おりはら政信Blog

山形市議会議員「おりはら政信」が毎日更新しております!
中学校部活動のガイドライン公表、週あたり2日の休養日を!

部活動のイメージ

 3月19日、文部科学省の外局であるスポーツ庁は、運動部活動のガイドラインの策定及び運動部活動の適切な運営にかかわる取り組みの徹底について依頼文を各都道府県の教育員会に送付しました。
 スポーツ庁が公表した部活動のガイドラインの主な内容を要約すると、
  • 学期中は、週当たり2日以上の休養日を設ける。(平日は少なくとも1日、週末(土曜・日曜)は少なくとも1日以上を休養日とする。週末に大会参加等で活動した場合は、休養日を他の日に振り替える)
  • 長期休業中の休養日の設定は、学期中に準じた扱いを行う。また、生徒が十分な休養を取ることができるとともに、運動部活動以外にも多様な活動を行うことができるよう、ある程度長期の休養期間(オフシーズン)を設ける。
  • 1日の活動時間は、長くとも平日では2時間程度、学校の休業日(学期中の週末を含む)は3時間程度とし、できるだけ短時間に、合理的でかつ効率的・効果的な活動を行う。
  • 地域のスポーツクラブなどと連携し、生徒がスポーツをする環境を整備する。
  • 運動部顧問はスポーツ医科学の知見を持ち、故障の原因となる過度な練習を避け、科学トレーニングで合理的に効果をあげる
  • 多くの大会に参加することが生徒の負担とならないよう大会の統廃合を進める

 近年、社会や経済の変化などにより、教育に関わる課題が複雑化・多様化し、学校や教師だけでは解決できない課題が増えています。さらに少子化が進み、運動部活動が従前と同様の運営体制では維持が難しくなってきているのも事実です。スポーツ庁は平成29年5月より運動部活動の在り方に関する総合的なガイドライン作成検討会議を発足し、議論を進めてきました。
 ガイドラインの基本的な考え方は、学校の種類や学校の設置者の違いに関わらず該当するものであることから、高校の運動部活動についてもガイドラインを原則として適用し、速やかに改革に取り組むとしている。

 昨年の11月20日、山形市議会スポーツ振興議員連盟の視察が行われた際、私から新学習指導要領が実施されるに当たって学校の方では時間を如何に見つけるか四苦八苦している。体育の時間確保はどのようになっているか、各種スポーツ少年団の優秀な人材の発掘について、中学校における部活動や指導者の問題等について質問をさせて頂きました。担当者のお話では、本年度中に部活動のガイドラインを示す予定であること、発掘プロジェクトを国としてもしっかりとやって行きたいとのお話がありましたが、それが今回のガイドラインとなっているようです。

| おりはら日記 | 05:30 |
朝の挨拶と街頭演説!

 本日も火曜日と言うことで朝の挨拶と街頭演説を行いました。今日の話の内容は、100万人訪問・調査活動について、この4月で市議会議員になって4期16年目になったこと、私の政治信条である「誠実に」「真剣に」「情熱を持って」この1年間を活動して行くとの決意を述べさせて頂きました。

 定例の朝の挨拶を行っている場所の昇り旗も赤に白抜きから青に白抜きに代わっていました。時は間違いなく前に前にと進んでいます。4月から6月に掛けて実施されている100万人訪問・調査活動で4種類のアンケートを持って、怠らずに前に前にと進めて行きたいと思います。

| おりはら日記 | 19:00 |
山形県本部議員研修会!

 4月度 山形県本部議員研修会が若松謙維参議院議員を迎えて開催されました。研修会は、菊池県代表あいさつ、全国政策局長会報告(富樫政策局長)、機関紙拡大運動「集中期間」総括(折原推進委員長)、研修1「働き方改革」(秋葉幹事長)、研修2「事業承継税制改革」(若松参議院議員)、全体質疑と、式次第に則って行われました。

 中小企業の事業承継は喫緊の課題であり、昨年の11月に山口代表が取り上げました。今後10年の間に、70歳(平均引退年齢)を超える中小企業・小規模事業者の経営者は約245万人となり、うち約半分の127万人(日本企業全体の1/3)が後継者が未定。現状を放置すると、中小企業廃業の急増により、2025年頃までの10年間累計で約650万人の雇用、約22兆円のGDPが失われる可能性。特に地方において、事業承継問題は深刻な課題となっています。

 公明党は、中小企業経営者の次世代経営者への引継ぎを支援する税制措置の創設や拡充に取り組んできました。税制適用の入り口要件の緩和では、納税猶予の対象になる株式数については現行制度で2/3の上限がありましたが、改正案では上限を撤廃し全株式を適用可能にしました。また、現行制度では相続税の猶予割合は80%となっていますが、改正案では100%までに拡大します。さらに、現行制度では、税制の対象となねのは、一人の先代経営者から一人の後継者への贈与・相続される場合のみとされていましたが、改正案では、親族外を含む複数の株主から、代表者である後継者(最大3人)への継承も対象にすることとし多様な事業継承を支援しています。

 税制適用後のリスクの軽減では、現行制度では後継者が自主廃業や売却を行う際、経営環境の変化により株価が下落した場合でも、継承時の株価を基に贈与・相続税が課税されていましたが、改正案では売却額や廃業時の評価額を基に納税額を計算、継承時の株価を基に計算された納税額との差額は減免することにしました。また、現行制度では税制の適用後、5年間で平均8割以上の雇用を維持出来なければ猶予打ち切りとされていましたが、改正案では、5年間で平均8割以上の雇用要件を未達成の場合でも、猶予を持続可能としました。

| おりはら日記 | 23:55 |
妊娠・出産・育児の安心を確保/子育て支援施策が充実!

 

 子どもの健やかな成長や母親の健康を守るため、公明党は妊娠期から出産・育児期までの切れ目のない支援に取り組んできました。2018年度予算に盛り込まれた子育て支援策について、公明新聞の記事をもとにまとめてみました。
子育て支援施設「日本版ネウボラ」、「産後ケア」、「産前・産後サポート事業」、産後うつ対策も進む
 子育て世代包括支援センター「日本版ネウボラ」の増設に関わる予算が認められました。ネウボラはフィンランド発祥の子育て支援拠点で、「助言の場」という意味です。妊娠、出産から就学まで、相談など必要な支援をワンストップ(1カ所)で受けられるのが特徴です。保健師や助産師といった専門職に相談できる施設もあります。
 共働き世帯や、ひとり親世帯、核家族が増える中で、以前よりも母子が孤立しやすくなっています。妊産婦や乳幼児に提供される公的なサービスは、行政の担当部署や施設が異なるケースがありました。これを1カ所で支援できるようにし、安心して子育てを進めてもらうことを、日本版ネウボラは目的としています。
 日本版ネウボラは、2017年4月1日現在で、全市区町村の3割に当たる525市区町村に1106カ所設置されています。政府は、2020年度末までの全国展開をめざしています。厚生労働省はネウボラを立ち上げる経費を補助していますが、2018年度予算では、開設をより進めるため、200カ所分が計上されました。

 また、助産師のいる施設でのショートステイ(宿泊)やデイケア(日帰り)により、育児相談などが受けられる「産後ケア」事業も進みます。2018年度予算では520市区町村での実施を見込んだ費用が盛り込まれました。2017年度予算の240市区町村分から増やされました。
 子育て経験者による相談支援などを通して、母親の不安や孤立感の解消を図る「産前・産後サポート事業」も、前年の240市区町村を上回る400市区町村での実施をめざします。
 他にも、母親を守る取り組みがあります。産後うつなどを防ぐために、出産後間もない母親の状態を把握する産婦健診費用の助成事業も拡充されます。2017年度から始まった事業で、2018年度は前年の3倍に当たる約21万人分を見込んで予算化されました。
 助成事業は健診2回分までが対象です。助成額は1回当たり5000円で、事業を実施する市区町村と国が半分ずつ負担します。
待機児童対策、一人親対策も前進
 政府は2017年12月に閣議決定した「新しい経済政策パッケージ」で、32万人分の保育の受け皿を整備する「子育て安心プラン」の実現時期について、当初の「2022年度末」から「2020年度末」へと2年前倒しし、整備を加速する方針を示しましたた。
 2018年度予算では、保育所の整備・改修に1231億円(事業主拠出金を含む)を計上。保育所などの運営費は前年度よりも1152億円増やしました。これは11万人分の受け皿を見込んだものです。
 また、ひとり親家庭への支援も強化されます。児童扶養手当の所得制限を「年収130万円未満」から「年収160万円未満」に緩和。これにより、555万世帯で支給額が増えます。
| おりはら日記 | 14:00 |
桜満開と言えば!

 自宅の近くにある山形県工業技術センターの桜並木も満開になりました。

 この写真は、護国神社境内で自撮りしたものです。

 桜満開の情報が流れる中、午後1時30分からは江南地区の座談会、午後7時からは椹沢地区の座談会に出席させて頂きました。座談会会場は笑顔で一杯です。私からは防災ラジオについて、高齢者肺炎球菌ワクチン接種の個別通知等についてお話しをさせて頂きました。

 椹沢地区座談会に向かう途中、お花見と言えば「お団子」が定番と言うことで、飯塚の出羽の恵みかすり家本店から、ぬた、しょうゆ、ごま、くるみ、柏餅を買い求めてきました。本来なら、桜の木の下で桜を観賞しながら食べたいところですが自宅に戻り1本ずつ美味しく頂きました。

| おりはら日記 | 23:45 |
出羽高擶橋開通式典並びに安全祈願祭!

 出羽高擶橋開通式典並びに安全祈願祭に環境建設委員会委員として出席させて頂きました。

 主催者挨拶として、佐藤孝弘山形市長と山本信治天童市長から挨拶がありました。出羽高擶橋は、128.3m、幅員は、橋梁部:14m、道路部:17m、整備延長は約859m(山形市道 新出羽高擶線約295m、天童市道 矢野目高擶線約564m)、総事業費は約19億2400万円で、平成13年度から整備を進めてきました。

 出羽高擶橋開通式典が行われ、テープカット及び久寿玉開披が行われる予定でしたが、風が強いため久寿玉開披は取りやめになりました。古くなった高擶橋は東北大震災の時から通行止めとなっていたとのことでしたが、新たに二つの市を結ぶ橋が架けられたことは大きな意義があります。今後益々の安全活用とこれにより観光推進に大きく寄与することを期待したいと思います。また、山形市道 新出羽高擶線の都市部に向けての延伸も早急に進めて行かなければならないと思いました。

| おりはら日記 | 16:00 |
地区座談会の中で!

 今日の午前中は、昨日まとめた政務活動費を一枚一枚コピーさせて頂きました。原本は私たちが保管することになりますが、市議会事務局に提出する書類はコピーされたものとなっています。しかし、これが結構時間を費やします。

 話は変わりますが、この一週間は各地域で行われている地区座談会にお邪魔しようと計画を立てていたところでしたが、様々な所要が生じてしまい、計画通りには進んでいませんでした。

 漸く、本日の夜、大郷地区の座談会に出席させて頂き、公明党山形市議団の政策提言や公明党の100万人訪問・調査運動等についてお話をさせて頂きました。併せて、公明党山形市議団が団結して取り組んできた防災ラジオについて話をさせて頂きました。この防災ラジオについては、私たちの意見・要望等を真摯に受け止めていただき、行政からは3か年に亘って普及活動を展開してもらっているところであります。そして今年は最終年度として浸水予定地域となっている地域に、防災対策課から防災ラジオの申請申込書と案内文が送付されているところです。これらのことを説明しながら周りの見回したところ反応はかなりあったように思いますが、さらに周知徹底をして行く必要があると思いました。

| おりはら日記 | 22:30 |
おりはら政信公式サイトへ
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
+ プロフィール
  • 昭和29年11月24日生まれ
  • 山形商業高校卒業
  • 専修大学Ⅱ部商学部4年中退
  • 東京都世田谷区役所・山形市役所
【現在】
  • 市議会議員(4期目)
  • 環境建設委員会委員
  • 議会運営委員会委員
  • 議会史編さん委員会委員
  • 公明党山形県本部副代表
+ 最近記事
+ カテゴリー別アーカイブ
+ アーカイブ
+ 携帯
qrcode
携帯からも閲覧できます。
このページの先頭へ