おりはら政信Blog

山形市議会議員「おりはら政信」が毎日更新しております!
山形広域環境事務組合議員行政視察(二日目)

 行政視察二日目は、秋田市汚泥再生処理センターを見せて頂きました。最初に施設概要等をお聞きしました。汚泥再生処理センターは、秋田市向浜1丁目13番1号に所在し、処理方法は固液分離・希釈放流方式で、資源化方式で汚泥を助燃剤化しています。処理能力は175㎘/日、敷地面積45835屐建築面積2752屐延床面積4543屐工期は平成23年9月30日〜平成25年1月31日、事業費は約8億6千万円と言うことでした。但し、仮に新設した場合では約27億円と試算していたことから、イニシャルコストとして約7割ほど縮減したとのことでした。

 脱水機で搾られた分離液は、工業用水で約3.5倍に希釈して、この施設から南に約500m南下した地点にある、秋田市上下水道局の公共ますを介して流域下水道のマンホールに流入させ、流域下水道終末処理場で水処理部門を行う共同処理をすることになります。流域下水道へ投入する条件として、放流水質は、PH:5を超え9未満、BOD:600mg/ℓ以下、COD:600mg/ℓ以下、SS:600mg/ℓ以下、NH4-N+NOx-N:380mg/ℓ以下、ノルマルヘキサン抽出物質(鉱物性):5mg/ℓ以下、ノルマルヘキサン(動植物性):30mg/ℓ以下、ヨウ素消費量:220mg/ℓ以下、の下水道排徐基準を遵守することと一日600㎥の放流量が決められているとのことでした。上記写真の右側の状態とのことでした。写真上のものが、含水率70%まで脱水化したもので、大型トラックで1日1台から2台総合環境センターの方に搬入し助燃剤として燃やすとのことでした。助燃剤という位置づけは、燃焼と助けるというより、溶融炉のコークス等の燃料費を節約に寄与するという考え方で、助燃剤化すると、環境省の循環型社会形成推進交付金の対象となり、約3分の1の交付金が受けられたとのことでした。

 処理方式を変更したことで、平成24年度の旧処理と平成29年度の新施設の維持管理は、それぞれ約1億4千万円、1億6千万円で若干処理経費は増加傾向となっています。事業主体は秋田市環境部ですが、水ing・中央土建・能登谷建設工事共同企業体が設計・施工し、管理運営も任せているとのことで、これまで10名いた職員も3名と7名の減となっており経費節減になっている。また、処理量1㎘当たりの費用は、平成24年度が約7200円、平成29年度が約5800円であることから、ランニングコストも約2割ほど削減されたとのことでした。

 沼木にあるクリーンセンターも汚泥等の搬入量が減少しており、処理方法を下水道管への希釈放流方式に変更していくとしています。今回、この施設を見せて頂き課題も見えてきた部分もあり大変に参考になりました。改めて、事務局の方々から話を聞いて地元も納得できる体制となるよう話し合いを進めていきたいと思います。

| 視察報告 | 23:55 |
山形広域環境事務組合議員行政視察(一日目)!

 今日から1泊二日の日程で山形広域環境事務組合議員の行政視察に行ってきます。視察地は秋田市総合環境センター・リサイクルプラザと秋田市汚泥再生処理センターの二箇所です。

 視察団は丸子善弘議長(山形市)を団長に、川崎朋巳副議長(上山市)、浅野弥史議員(山形市)、高橋公夫議員(山形市)、伊藤香織議員(山形市)、折原政信議員(山形市)、小野仁議員(山形市)、今野誠一議員(山形市)、佐藤光義議員(上山市)、枝松直樹議員(上山市)、遠藤真由美議員(山辺町)、斉藤昭彦議員(山辺町)、村山隆議員(中山町)、堀川政美議員(中山町)の14名と事務局9名の合計人数23名での視察となります。

 今回の視察は、沼木にあるクリーンセンターをどうするのか。当局の方からは既に新築ではなく改良して下水道に放流する方法を取っていきたいと方針が示されています。そうしたことから、同じ方法に切り替えた先進事例をお聞きすることになっています。

 秋田市総合環境センターは、秋田市河辺豊成字虚空蔵大台滝1番1に所在し、432000屬搬臺兮腓な敷地面積を有します。平成14年3月に新設し、平成24年3月に能力増強を図っています。処理能力は460t/24h(230t/24h×2炉)で、処理方法はシャフト炉式ガス化溶融炉、工場棟は地下6階、地下1階で、工事費は新設時202億1250万円、能力増強時49億6650万円で、設計・施工は新日鉄エンジニアリング株式会社

 秋田市総合環境センター第2リサイクルプラザは、建設地面積は約8600屐∧神18年9月に竣工、32t/5hの処理能力を有し、粗大ごみ・金属類を二軸剪断破砕+堅型回転破砕+機械選別の処理方式により選別します。事業費は16億1440万円。

 リサイクルプラザは、びんリサイクル設備:36t/5h、缶・乾電池リサイクル設備:28t/5h、ペットボトルリサイクル設備:10t/5hの施設規模を有し、、鉄骨、一部鉄筋コンクリート造り、地上3階、建築面積:2552屐延べ床面積:5062屐△能弭は平成11年3月、建設費は19億4250万円となっています。そして、空き缶、空き瓶、ペットボトルの実際の処理作業やリサイクル製品を見ながら、リサイクルのしくみを学習したり、地球環境について考える仕組みを形成しています。今までリサイクルプラザを沢山見てきましたが、これほど詳しく説明してもらったり展示品があったという経験がないため川口環境専門委員に素晴らしいですと感想を話させていただきました。

| 視察報告 | 23:55 |
会派視察(三郷市立図書館)

 全国市議会議長会研究フォーラムに参加した後、16日は日本一の読書のまち宣言をしている埼玉県三郷市の市立図書館にお邪魔して、日本一の読書のまち三郷推進計画並びに推進事業と「電子図書館」についてお話を伺ってきました。

 お話は事務室の中でお聞きしました。三郷市内には3つの図書館(市立・北部・早稲田)と4つの図書室(彦成地区文化センター図書室・東和東地区文化センター図書室・コミュニティセンター図書室・高州地区文化センター図書室)があります。電子図書館とは、インターネットに繋がっているパソコン・スマートフォン・タブレットから三郷市図書館所蔵の電子書籍を借りて読むことができる「インターネット上の図書館」です。24時間いつでもどこからでも利用することが出来ます。利用できる人は、三郷市図書館の資料利用券を持っている方で、三郷市内に在住・在勤・在学の方です。申し込み方法は、〇斡浸堙纏區渊餞柩用申込書、∋斡浸埒渊餞杙駑鼠用券、代理の場合は Ν△梁召豊申込書裏面の委任状蘭に記入、ぢ緲人本人の住所、氏名が確認できる証明書(免許証、保険証等)、申し込みは3つの図書館と4つの図書室で申し込むことになります。貸出点数は3点まで(紙の資料とは別)、貸出期間は15日間(返却期限日を過ぎると自動的に返却)、予約点数は3点まで。借りる時は、 峪斡浸堙纏區渊顱廚縫▲セスし、ユーザーIDとパスワードを入力してログイン。読みたい電子書籍を検索し、「借りる」ボタンをクリックします。借りた後は、マイページの「読む」ボタンをクリックすると電子図書の読み込みが始まります。そして暫くすると画面が出てきて読むことが出来るとのことでした。当初費用は815400円、維持費用は毎月11万円、登録者は10月末で874人、貸出1719回、閲覧1467点、延べ4753回の利用、電子図書数5568点ということでした。

 三つの図書館(市立・北部・早稲田)には活字を読むことに困難な方々でも読書を楽しめる「みる・よむ・きく バリアフリーコーナー」が設置され、デジタル機能で「読む」をサポートしています。所謂読み上げ機能を備えたパソコンを各図書館で2席設置しています。ここではDAISY(ディジー)視聴が出来ます。三郷市図書館で所蔵する様々なジャンルのDAISYや国立国会図書館やサピエ図書館が所蔵するDAISYを取り寄せることもできます。利用するにあたってどの位かかりますかとお尋ねしたところ会員になることと年間4万円の経費が掛かるとのことでした。また、主に児童書のマルチメディアDAISY(伊藤忠財団法人から寄贈された「わいわい文庫」など)も所蔵しているとのことでした。

三郷図書館のホームページ

https://www.lib.misato.saitama.jp/index.html;jsessionid

=5CFCEA7F900EC6AE61926FE91BFC86BE?0

 私も電子図書の操作をしてみました。車いすに合わせて机の高さも調節できます。そのほかに、磁気ループ(聞こえを支援する設備)、DAISY再生専用機、拡大読書機、リーディングトラッカー(読みたい行に集中して読むための読書補助具)、老眼鏡、車いすなども準備しています。また、視覚障がい者サービスとして、対面朗読、録音図書の貸出なども行っています。

 らんどせるブックよもよも事業では、小学校へ入学する全ての児童に、本を1冊贈る事業ですが、上記の12冊から選べることになっているとのこと。入学式に、小学校へ希望調査票を提出し、7月ごろに小学校で児童に送られます。なお、実物の本は市内7図書館施設で展示されています。

 三郷市は現在、小学校19校、中学校8校があり、大体中学校区に1つの配置割合としているとのお話がありました。その上で市立・早稲田図書館は毎週月曜日と毎月第4木曜日を休館日とし、北部図書館は、毎週金曜日と毎月第4木曜日を休館日とし、各地区文化センター図書室は毎週月曜日、コミュニティセンター図書室は定休日なしにして、何処かで本を読める体制を整えているとのお話がありました。

 その他に、五木寛之氏文学講演会、みさと秋の読書まつり、読み聞かせボランティア養成講座など日本一の読書のまち三郷に相応しい事業展開でした。大変お忙しい中をご説明頂いた皆さんに心から感謝申し上げ、視察報告とさせていただきます。

| 視察報告 | 23:55 |
全国市議会議長会研究フォーラム(第2日目)

 全国市議会議長会研究フォーラム2日目は、昨日に引き続き江藤俊昭氏をコーディネーターにして、課題討議を行いました。事例報告者は、桑田鉄男氏(久慈市議会副議長)、伊藤健太郎氏(新潟市議会議員 新潟市議会主権者教育推進プロジェクトチームリーダー)、ビアンキ アンソニー氏(犬山市議会議長)、道法知江氏(竹原市議会議長)の4名です。

 各議会とも地域の特性や条件等により内容等はマチマチです。そうした中にあって、市民の代表である全国の市議会議員や区議会議員が一堂に集まり、事例を発表しあい質疑応答や情報交換を行うことは大変に良いことだと思います。この中から様々な発想が生まれ、新たな取り組みが出来たら最高だと思います。今、議員の成りて不足や低投票率の問題も深刻化しています。いよいよ明年4月には統一地方選挙も実施されます。山形市議会議員選挙では成りて不足はないと思いますが、投票率のアップについてはどのような形で市民にアピールしていくか、選挙管理委員会の取り組みだけを避難するのではなく、訴える側(候補者)もしっかりと考え検証していく必要があると思います。

 閉会式の後、これまで何回か申し込んでも外れていた視察に同行しました。Aコース、Bコース、Cコース、Eコース、Gコースとありますが、私たちが申し込んだCコースは、那須烏山市 ユネスコ無形文化遺産・近代化遺産活用事例視察です。二日目はこちらの視察内容を写真でお届けしたいと思います。

 ユネスコ無形文化遺産 国指定重要無形民俗文化財 山あげ祭、那須烏山市最大のお祭り「山あげ祭」をここ山あげ会館で体感することが出来ました。

 実際の舞台と町並みを5分の1に縮尺した山あげ祭のミニチュア劇の始まり始まりです。

 名物ロボット「勘助じいさん」が栃木訛りで面白おかしくお祭りを説明してくれました。

 屋台展示場です。大きなスクリーンで山あげ祭の準備から当日までのドキュメント映像は迫力と祭りにかける意気込み・伝統・儀式を垣間見ることが出来ました。山あげ祭は、450年以上の歴史を誇る、絢爛豪華な野外劇で道路上100mにも及ぶ舞台が設置されます。烏山和紙を使った背景の「はりか山」(大山:高さ約10m、中山:高さ約7m、前山:高さ約5m)や館、橋、波などが配置され、舞台の進行に伴い様々に変化していきます。毎年7月の第4土曜日を含む金、土、日に開催されるとのことです。

 烏山和紙会館にお邪魔しました。病院を買い取ってクラフト館も併設されています。

 最後にお邪魔したのが土木学会選奨土木遺産・那須烏山市近代化遺産のどうくつ酒蔵です。この洞窟は、第二次世界大戦末期に戦車を製造するために建造された地下工場跡です。昭和19年11月に東京動力機械製造蠅料続が決まり、山裾に半地下式工場が建造され、隣接してこの地下場も作られたとのこと。半地下式工場では終戦までに約20台の戦車が製造されたとのことですが、地下工場では戦車を製造することなく終戦を迎えたとのことでした。たて抗100m3本、横抗60m5本、延べ600mの中に瓶囲熟成酒を保管しています。

 ^貳姪なタンク貯蔵は瓶詰までに2回の熱処理を行いますが、どうくつ貯蔵酒は直接瓶詰の1回の熱処理のため、酒質の変化を最小限に抑えると共に、熟成したそのままを届けることが出来ます。太陽光線がまったく入らないので、日光による変化がありません。G間を通じ、どうくつ内温度は平均10℃、季節によりプラスマイナス5℃で、清酒の熟成には最適温度であると共に、その四季を通じた温度差により、瓶内で対流が生じ常に品質が均一化された状況で熟成されるとのこと。昭和45年から大吟醸酒の熟成酒造りの取り組みを開始し、現在でも1年もかけることなく各年最高品質の大吟醸酒を保有。今はオーナー制度も行っているとのことでした。

| 視察報告 | 23:55 |
全国市議会議長会研究フォーラム(第1日目)

 今日から二日間に亘って開催される、第13回全国市議会議長会研究フォーラムin宇都宮に参加のため宇都宮市に来ています。

 午後1時から開会式があり、その後第1部の基調講演「共生社会と地方自治体」と題して宮本太郎中央大学法学部教授より講演がありました。宮本教授は人口減少社会の中で、就労や定年後の地域デビューといった住民が活躍する場の必要性を話され、「ずっと出番のあるまち、多様な『縁』を作ることが大切だ」と訴えられました。

 第2部は、「議会と住民の関係について」と題して、江藤俊昭氏(山梨学院大学大学院研究科長・法学部教授)をコーディネーターにして、今井照氏(公益財団法人地方自治総合研究所主任研究員)、本田節氏(有限会社ひまわり亭代表取締役 食・農・人総合研究所リュウキンカの郷主宰)、神田誠司氏(朝日新聞大阪本社地域報道部記者)、小林紀夫氏(宇都宮市議会議長)の4人がパネリストになり話し合いが進められました。

 本田氏は、住民から信頼される議員の要素として、議会人としての使命感や誇りとともに「住民参加型の活動に積極的に参加し、問題を把握することが大切だ」と話されました。また、小林議長は「議会と住民の関係を近づけるためには、大選挙区の解消も方法の一つと考えられる」と問題提起をされました。神田氏は若年世代や女性が少ない地方議会の現状を取り上げられました。前日、議会報告会を開催し、地域の方々からの多様な意見を聞きましたが、改めて議員は住民の声を聞く技量を高める必要があると実感しました。

| 視察報告 | 23:55 |
環境建設委員会で水源涵養林を視察!

 環境建設委員会で水源涵養林を視察を行いました。4年前に森林産業活性化推進山形市議員連盟で水源涵養林の視察を行いましたが、ここ不動沢取水場は当然の如く素通りでした。

 不動沢川から水を取り入れます。

 この装置は落ち葉を除去する装置だそうです。

 そして、ここで新そばの実を真冬の冷たい清流にさらして風味を引き出す「寒ざらしそば」の水浸しが作業が行われるのがこの場所ですとの説明にびっくりしてしまいました。新そばは水温0.2度という冷たい沢水に約2週間浸されアクを出した後、西蔵王高原で1ケ月ほど寒風にさらされます。これにより甘みが増して上品な味に仕上がり、4月以降市内各そば店で味わうことが出来ます。

 平成11年建設費1260万円をかけて管理小屋が建築されました。この中で涵養林の大切さや管理状況について話をお聞きしました。

 この管理小屋で、きのこ汁を頂きながらおにぎりタイムです。

 「緑のダム」とも呼ばれる水源涵養林は、樹木に降った雨を水分として蓄え、土砂崩れや雪崩などを防ぎ、自然の自浄作用による水質浄化などの機能を持っていることから、良質な水源として将来に渡り確保していく必要があります。現在、馬見ケ崎上流の蔵王連峰の一部を源とする不動沢の流域部に72825haの水源涵養林を所有しています。その内訳は、スギ20186ha(約20000本)、カラマツ19280ha(約19000本)、その他2640ha(約2600本)の人工林と30719haの天然林から成っています。これらの場所は、昭和32年と昭和59年の2回に渡って40660000円で取得したとのことでした。

 平成17年度、平成23年度の2回に渡って山形北ロータリークラブから、ブナ、ミズナラ、イタヤカエデなど530本の記念植樹が行われ生育しているところ見させていただきました。平成8年2月に山形市水源涵養林経営計画書を策定し、植栽した苗木を雑草木からむ守るための下刈り、育成の支障となる樹木の除伐、成長を促すための間引きを行う間伐など管理方針を決めながら管理しているとのことでした。

| 視察報告 | 23:45 |
東京研修二日目!

 東京研修二日目は、国土交通省 都市局 総務課の竹内重孝企画官と都市計画課田代悠真法制係長から平成31年度都市局関係予算概算要求概要、都市機能立地支援事業 都市再構築戦略事業について、コンパクト・プラス・ネットワークの本格的推進について、都市のスポンジ化対策等について、お話をお聞きしました。

 ここでは、立地適正化計画を作成した市町村が絶対自要件であるということです。現在、407都市が立地適正化計画についてて具体的な取り組みを行っていますが、このうち161都市が平成30年5月1日までに計画を作成・公表を行っています。山形県では、山形市・米沢市・鶴岡市・酒田市・寒河江市・村山市・長井市・中山町で立地適正化計画を行うとしていますが、作成・公表までに至っているのは鶴岡市だけでした。中心拠点誘導施設の対象施設は、^緡纏楡漾↓⊆匆駟〇禹楡漾↓6軌虔顕住楡漾↓せ勸蕕道抉膸楡澆箸覆辰討い泙垢、これに体育施設を追加したいとのことだ財務局と調整中であるとのことでした。建築物の整備に関する支援要件は、1)維持管理費を算出し国へ提出していること、2)以下の 銑い里い困譴に合致すること、々抒阿らまちなかへの移転、∋楡澆療廃合、B召了楡澆箸旅臙曄↓じ共施設等総合管理計画を策定済みであり、個別施設計画またはまちづくりのための公的不動産有効活用ガイドラインに基づく計画への当該施設整備の明確な位置づけがされていること。3)三位一体改革で税源移譲の対象となっていないこと。4)他省庁の補助制度がないこととされています。

 竹内企画官は山形県庁にも出向されていたとのことで、大変に山形に造詣か深く気軽に様々なことについて相談してくださいとのことでした。とにかくこうした縁を大切にしながら山形市のさらなる活性化を図られるよう頑張っていかなければと思います。取敢えずはは山形市として立地適正化計画を作成し公表することが一番大切なことであり、どんな状況になっているのか確認をしていきたいと思います。

| 視察報告 | 23:55 |
おりはら政信公式サイトへ
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
+ プロフィール
  • 昭和29年11月24日生まれ
  • 山形商業高校卒業
  • 専修大学Ⅱ部商学部4年中退
  • 東京都世田谷区役所・山形市役所
【現在】
  • 市議会議員(4期目)
  • 環境建設委員会委員
  • 議会運営委員会委員
  • 議会史編さん委員会委員
  • 公明党山形県本部副代表
+ 最近記事
+ カテゴリー別アーカイブ
+ アーカイブ
+ 携帯
qrcode
携帯からも閲覧できます。
このページの先頭へ