おりはら政信Blog

山形市議会議員「おりはら政信」が毎日更新しております!
政策提言回答書!

 本日、昨年の12月26日に佐藤市長に手渡した「平成30年度予算編成にかかわる政策提言」の回答書を佐藤孝弘市長から頂きました。

 公明党山形市議団の会長である私から、佐藤市長並びに関係部長の皆様方に御礼を申し上げさせて頂きました。

 佐藤市長から事前に打ち合わせていた10項目について詳細に亘って説明を頂きました。その後、さらに意見交換をさせて頂きました。直接お話しを伺うことができ私たちの思いと市長の思いを再確認することができました。

| おりはら日記 | 17:00 |
3月定例議会の一般質問順序!

 本会議終了後、議会運営委員会が開催され、2月27日(火)、2月28日(水)の二日間に亘って行われる一般質問の順番を抽選により決定しました。公明党山形市議団からは松田孝男議員が一般質問に立ちます。二日間の一般質問の方々は下記の通りです。是非、傍聴及びインターネット中継で佐藤市長と各議員のやり取りをご覧頂きたいと思います。
<一般質問順序>
2月27日(火)

1.小野  仁     議員  10:00〜
2.田中 英子   議員  11:00〜
3.松田 孝男   議員  13:00〜
4.須貝 太郎 議員  14:00〜
2月28日(水)
1.斎藤 武弘   議員  10:00〜
2.佐藤亜希子 議員    11:00〜
3.伊藤美代子 議員  13:00〜
4.佐藤 秀明   議員  14:00〜

なお、各議員の発言通告内容は下記の部分をクリックしてご確認ください。

http://www.city.yamagata-yamagata.lg.jp/gikai/kaiginittei/file/

201803gatsuteireikaiippanshitsumonsyaoyobihatsugenyoushi.pdf

| 議会報告 | 23:45 |
運動部活動の在り方に関する総合的なガイドライン!

 昨日の衆議院予算委員会で、公明党の浮島智子衆議院議員が教員の働き方改革や教職員定数の改善などを取り上げました。また、教員の負担軽減に向けた外部指導員の確保とともに、部活動の抜本的な見直しも必要と力説しました。

 現在、スポーツ庁では、「運動部活動の在り方に関する総合的なガイドライン」を策定するために、検討会議を開始しています。1月16日に開催された6回目の会議では、ガイドラインの骨子が示され、委員間で議論されました。冒頭の挨拶で、鈴木大地スポーツ庁長官は「教員の負担軽減を前提とした上で、生徒がいかにいい形で部活動ができるか、これからの部活動の在り方をどうするのかを考えていきたい」と強調しました。
運動部活動改革プラン
 この日示された骨子案では、1.適切な運営のための体制整備、2.合理的でかつ効率的・効果的な活動の推進のための取り組み、3.適切な休養日等の設定、4.生徒のニーズを踏まえたスポーツ環境の整備、5.学校単位で参加する大会などの見直し――の5つの内容が示されました。
 部活の休養日の基準も示され、平日・土日共に、少なくとも1日以上を休養に充て、週当たり2日以上の休養日を確保する。長期休業中では、ある程度長期の休養期間(オフシーズン)を設けるなどとしました。
 また、日本中学校体育連盟(日本中体連)が主導し、合同チームの出場や教員以外の大会運営への参画など、弾力化を進めるとしています。都道府県の中体連などは、生徒や顧問の過度な負担とならないよう、大会などの統廃合を主催者に要請し、各学校の運動部が参加する大会数の上限の目安を定める――などとしました。このガイドラインは、中学校の運動部活動を対象としますが、高校段階の運動部活動も「準用」されるという位置付けとなります。2月下旬に開催される次回会議で、ガイドライン案が示されます。そして、ガイドラインは今年度中をめどに、まとめられる見通しです。
サッカーのイメージ

 山形市は長時間勤務が深刻な教員の負担軽減策として、30年度から小中学校の業務を補助する外部人材を導入する方針を固めました。大会への引率が可能な「部活動指導員」と、校内事務作業を補助する「スクールサポートスタッフ」を配置し、2019年度以降、段階的に人数を増やすなどし支援体制の充実を図ることとしています。
 2月7日、市役所で開かれた山形市総合教育会議(座長・佐藤孝弘市長)で明らかにしました。市学校教育課によると、部活動指導員は技術的な指導に加え、教員に代わり大会への引率も可能となります。1日2時間、週3日の勤務を想定し年間上限を210時間に設定しています。国と県、市が事業費を3分の1ずつ負担することになります。スクールサポートスタッフは教職員に代わり、授業の合間や放課後に配布物の印刷や仕分けなどの業務を行います。19学級以上の小中計10校に1人ずつ配置する計画で、国と県の補助で事業費を賄うこととしています。
 委員からは「課題となるのは人材確保。部活動に現役世代の外部人材を入れるには企業などへの働き掛けも必要ではないか」「子どもにより多くの人手を掛けることができ、人間力向上にもつながる」といった意見が出されました。
 市は他に、地域に開かれ、支えられる学校の実現を目指す「コミュニティ・スクール」を、30年度からモデル校を指定し試験導入する方針も示しました。 2月8日山形新聞を引用

| おりはら日記 | 09:00 |
たくさんのプーさんはどうするの?

羽生結弦選手とクマのプーさん

羽生結弦選手、プーさんの行方は?「森に帰るよ」とジョーク
 平昌五輪のフィギュアスケート男子で66年ぶりの連覇を成し遂げた羽生結弦選手は、平昌のジャパンハウスで会見しました。
 海外メディアから「(ファンから送られる)たくさんのプーさんはどうするの?」と聞かれ「ゴー・バック・トゥ・フォレスト(森に帰るよ)」と、メルヘン溢れるジョークで切り返し、笑いを誘いました。
 今回の五輪でも羽生選手の演技後にはたくさんのくまのプーさんのぬいぐるみや花束が贈られました。余計な心配ですが、ファンから送られたこれらのものはどうなるのでしょうか。羽入選手は「全部持って帰りたいけど、それはできないから、連盟の方々や色んな人に頼んで、色んなところに送ってもらっている。思い出だけ持って帰らせてもらってます」と、笑顔で語っています。ファンから贈られたプーさんは、地元の児童施設などに寄付されています。これも素晴らしい利活用方法ですね。

| おりはら日記 | 05:30 |
本沢地区にできたJAとファミマの一体型店舗 見に行ってきました!

 本沢地区にできたJAとファミマの一体型店舗を見に行ってきました。JA全農山形などJAグループ山形は、農村地域の拠点機能の維持や買い物弱者支援に乗りだすことにしており、コンビニ大手・ファミリーマートと全農の直販施設の一体型店舗を本沢地区に今月の17日にオープンさせました。

 同店では、24時間営業でコンビニで扱う商品の他、旬の農作物、農作業用品などを販売します。

 イートインというスペースを設け、飲食と地域の人が集える場所も提供されていました。全農系列の同様の店舗は全国15店目で、山形県では初めてとなります。名称は「ファミリーマート・全農ふれあい広場もとさわ店」で、山形市長谷堂のJAやまがた本沢支店の跡地を活用し、2月17日から営業を開始しています。

 

 売り場面積約205平方メートルのコンビニ内で地元産を含めた旬の農産物、山形牛や庄内豚の精肉、全農やエーコープの商品を販売することになります。なお、写真撮影及び掲載については責任者の方から許可を頂いております。 

| おりはら日記 | 11:00 |
旅籠町にぎわい拠点「gura(ぐら)」


 山形市旅篭町2丁目の旧木村邸の土蔵を活用した旅篭町にぎわい拠点「gura(ぐら)」の本体工事が完了し、竣工(しゅんこう)祭が昨年の12月24日に現地で行われましたが、たまたま近くまで行ったので観てきました。

 丁度、樹木等が運び込まれていて外構工事を行っている所でした。

 ぐらには、イタリアンレストラン、クラフトショップなどが整備され、3月17日にグランドオープンすることになっています。

 この写真は裏から見たところですが、guraは土蔵を中心に、現在は採掘されていない中川石を用いた石蔵が両脇に新設され、歴史とともに現代風の洗練された雰囲気を醸し出しています。石蔵は地元食材を生かした料理を提供するイタリアンレストランと、山形の文化や芸術を発信するための貸しホールとして使用されます。レストランは昼と夜の営業のほか、テークアウトメニューも用意することになっています。また、土蔵はクラフトショップとして再活用します。広場は公園として開放し、貸し出してイベントなどにも利用できるようにします。また、広場の一角には、木村家が明治時代に建てたとされるほこらを移築されていました。
 経営は山形建設(山形市)と山形パナソニック(同)が出資して設立した旅篭町開発(後藤寛典社長)が担うことになっています。

| おりはら日記 | 17:30 |
公明党山形県本部を代表して挨拶!

 2018山辺町 えんどう利明と新春を祝う会に出席させていただき、公明党山形県本部を代表して挨拶をさせて頂きました。山辺町の比例区(公明党)獲得票は1104票で、前回の選挙より257票増させて頂きました。えんどう利明代議士の後援会の皆様に心から御礼を申し上げますとともに、遠藤代議士の益々のご活躍をご祈念させて頂きました。

 昨日は、平昌オリンピックの男子フィギアスケートで羽生結弦選手が金メダル、宇野昌磨選手が銀メダルを獲得しましたが、本日は女子スピードスケート500mで小平奈緒選手が五輪新記録で金メダルを獲得しました。これで、金2個、銀5個、銅3個で、長野五輪で獲得したメダル数と一緒になりました。今後の種目での日本選手のメダル獲得を期待したいと思います。

| おりはら日記 | 23:55 |
おりはら政信公式サイトへ
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
+ プロフィール
  • 昭和29年11月24日生まれ
  • 山形商業高校卒業
  • 専修大学Ⅱ部商学部4年中退
  • 東京都世田谷区役所・山形市役所
【現在】
  • 市議会議員(4期目)
  • 環境建設委員会委員
  • 議会運営委員会委員
  • 議会史編さん委員会委員
  • 公明党山形県本部副代表
+ 最近記事
+ カテゴリー別アーカイブ
+ アーカイブ
+ 携帯
qrcode
携帯からも閲覧できます。
このページの先頭へ