おりはら政信Blog

山形市議会議員「おりはら政信」が毎日更新しております!
山中伸弥教授が新型コロナHPを開設!

 人工多能性幹細胞(iPS細胞)の開発でノーベル医学生理学賞を受賞した山中伸弥・京都大学教授(57歳)が、新型コロナウイルスについて、強い覚悟を持ってホームページを開設したとの報道がありました。

 山中伸弥教授は、世界で最も尊敬される日本の医学者であり、幹細胞の研究者です。日本の宝であり、誇りの山中教授が忙しい中を新型コロナウイルスによる世界・日本の国難を克服するために立ち上がりホームページ開設したことに心から敬意と感謝を表したいと思います。

 山中教授は次のように述べられています。「新型コロナウイルスとの闘いは短距離走ではありません。1年は続く可能性のあるマラソンです。日本は2月末の安倍首相の号令により多くの国に先駆けてスタートダッシュを切りました。しかし最近、急速にペースダウンしています。このままでは、感染が一気に広がり、医療崩壊や社会混乱が生じる恐れがあります。一人一人がそれぞれの家庭や仕事の状況に応じた最速ペースで走り続ける必要があります。国民の賢い判断と行動が求められています。この情報発信が、皆様の判断基準として少しでも役立つことを願っています。なお、本活動は個人の責任で行っており、京都大学やIPS細胞研究所は関与しておりません。」

 山中教授の国民を思う心と勇気に改めて深く敬意を表しながら、山中教授が発する最新情報をしっかりと肝に銘じながら行動をして行きましょう。

 山中伸弥教授が立ち上げたサイトは下記のアドレスです。是非、クリックしてアクセスしてみて下さい。

https://www.covid19-yamanaka.com/index.html

| おりはら日記 | 08:00 |
外出自粛の日!

 外出自粛の報道が流れる中、我が家の庭の雪囲いをほどいてもらい、消毒をして貰いました。

 また、上山と天童に住む孫達が我が家に集まりました。今夜はお好み焼きと焼きそばを作って皆で食べました。お好み焼きは初めての経験で、孫たちが代わる代わる鉄板の前に立ちお手伝いをしました。孫たちが作ったお好み焼きは格別の味でした。

| おりはら日記 | 23:45 |
現金給付、生活支援の柱!

2020年3月27日付 公明新聞より

現金給付、生活支援の柱!

雇用維持へ助成拡充も
経済対策で山口代表

中央幹事会であいさつする山口代表=26日 党本部

中央幹事会であいさつする山口代表=26日 党本部

 公明党の山口那津男代表は26日午前、東京都新宿区の党本部で開かれた中央幹事会であいさつし、新型コロナウイルスの感染拡大に対応する新たな経済対策について、来週にも党として政府に提言する考えを示した上で、「一番困っているところに手が届き、経済、社会が元通りになるという期待感に結び付くインパクトとメッセージ性のある対策をつくるため、全力を集中したい」と強調しました。

 山口代表は、党の提言の内容について、「柱の一つとして生活支援に力を入れなければならない」と指摘。具体的には「仕事がなくなり、収入が途絶えてしまったり、資金繰りが大変な中、生活支援として現金給付が必要な人の手に届くようにしたい」と力説しました。また、事業継続への支援策として、政府系、民間金融機関を通じ「利子や保証を緩やかにして事業者に融資が届くことが重要だ」と強調しました。

 さらに雇用維持に向けては、経営悪化時に雇用を維持するための雇用調整助成金に触れ、休業手当に対する助成率を最大9割に引き上げるとともに、支給できる日数を100日から300日に増やすといった大胆な対策の必要性を指摘。非正規、パート労働者、フリーランスも可能な限り対象に加えたいと語りました。

 景気浮揚策では、新型コロナウイルスの終息を見据え、旅行などに対するクーポン券の発行や割引制度の導入を検討していくと強調。同感染症を防ぐためのワクチンや薬剤の開発にも取り組むと語りました。

 個人相談で、生活福祉資金貸付制度で緊急小口資金や総合支援資金(生活支援費)の特例や、固定資産税や水道料等の納付猶予が行われたが、これらは一時借り入れであって猶予期間後返済しなければならないし、公共料金等にしても納付の一時猶予であり、個人業等に於いては大変に厳しい状況である。それらを含め早急な現金支給をお願いしたいとのお話を頂きました。私たちも皆様の声を県・国に挙げると共に党本部にも伝え、即効性のある経済対策支援を行っていきたいと思います。

| おりはら日記 | 06:30 |
陸前高田の一本松と閖上メイプル館!

 いわてTUNAMIメモリアルに行って陸前高田の一本杉と東日本大震災津波伝承館を見てきました。行くまでに道路の整備や復興している様子等も見ることが出来ました。しかし、まだあちこちに遺構ということでその当時に悲惨した建物が残っていました。

 高台からは新たに植栽された杉の苗木と青々とした海が見えました。この場から尊い命と財産を一瞬にして無くされた方々に対して心からの哀悼の意を表し、心からご冥福をお祈りさせて頂きました。

 津波伝承館は、4つのゾーンからなり、津波災害の歴史や被災した実際のものの展示や写真・被災者の声、命を守るため教訓や復興を共に進めるためのスペースが設けられていました。写真は事実を知るゾーン2に展示されていた潰された消防団の車両です。

 ゆりあげキッチン&ギラリーメイプル館にもお邪魔し、当時の映像をもとに被害状況をお聞きしました。メイプル館の営業は月曜日〜土曜日の午前10時〜午後4時までで毎週木曜日が定休日となります。また、ゆりあげ港朝市の開場は毎週日曜日・祝日で開場時間は朝の6時から午後1時まで、せり市は毎週日曜日午前10時からとなります。

 メイプル館にあるお食事処です。私は本マグロ三色丼2600円のところ半額の1300円で頂いてきました。本当に美味しかったです。そして、とても得した気分になりました。

 それぞれ特徴あるメニューを出されていました。

| おりはら日記 | 23:45 |
大関朝乃山が誕生!

 新型コロナウイルス感染症のニュース報道が毎日続きますが、久々に明るいニュースがありました。春場所は無観客で開催された大相撲ですが、朝乃山は関脇で11勝を挙げました。昇進の目安は直近3場所の勝利数が33勝とされていますが、32勝ではどうかとの話もありました。しかし、将来性と正攻法の取り口や現在貴景勝の一人大関等も加味されたのか日本相撲協会は25日の番付編成会議と臨時理事会で朝乃山を新大関とすることを決めました。

 朝乃山の6場所の成績は、令和2年3月場所東関脇で11勝4敗、令和2年1月場所東関脇10勝5敗、令和元年11月場所西小結11勝4敗技能賞、令和元年9月場所西前頭2枚目10勝5敗殊勲賞、令和元年7月場所東前頭筆頭7勝8敗、令和元年5月場所西前頭8枚目12勝3敗幕内優勝・殊勲賞・敢闘賞という大変に立派な成績を残しています。

 朝乃山は、令和初の幕内優勝を飾り、令和初の大関となりました。そして、昇進を伝達に来た使者に対して、『大関の名に恥じぬよう相撲を愛し、力士として正義を全うし、一生懸命に努力します』と口上を述べました。伝達式後の記者会見で、口上について語った朝乃山は、愛と正義は母校・富山商高の教育目標、一生懸命は中学から好きな言葉と説明しました。新大関朝乃山がさらに大関の位置でも大活躍し早く日本人の横綱となって大いに土俵を盛り上げて行って欲しいと願います。

| おりはら日記 | 23:55 |
東京オリンピック・パラリンピックが延期に!

 昨日、東京オリンピック・パラリンピックの延期が決定されました。新型コロナウイルス感染症等が世界・日本中に蔓延している中で、7月24日(金)から開催されるとしていた五輪開催を危ぶんでいたのは私だけではないと思います。

 報道では、『完全な形』の東京オリンピックは1年後に延期されたとのこと。五輪は戦争で中止になったことはあるものの、延期されるのは124年のオリンピック歴史上初めての事であります。また、26日からスタートして日本中を聖火リレーすることも中止となりました。

 これまで、延期決定や中止はあり得ないとして最後の判断は4週間後としていましたが、早い段階で結論を導いたことは評価したいと思いますが、選手たちは『7月24日から始まる東京オリンピック・パラリンピック』を目指してきたはずです。1年遅れることによって選手生命やアスリートの体力や心理面での変化も予想できます。私は、選手選考の決定については現状のままで選考し1年後を目指すこととし、新たな選考はしないようにと思います。

 中止と言う最悪のシナリオは回避されましたが、問題は山積です。IOC・東京都・組織委員会・各競技団体等な呼吸を合わせ、1年後には素晴らしい世界の祭典がここ日本中で開催されることを心から望みます。

| おりはら日記 | 05:30 |
3月定例議会が閉会!

 山形市議会3月定例議会が閉会しました。2020年度一般会計952億9,100万円を始め、9つの特別会計及び3つの企業会計を含めた全会計の予算総額1,888億8,369万円、追加提案された2019年度一般会計補正予算、各種条例等の改正について、議会案4案を原案通り可決しました。また、人事案件では教育委員の白鳥樹一郎氏、固定資産評価審査委員の伊藤一雄氏をそれぞれ再任することに同意しました。

 議会案は、市議会政務活動費の交付に関する条例の一部改正、産前産後の女性議員の表決権確保を求める意見書、新型コロナウイルス感染症等に関する意見書等です。

 今回の新年度の予算には、公明党山形市議団として一般質問や政策提言をした項目、重粒子線治療費等助成事業1,301千円、児童遊園への健康器具設置検証事業5,000千円、胃がん検診(内視鏡検査)事業27,968千円、妊婦歯科健康診査事業3,289千円、猫の不妊・去勢手術費補助金交付事業1,454千円など数多く取り入れて頂いています。これらについては、随時実施状況等について確認を取り、また市民生活等の様々な不安や要望等に耳を傾け、今後も一つでも多くカタチにすべくしっかりと活動を展開して参りたいと思います。

| 議会報告 | 23:55 |
おりはら政信公式サイトへ
+ プロフィール
  • 昭和29年11月24日生まれ
  • 山形商業高校卒業
  • 専修大学Ⅱ部商学部4年中退
  • 東京都世田谷区役所・山形市役所
【現在】
  • 市議会議員(4期目)
  • 環境建設委員会委員
  • 議会運営委員会委員
  • 議会史編さん委員会委員
  • 公明党山形県本部副代表
+ 最近記事
+ カテゴリー別アーカイブ
+ アーカイブ
+ 携帯
qrcode
携帯からも閲覧できます。
このページの先頭へ