おりはら政信Blog

山形市議会議員「おりはら政信」が毎日更新しております!
合同勉強会2日目

 

 合同勉強会の二日目は、文部科学省初等中等教育局児童生徒課生徒指導室の高橋課長補佐から不登校児童生徒数の推移、不登校の要因、教育支援センターの整備と柔軟な運用について、不登校特例校について、不登校児童生徒への支援に関する最終報告について、義務教育の段階における普通教育に相当する教育の機会の確保等に関する法律について、いじめ対策・不登校支援等総合推進事業について、をご説明して頂きました。

 また、平成28年9月14日付けの文部科学省初等中等教育局長から出された、不登校児童生徒への支援の在り方について(通知)は、大変な驚きを持って確認させて頂きました。不登校児童生徒を支援する上での基本的姿勢として、”堙亶擦砲弔い討蓮⊆茲蟯く環境によっては、どの生徒児童にも起こり得ることとして捉える必要がある。また、不登校という状況が継続し、結果として十分な支援が受けられない状況が継続することは、自己肯定感の低下を招くなど、本人の進路や社会的支援のために望ましいことではないことから、支援を行う重要性について十分に認識する必要がある。不登校については、その要因や背景が多様・複雑であることから、教育の観点のみで捉えて対応することが困難な場合があるが、一方で、児童生徒に対して教育が果たす役割が大きいことから、学校や教育関係者が一層充実した指導や家庭への働き掛け等を行うとともに、学校への支援体制や関係機関との連携協力等のネットワークによる支援等を図ることが必要である。I堙亶擦箸蓮多様な要因・背景により、結果として不登校状態になっているということであり、その行為を「問題行動」と判断してはならない。不登校児童生徒が悪いという根強い偏見を払拭し、学校・家庭・社会が不登校児童生徒に寄り添い共感的理解と受容の姿勢を持つことが、児童生徒の自己肯定感を高めるためにも重要であり、周囲の大人との信頼関係を構築していく過程が社会性や人間性の伸長につながり、結果として児童生徒の社会的自立につながることが期待される。

 平成27年度の国公私立小・中・高等学校の不登校児童生徒数は17万5千人以上であり、小学校は237人に1人、中学校は35人に1人、高等学校は67人に1人と言う割合になっています。また、不登校の要因では、いじめ、友人関係をめぐる問題、教職員との関係をめぐる問題、学業不振、進路に係る不安、クラブ活動等の不適応、学校のきまり等をめぐる問題、入学・転編入学・進級時の不適応とマチマチです。また、本人に係る要因では、「無気力」の傾向30.2%、「不安」の傾向30.6%となっています。

 不登校児童生徒を支援する施策では、ITの活用による不登校児童生徒の学習機会の拡大という視点が大変有効的であり、フリースクール、フリースペースづくりとともに積極的に進めていかなければならないと思いました。

 この後、山形新幹線に乗って山形に向かいましたが、福島〜山形間が通行止めとのことで仙台まで行って高速バスに乗って帰ってきました。一部の方は仙山線を利用したようですが、2時間以上もかかったとのことで、益々通常規格の新幹線の推進と仙山連携に係る交通網の整備をしっかりとして行かなければならないと感じました。

| 研修・要望等報告 | 23:42 |
合同勉強会初日

 今日から1泊2日の日程で、公明党山形市議団と翔政会(自民党山形市議)との合同勉強会を衆議院1号館の地下会議室で行いました。初日は、国土交通省都市局都市計画課の平賀課長補佐並びに佐藤開発企画調整官らからまちづくりファンド支援事業についてと、市街化調整区域における古民家等既存建築物の用途変更の運用弾力化について、お話しを伺いました。

 古い建物の機能を今の時代に適したあり方に変えて、新しい機能を付与することをリノベーションと言います。山形市七日町の開発も建築物の再生を起爆剤としてエリアに新しいコンテンツを生み出し、エリア価値の向上や地域雇用の創出促進を目指してリノベーションまちづくりを展開しています。

 地域金融機関との連携によるまちづくりファンド支援事業(マネジメント型)の創設では、地域金融機関(地銀、第二地銀、信金、信組)からの出資と民都機構とのLP出資が鍵となるとのお話がありました。ファンドの期間は最長20年、ファンド形態は、LLP・LPS・GK-TK等からファンドの規模等を踏まえて選択、ファンド規模は数千万円〜数億円を想定、民都機構の出資額はファンド総額の1/2を上限とします。平賀課長補佐は地域金融機関の活用と応援について話をされていましたが、この絵図は国土交通省のものであって地銀等に対して金融庁からの働き掛けはどの様になっているのかお尋ねしました。

 金融庁としても、まちづくりファンドへの地銀等の関与を積極的に進めるよう推進している。また、自分たちも地方等に出た場合は地元の金融機関を廻りながら推進しているとの話がありました。なお、まちづくりファンド支援事業としては、マネジメント型(平成29年度創設)とクラウドファンディング活用型(平成27年度創設)がある。

 市街化調整区域における古民家等既存建築物の用途変更の運用弾力化についてでは、平成28年12月27日に市街化調整区域における建築物の用途変更の運用弾力化について、空家などの既存建築物を地域資源として、既存集落のコミュニティ維持や観光振興等による地域再生に活用する場合に、許可の運用の弾力化を可能とする技術的助言を発出したとのことでした。このことにより、ヾ儻振興のために必要な宿泊、飲食等の提供の用に供する施設。既存集落の維持のために必要な賃貸住宅等。については用途変更は差支えないと言うものでした。ただし、許可に当たっては都市計画区域マスタープランや市町村マスタープラン、地域振興、観光振興等に関する方針や計画等と整合していることとしています。

 山形市は3月定例議会において市街化調整区域の開発要件を緩和することを各会派の勉強会で明言しており、こちらとの整合性や別要件となるのか確認をして行きたいと思います。

| 研修・要望等報告 | 23:55 |
第54回山形県市議会議長会議員研修会!

 山形国際交流プラザビッグウイングで開催された、第54回山形県市議会議長会議員研修会に出席させて頂きました。

 立教大学経済学部教授であり、スモールサン(中小企業サポートネットワーク)主宰である山口義行氏から、地域経済活性化と中小企業と題してご講演を頂きました。

 スモールサンは経営者の3つの力を育てるとしています。その1つ目は読む力、2つ目は問う力、3つ目はつなぐ力です。その一つ一つの説明には説得力がありました。世界の経済状況を見聞きし見通す力、このままで良いのか、どうすれば良いのかと前向きに思考する力、同じ仲間ばかりでなく様々な方と交流を深めながら隣接異業種の方々と目的に向かって繋いで行く力が大切と事例を挙げて分かり易くご講演を頂きました。私自身もっと勉強が必要だと痛感しました。

| 研修・要望等報告 | 18:07 |
遠藤利明東京オリパラ大臣に要望!

 二日目は、遠藤利明東京オリンピック・パラリンピック大臣を訪れ、長谷川自由民主党山形支部長から「ホストタウン誘致にむけて」の要望書を手渡し、さらなるご尽力を賜ることをお願いしてきました。

 遠藤大臣からは、昨日の勉強会を踏まえて人脈やまだ手を挙げていない国名等を紹介して頂きながらホストタウン誘致に向けての話をして頂きました。2年後に迫る冬季ソチオリンピックや蔵王山ジャンプのサマーヒル化を活用しながら2020年に繋げて行く方法など有意義な時間を得ることが出来ました。

 大臣室の中にはこんなものも置いてありました。

 2020年東京オリンピック・パラリンピックのエンブレムのポスターの前で記念撮影です。

 遠藤大臣のもとを後にして、衆議院第二会館の506号室にいる真山祐一衆議院議員の部屋を訪ね記念撮影をさせて頂きました。そして、真山衆議院議員は宮城県出身なので、昨日の若松復興副大臣に手渡した「山形ー仙台間の横軸強化と災害に強い国土軸の形成について」の要望書の内容についてお話をし、真山議員のお力添えもお願いさせて頂きました。

| 研修・要望等報告 | 23:45 |
自民党・公明党合同の勉強会!

 その後、衆議院議員第一議員会館に戻り、自民党・公明党合同による「ホストタウン誘致に関する勉強会」を開催しました。この勉強会では、ホストタウンの推進と地域活性化〜2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けて〜と題して、内閣官房オリパラ事務局、東京オリパラ競技大会推進本部事務局 参事官 羽生雄一郎氏からお話しをお聴きしました。

 ホストタウンとは、2020年の大会開催に向け、スポーツ立国、グローバル化の推進、地域の活性化、観光振興等に資する観点から、参加国・地域との人的・経済的・文化的な相互交流を図る地方公共団体を「ホストタウン」として全国各地に広げる事業です。

 山形市は、サモア・台湾・タイの3国に対してホストタウンになりたいとして登録申請を行い認められています。今回の資料で3国とも日本国内のいずれかの市や町が登録を行っており、相手国より山形市と指名して頂くために色々な手立てを行って行かなければなりません。特に、両国の関係の深い人を探し、その方々と一緒に誘致を図って行かなければならないこと。また、行政ばかりでなく山形市民の盛り上がりや誘致するためのハードの準備も必要であり、安閑としてはいられないことを実感してきました。

 余談になりますが、山形県中学校野球大会について経過が聞きたくて学校に連絡を入れたら5対4で準決勝をサヨナラ勝ちしたこと、決勝は遊佐中から負けた事などを知らされました。兎に角十中野球部の奮闘、健闘に心からの拍手を送らせて頂きました。

| 研修・要望等報告 | 23:55 |
若松復興副大臣に要望!

 若松謙維復興副大臣と公明党山形市議団(折原政信会長、武田新世幹事長、松田孝男会計)とで記念撮影。

 そして、長谷川幸司自由民主党山形支部長とともに若松復興副大臣に「山形ー仙台間の横軸強化と災害に強い国土軸の形成について」の要望書を手渡しさせていただきました。

 今日一緒に来ている全員が入っての記念撮影です。本日の参加者は、公明党山形市議団3名(折原政信、武田新世、松田孝男)、自由民主党山形市議会議員10名(鈴木善太郎、斎藤武弘、長谷川幸司、丸子善弘、菊地健太郎、中野信吾、伊藤香織、田中英子、浅野弥史、仁藤俊)の総勢13名です。

 要望書を手渡した後、私から若松復興副大臣に趣旨説明、その後、中野議員や斎藤副議長から経過と経緯について詳細の話があったのち懇談をさせて頂きました。若松復興副大臣は二口峠のこともご存じで、これらを進めて行くには山形県・宮城県の県議会議員の皆さん、山形市と仙台市の市議会議員同士による連絡協議会設置の必要性や全体的な機運の盛り上げが必要と語られ、これらについて意見交換をさせて頂きました。

| 研修・要望等報告 | 23:45 |
おりはら政信公式サイトへ
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
+ プロフィール
  • 昭和29年11月24日生まれ
  • 山形商業高校卒業
  • 専修大学Ⅱ部商学部4年中退
  • 東京都世田谷区役所・山形市役所
【現在】
  • 市議会議員(4期目)
  • 環境建設委員会委員
  • 議会運営委員会委員
  • 議会史編さん委員会委員
  • 公明党山形県本部副代表
+ 最近記事
+ カテゴリー別アーカイブ
+ アーカイブ
+ 携帯
qrcode
携帯からも閲覧できます。
このページの先頭へ