 実績 | 14:30 |
防災ラジオ!

 公明党山形市議団で推進してきた防災ラジオ、私の住む地域も浸水想定地域に指定されていますが、4月に申し込みを行い、本日南沼原コミュニティセンターに行って受け取ってきました。

 受け取りに当たって、防災対策課の担当職員の方から、使用に際しての注意事項や防災ラジオで放送する緊急情報等について説明がありました。

 この防災ラジオは、普段はFM、AMのラジオ放送が聴くことができます。そして、緊急信号を受信した時は電源が切られている場合は自動的に電源が入り最大音量で緊急放送が伝えられます。また、FM、AMを聴いていた場合もそれらの放送は中断され、最大音量で緊急放送が伝えられます。緊急放送が終了すれば自動的に電源は切られます。

 防災ラジオで放送する緊急情報は、1.山形市が住んでいる地域を対象に避難情報(“鯑饅猗・高齢者等避難開始、避難勧告、H鯑饂惻─紛杁沺法砲鯣令したとき。2.国が緊急情報(ゞ杁淬録迷報、土砂災害警戒情報、J火速報・噴火警報、す駝永欷郛霾鵝↓サぞ歹段矛拱鵝砲鯣表したとき。となっています。

 山形市は3年間で防災ラジオを配布することにして、初年度の平成28年は融雪型火山泥流避難区域で(対象世帯:2099世帯、配布世帯:326世帯)、平成29年の土砂災害警戒区域では(対象世帯:15058世帯、配布世帯:923世帯)、最終年度の平成30年は浸水想定区域で(対象世帯:7161世帯、配布世帯:1009世帯)となり、3年間の合計では(配布対象世帯:15058世帯、配布世帯:2258世帯、配布率は15.0%)となります。その他に3年間で自主防災組織の長にも配布しており、その分の161世帯分を加えて、2419台が合計配布台数となります。

 なお、3つの対象地域に該当しないけれど防災ラジオが欲しいという方は、FM山形 電話 625−0804にお問い合わせください。実費12000円でお譲りするとのことでした。また、防災ラジオに関するお問い合わせは、山形市役所 防災対策課 電話641−1212 内線383・384まで。

| 実績 | 18:00 |
側溝蓋掛け工事が完了!

 沼木地域内の側溝の蓋掛けを新町町内会長と共々に担当課である道路維持課にお願いしていました。

 これまで、2年かけて東側から順に側溝の蓋掛けが行われてきました。通常は、この蓋掛けは雪が解けた4月頃に実施して頂いていましたが、今年は工事が行われておらず先の「沼木の将来を語る会」で沼木新町町内会長から指摘されました。早速、道路維持課に伺い担当者と話をしようと思ったところ担当者が異動したとのことでした。偶々課内異動であったため、直ぐに調整が取れて、引き続きの蓋掛け工事をお願いしてきました。

 その時の話では、今後2年かけて完成させるとのお話しでしたが、今年で一気に蓋掛けを終了させますとのことで、7月11日に工事を完成させて頂きました。関係課各位の皆様に心から感謝と御礼を申し上げます。ありがとうございました。

| 実績 | 23:45 |
路面排水工事完了!

 私のLINEに、「路面排水工事が先週土曜日に完了しました。これから雨水が溜まらずにきちんと側溝に流れるかチェックして行きたいと思います。ありがとうございました。」と言う伝言とともに写真がアップされてきました。

 南原町2丁目4番熊野神社前の道路で側溝は付いているものの、丁度通学路の通り道である電柱の一帯に雨水が溜まってしまう。何とかならないだろうかとの相談を頂き、道路維持課から対応策を練って頂いていました。

 電柱の近くに簡易の排水溝を作って頂きました。

 もう一カ所にも排水溝を作って頂きました。横から見ると一目瞭然です。相談者の方にはこれで雨が降った時はどうなるか見守ってもらうようにお願いしました。ここで生活する人の長年の思いをこのような形で整備をして頂き道路維持課の対応に心から感謝します。

| 実績 | 23:55 |
総合スポーツセンターに新しい駐車場が開設!

 落合の総合スポーツセンターに新しい駐車場が開設されました。私は平成28年6月26日の通算14回目となる一般質問でスポーツ振興について取り上げました。その中で、新野球場建設に伴う駐車場問題について質問させて頂きました。これまでも多くの議員が現状のままでは駐車場が足りないのではないかとの質問はありましたが、場所まで指定して質問したのは私だけでした。下記にその質問の一部を別掲させていただきます。

 他都市の大規模な総合スポーツセンター等の駐車場の配置などを見てみても、第一駐車場をメーンにしながら、第二、第三駐車場を設け、分散させている施設が殆どです。私は本来、新野球場を建設する前に駐車場の確保整備をすすめるべきであったと思っているひとりであります。

 野球場南側の農地は山形市東部土地改良区の管轄であり、国の補助金による利活用の制限も無く、新たな駐車場用地となり得るのではないかとの話を聞いています。駐車場問題に関しては、もう一歩踏み込んで早めの対応が必要だと思いますが、市長のご所見をお伺いします。

 これに対して、佐藤市長は、新野球場の整備後の駐車場につきましては、敷地全体で約1,400台分の駐車区画となる予定で、通常は不足することはないと思いますが、大規模な大会等の場合には不足されることも想定されるため、引き続き大会開催時等の駐車台数などの把握を行いながら、新たな駐車場用地の確保を含めた対応を検討してまいりますとの答弁が成されました。(市議会会議録より一部抜粋)

 今回新設された駐車場は750台が新たに収容できるものです。私が指定した野球場の南側の農地ではなく東側の農地でしたが、此処も同じく山形市東部土地改良区の管轄でありました。同地が国の補助金による利活用の制限がなかったことが買収がスムーズに行われた要因でもあると思っています。現状は、路盤を安定させるために砂利を入れ転圧を掛けた簡易の駐車場となっていますが、今後、同地が安定したら簡易舗装がなされきちんと白線が引かれるとのことでした。

| 実績 | 23:45 |
おりはら政信公式サイトへ
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
+ プロフィール
  • 昭和29年11月24日生まれ
  • 山形商業高校卒業
  • 専修大学Ⅱ部商学部4年中退
  • 東京都世田谷区役所・山形市役所
【現在】
  • 市議会議員(4期目)
  • 環境建設委員会委員
  • 議会運営委員会委員
  • 議会史編さん委員会委員
  • 公明党山形県本部副代表
+ 最近記事
+ カテゴリー別アーカイブ
+ アーカイブ
+ 携帯
qrcode
携帯からも閲覧できます。
このページの先頭へ